[ビアバー]2016.4.26

ビア女の酒場放浪記(24)台湾のHo’dala (ホダラ)でクラフトビールを

台湾

ビール界隈には、底なし妖怪、笑い上戸妖怪、終電の逃し妖怪、など様々な妖が闊歩しておりますが、
私は友人らから「長距離移動妖怪」と呼ばれています。
いつの間にか遠くまで飲みに行っていることが多々あります。

と言うわけで気が付けば、台湾でビールを飲んでいまいた。

Ho’dala (ホダラ)精釀啤酒吧 -永康店

HODALA
店名は「飲み干そう」と言う意味。日本の乾杯にも通じますね。
でも台湾では日本のような「乾杯」はやらないんですって。

場所は台湾のお洒落スポット永康街。東門駅から徒歩5分程です。

店頭はこんな感じ。
IMG_6085
テラス席もあって外飲みもできちゃいます。
フードはないので持ち込みOK!

ビールはゲストビールも含めて16種類。
醸造所は新北市にあり、そこで造られる新鮮なビールが楽しめます。
いわばここはタップルームです。

IMG_5229
1杯220元(約750円)から。
ビアフライト(試飲セット)は150mlが4つ選べて500元(約1700円)
屋台では豆花(豆腐のデザート)35元、線麺が50元で食べられると考えると、ちょっと高級品かも。
にもかかわらず、休日の夜には若者や欧米人で満席になるほどの賑わいでした。

IMG_5239
ビールの冷蔵庫は2階部分で、パイプを通って1階のサーバーに運ばれます。

IMG_5240
お水はここから。自分で注いで頂きます。

IMG_5236
メデューサ アマリロIPAをチョイス。
ジューシーな柑橘系の香りと苦味にうっとり。本気でおいしいです。

台湾のレストランでビールを注文すると、薄くてぬるいものが出てきますが、
クラフトビールも確実にキテいます。
実力派の台湾ビール。是非台湾旅行の際にはお試しください。

長距離移動ビア妖怪お勧めのビアバーですよ。

Ho’dala のある永康街にはおいしい誘惑がいっぱい。
IMG_6086
日本でも有名な鼎泰豊(ディンタイフォン)の本店でハフハフしながら小籠包を食べたり

IMG_5217
マンゴーかき氷のボリュームに驚いたり。
台湾を満喫しちゃいましょ。

Ho’dala 精釀啤酒吧 -永康店
住所:台北永康街4巷10號
営業時間:月~木 13:00~24:00
金~土 13:00~25:00
日13:00~24:00
定休日:不定休
フェイスブックはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている店舗のメニューや営業時間、イベント内容などの情報は予告なしに変更される場合があります。店舗のホームページやイベントの告知ページなどをご確認の上、ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

日本ビアジャーナリスト協会 公式facebookページ

公式facebookページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。よろしくお願いします!

01001コウゴアヤコ

この記事を書いたひと

コウゴ アヤコ

ビアジャーナリスト

1978年東京生まれ。杏林大学保健学部卒業。
ビール好きが高じて2008年から1年半、ミュンヘンで暮らす。旅とビールを組み合わせた「旅ール(タビール)」をライフワークに世界各国の醸造所や酒場を旅する。ビアジャーナリストとして雑誌『ビール王国』、海外生活情報誌『ドイツニュースダイジェスト』など様々なメディアで執筆。『ビールの図鑑』『クラフトビールの図鑑』(マイナビ)、『極上のビールが飲める120店』(エンターブレイン)など。

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちらよりお問い合わせください。