[ビアバー]2015.8.5

ビア女の酒場放浪記(6)Beer Bar NORTH ISLAND(ビアバーノースアイランド)

ススキノノースアイランドビア女二条市場北海道

飲むこと食べること楽しいこと大好きなビア女が
あっちこっち飲み歩いて気に入ったお店を勝手にレポートしています。

Beer Bar NORTH ISLAND(ビアバーノースアイランド)

北海道の新鮮な魚介類が集まる二条市場。
その界隈にある雑居ビルの2階にそのバーはありました。
P1240172

細い廊下と細い階段を上がり、小さな扉を上げるとそこはノースアイランドの世界。
シンプルなカウンターと立ち飲み席、小さなベランダ。
急な階段を上がった先にはソファー席は、ちょっと狭くて屋根裏部屋のような雰囲気。
ログハウスのような木の温かみがあります。
P1240166

Beer Bar NORTH ISLAND(ビアバーノースアイランド)
札幌の隣町、江別市で造られるクラフトビール「ノースアイランドビール」の直営店です。
カナダで修業を積んだ醸造家2人によって造られています。

修行中の2人に恩師が伝えた言葉が、「Beer is Art」。
そのメッセージを胸に造られたノースアイランドビールの味は、多種多様かつ美しい芸術作品です。
そのビールが味わえるのがこちらのビアバー。
ビールのロゴは雪の結晶をイメージした図案でこれまた素敵。

ビアバーでは、ノースライランドビール6種類に、期間限定ビールやゲストビールを加え、8種類のクラフトビールが毎日樽替わりで楽しめます。

IMG_2108
左の「ヴァイツェン」は江別市産小麦のハルユタカを使用。フルーティーな甘味と酸味が絶妙なバランス。
右は「ピルスナー」。しっかりとした麦芽の味わいの後から清々しいホップの清涼感がやってきて、クリーンでスムースな印象。

写真はないのですが、私のお気に入りは「コリアンダーブラック」
ロースト麦芽の芳醇なモルト感にコリアンダーの爽やかさが加わり、奥深い味わいです。

お店の方は、聞けば嬉しそうにビールの説明をしてくれ、とてもフレンドリー。
ふわ~んと居心地が良いビアバー。ついつい長居してしまいました。

Beer Bar NORTH ISLAND(ビアバーノースアイランド)
住所/札幌市中央区南2条東1丁目1-6 M’s二条横丁 2F
営業時間/18:00~24:00
定休日/月曜日
アクセス/市営地下大通駅、バスセンター前駅から徒歩8分。すすきの駅から徒歩10分ほど
Web/http://www.2002cb.co.jp/bar-acc.html

(2015年1月7月訪問)
☆内容は変更になっていることがあります。
ホームページ等でご確認の上、お出かけくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている店舗のメニューや営業時間、イベント内容などの情報は予告なしに変更される場合があります。店舗のホームページやイベントの告知ページなどをご確認の上、ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

日本ビアジャーナリスト協会 公式facebookページ

公式facebookページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。よろしくお願いします!

01001コウゴアヤコ

この記事を書いたひと

コウゴ アヤコ

ビアジャーナリスト

1978年東京生まれ。杏林大学保健学部卒業。
ビール好きが高じて2008年から1年半、ミュンヘンで暮らす。旅とビールを組み合わせた「旅ール(タビール)」をライフワークに世界各国の醸造所や酒場を旅する。ビアジャーナリストとして雑誌『ビール王国』、海外生活情報誌『ドイツニュースダイジェスト』など様々なメディアで執筆。『ビールの図鑑』『クラフトビールの図鑑』(マイナビ)、『極上のビールが飲める120店』(エンターブレイン)など。

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちらよりお問い合わせください。