[ビアバー]2016.4.29

ビア女の酒場放浪記(25)台湾のイケメンビアバー 啜飲室(チュオィンシー)

台湾

台湾にはまっている私です。
首都台北に住む友人に勧められたビアバー。
女子の中では密かに「イケメン ビアバー」と呼ばれているんですよ。

啜飲室(チュオィンシー)

IMG_5403
ガラス張りの外観。
看板は見当たらなかったけど楽し気にビールを楽しむ人たちと、ずらりと並ぶタップが目に入ってすぐにこのお店だってわかります。

店内は暗めの照明で無機質な家具が都会的な雰囲気です。
お客さんは、お洒落な台湾の若者や欧米人が中心。
本当に見め麗しいイケメン、イケ女ばかり!
気おくれせずに、中に進みましょう。

手前はスタンディング席で、奥に大きな木のテーブルと椅子が並んでいます。

IMG_5396
カウンターの内側にはタップがずらり。
ビールはアメリカのクラフトビールを中心に20種類の樽生が頂けます。

ビールは200元(約700円)から。
屋台では50元あればランチが食べられますからお安くはないです。
でも行く価値あり!

IMG_5386
ボトルビール以外はお願いすれば無料で試飲させてくれます。
他の店でも試飲できたので、これって台湾ならではのシステムなのかも。

IMG_5384
向かいに座った台湾美男子が、日本のクラフトビール「インドの青鬼」の缶を注文していたので
嬉しくなって写真を撮らせてもらっちゃいました。
日本のクラフトビールは初めてということでしたが、爽やかなシトラスの香りと苦味を気に入ってくれました。やったね♪

IMG_5389
台湾のイケメンと友達になれる上に、
お洒落な雰囲気の中アメリカのクラフトビールが楽しめて大満足の夜でした。

台湾で人気のクラフトビールシーンを楽しむならココです。

啜飲室(チュオィンシー)
住所/台北市大安區復興南路一段107巷5弄14號
(忠孝復興駅から徒歩10分)
営業時間/月~木曜日 17:00~23:30
金~土曜日 17:00~24:30
日曜日 17:00~23:30
http://www.taihubrewing.com
フェイスブックページはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている店舗のメニューや営業時間、イベント内容などの情報は予告なしに変更される場合があります。店舗のホームページやイベントの告知ページなどをご確認の上、ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

日本ビアジャーナリスト協会 公式facebookページ

公式facebookページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。よろしくお願いします!

01001コウゴアヤコ

この記事を書いたひと

コウゴ アヤコ

ビアジャーナリスト

1978年東京生まれ。杏林大学保健学部卒業。
ビール好きが高じて2008年から1年半、ミュンヘンで暮らす。旅とビールを組み合わせた「旅ール(タビール)」をライフワークに世界各国の醸造所や酒場を旅する。ビアジャーナリストとして雑誌『ビール王国』、海外生活情報誌『ドイツニュースダイジェスト』など様々なメディアで執筆。『ビールの図鑑』『クラフトビールの図鑑』(マイナビ)、『極上のビールが飲める120店』(エンターブレイン)など。

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちらよりお問い合わせください。