[ビアバー]2016.3.5

ビア女の酒場放浪記(21)吉祥寺の「Beer Bar Bicke」で大人時間

吉祥寺

吉祥寺をこよなく愛する私です。

駅からすぐの場所にある井の頭公園は、大きな池の周りにベンチや雑木林、動物園まである都会のオアシス。
裏道に入れば服やインテリアショップ、カフェなど、個人経営の小さくてハイセンスなショップが並んでいます。
主義主張はしっかりしているのに、誰でも受け入れてくれる包容力がある、それが吉祥寺です。

Beer Bar Bicke(ビアバー ビッケ)

そんな街を代表するビアバーです。

店内は、テーブルとテーブルの間が広くとられていて、ゆったりとした雰囲気。
学生さんも多い街なのにガヤガヤしていません。
声を張らずに会話が楽しめる大人の空間です。

P1250169

タップ数は10種類、ボトルは70種類以上の品ぞろえ。
奇をてらわない本当においしいビールがラインナップ。
と言いつつ、アッと驚くレアビールが入っていたりもします。

料理はイタリアンが中心。
ピザやラタトゥイユ、黒板に書かれる旬の食材を使った限定メニューがお気に入り。

IMG_5001

ビールの他にカクテルやワインの品揃えもいいので、
あまりビールが飲めない人や、これからビールを勉強したいという人を連れて行っても、喜んでもらえます。

先日も会社の人の誕生日会をやってしまいました。
IMG_5006
料理5品とクラフトビール飲み放題で6,000円ナリ。うっしし

何よりビールを美味しくするのは、マスターの原田さんのトーク。
都内のクラフトビールメーカーにお勤めだったこともあり、知識も話題も豊富です。
いろいろな背景を知らずに飲むよりも、知って飲むほうが美味しく感じちゃうのは私だけではないはず。

カウンター席は会話をつまみに、ついついビールが進んでしまいます。

色んな話にワクワクしすぎて、飲みすぎてしまいました。

楽しい会話の余韻に浸りながら井の頭公園を散歩してウチに帰ろう。
途中のコンビニで一本だけビール買っちゃうのもいいな。

吉祥寺のビアライフを満喫している私です。

Beer Bar Bicke
住所:東京都武蔵野市吉祥寺本町2-13-7グランデールビル3F
営業時間:
平日 17:00~24:00
土  15:00~24:00
日祝 15:00~23:00
定休日:水曜日
http://www.beerbarbicke.com/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている店舗のメニューや営業時間、イベント内容などの情報は予告なしに変更される場合があります。店舗のホームページやイベントの告知ページなどをご確認の上、ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

日本ビアジャーナリスト協会 公式facebookページ

公式facebookページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。よろしくお願いします!

01001コウゴアヤコ

この記事を書いたひと

コウゴ アヤコ

ビアジャーナリスト

1978年東京生まれ。杏林大学保健学部卒業。
ビール好きが高じて2008年から1年半、ミュンヘンで暮らす。旅とビールを組み合わせた「旅ール(タビール)」をライフワークに世界各国の醸造所や酒場を旅する。ビアジャーナリストとして雑誌『ビール王国』、海外生活情報誌『ドイツニュースダイジェスト』など様々なメディアで執筆。『ビールの図鑑』『クラフトビールの図鑑』(マイナビ)、『極上のビールが飲める120店』(エンターブレイン)など。

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちらよりお問い合わせください。