[テイスティング]2015.10.19

京都醸造「与謝野の挑戦」テイスティングレポート

与謝野の挑戦京都府与謝野町京都醸造株式会社結喜菜

今年度から町のプロジェクトとしてホップ栽培を始めた京都府与謝野町収穫されたホップを、京都醸造株式会社が使用して造ったビール「与謝野の挑戦」の販売が開始されたことは、2015.10.18付けで紹介したが、早速、神楽坂の「結喜菜」「クラフトビアマーケット神保町テラス店」でテイスティングをおこなった。

12115570_918340958251807_8388505834069030964_n

ホップの香りはファーストアタックではなく、口に含んで鼻に抜けるフレーバー、そして飲み終わったあとの余韻に程よく表れてくる。苦味は印象的だが尖りがなく上品である。鮮烈すぎるホップアロマや過剰なまでの苦みに辟易しているビールマニアには大歓迎のビールと言っていい。
ベルジャン酵母が醸し出す香りが頃合いで心地よく、バランスが良いのも特徴だ。スムーズだがウォータリーではなく、満足感がある。
京都産ポップを使い京都で醸造されたビールならではの、雅なビールだ。

鶏肉、白身魚、マリネされたオリーブ、ピンクペッパー、ハーブ、エシャロット、セロリ、玉子料理、ピクルス、イタリアンドレッシング、マヨネーズ、ビネガー、シェーブルやカマンベールチーズなどとの相性は言わずもがなだが、ダシの効いた関西風の和食にもドンピシャとハマルに違いない。

ペアリング例
12144817_918340971585139_8008691115323530826_n
神楽坂「結喜菜」の鶏ハムと

12108303_918340991585137_7915428149977446104_n
神楽坂「結喜菜」のキノコのキッシュと

12118625_917208565031713_7100998785071146475_n
神田錦町テラススクエア「クラフトビアマーケット神保町テラス店」のブリのカルパッチョと

日本ビアジャーナリスト協会 フェイスブック
http://www.facebook.com/JBJA.jp
上のURLをポチッとして、開いたJBJAページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。
よろしくお願いします!!

本格派ビール雑誌「ビール王国」発売中。

Fujisan.co.jp「ビール王国」 

楽天ブックス「ビール王国」 

アマゾン「ビール王国」 

ステレオサウンド

取材風景やこぼれ話はフェイスブックでもご覧になれます。
https://www.facebook.com/beerkingdom.jp?fref=ts

「藤原ヒロユキのBEER HAND BOOK」をはじめ藤原ヒロユキのビール関連書籍は「アマゾン:藤原ヒロユキ著書」でお買い求めいただけます。

※お店のメニューや営業時間、イベントの内容などの掲載情報については、予告なしに変更されることがありますので、念のためお店やイベント・サイトなどをご確認の上ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

*告知は、本サイト以外でも行われている場合がありますので、すでに満席や売切れの場合もあります。御了承下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている店舗のメニューや営業時間、イベント内容などの情報は予告なしに変更される場合があります。店舗のホームページやイベントの告知ページなどをご確認の上、ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

日本ビアジャーナリスト協会 公式facebookページ

公式facebookページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。よろしくお願いします!

001藤原 ヒロユキ

この記事を書いたひと

藤原 ヒロユキ

ビール評論家・イラストレーター

ビアジャーナリスト・ビール評論家・イラストレーター

1958年、大阪生まれ。大阪教育大学卒業後、中学教員を経てフリーのイラストレーターに。ビールを中心とした食文化に造詣が深く、日本ビアジャーナリスト協会代表として各種メディアで活躍中。ビールに関する各種資格を取得、国際ビアジャッジとしてワールドビアカップ、グレートアメリカンビアフェスティバル、チェコ・ターボルビアフェスなどの審査員も務める。日本外国特派員協会会員。ビアジャーナリストアカデミー学長。著書「知識ゼロからのビール入門」(幻冬舎刊)は台湾でも翻訳・出版されたベストセラー。近著「BEER HAND BOOK」(ステレオサウンド刊)、「ビールはゆっくり飲みなさい」(日経出版社)が大好評発売中。

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちらよりお問い合わせください。