[ビアバー,ブルワー,新商品情報]2018.1.19

ビア女の酒場放浪記(46)世界遺産の屋久島で捕まえろ!「Catch the Beer」

Catch the Beerビア女の酒場放浪記屋久島

屋久島は鹿児島県本土から南南西へ約60kmの太平洋に浮かぶ周囲132kmの島。
鹿児島空港から飛行機で約35分、鹿児島市内から高速船で約2時間の場所にある。

千尋(せんぴろ)の滝。花崗岩の一枚岩を水がドウドウと流れ落ちるダイナミックな眺め

島のほぼ全域が山地で、九州最高峰1,936mの宮之浦岳を始めとする山々がそびえる。
雄大な山岳や苔むした原生林は大変美しく、島は1993年にユネスコの世界自然遺産にも登録されている。

そんな屋久島に2017年7月、クラフトビール醸造所「Catch the Beer」が誕生した。

生まれてくる子供のために移住を決意

屋久島でビールを造るのは江川竜彦(えがわたつひこ)さん。
自然に寄り添う暮らしを求め、屋久島に移住してくる人は多い。
江川さんもそのひとりだ。
2011年の東日本大震災の年に、子供ができたことを機に千葉から屋久島に移住してきた。
子供がのびのびと育つことができる環境、特に食の安全を考えた末の決断だった。

屋久島では観光センターの飲食店や建築現場などで仕事をしていた。
しかし頭にあったのは、東京で好きだった“ビール”を事業にすることだった。

「Catch the Beer」 江川竜彦さん

「地元の人たちと話をするうちに、“屋久島には地元のビールがない、水も空気も綺麗で果実も豊富に採れるのにもったいない”という話になったんです」
と江川さん。
それならば自分たちで醸造所を造ろうとチャレンジが始まった。

醸造所とは思えないウッディな一軒家。小さな入口の看板が目印だ

まず当時勤めていた会社の有給休暇を取り、関東の小規模醸造所で修業をした。
理想の醸造所のイメージ像ができると、空港近くの小瀬田にある民家のリフォームに自らの手で取り掛かった。
建築の現場を経験していたことが大いに生かされたという。
ギリギリで設備の調節が必要になるなど、試行錯誤を繰り返しながらも、2017年に7月5日に免許を取得。同年10月15日にプレオープンにこぎつけた。

月に6~7回程度、小さなタップルームの隣にある醸造所で仕込みをする。

タップルームに横にある小さな醸造所。1回の仕込み量は100L程

屋久島でしか造れない生きたビールを

ビールは定番が5種類と、個性的なビールがシーズナルで登場する。
副原料には、屋久島の特産品であるタンカンや枇杷、パンションフルーツ、自家栽培のコリアンダーシードなどを使用。無農薬のものを厳選して使用している。

タンカンを酵母・スタイル違いで仕込んだり、枇杷の種を漬け込んだビールの熟成期間を変えて提供したりと、ビール好きの心をくすぐるマニアックなビールも。

タップルームでは5種類のドラフトビールとボトルビールを飲むことができる。
島のホテルや飲食店、土産物店にもボトルビールを卸しており、ほとんどが島内で消費されてしまうため、島外では入手困難だ。

ラベルのデザインは島在住のアメリカ人デザイナー、エリック・ヴィヴィアンさんによるもの

特に注目したいのが「YAKUSHIMA CEDAR(ヤクシマ シダー)」だ。
副原料に屋久島の杉を使用したベルジャンアンバーエールだ。
精油を抽出した後の屋久島産の杉のチップをワールプール時にビールに付け込んでいる。
屋久島で育つ杉は樹脂分が多く、抗菌性耐久性が高く長寿であることが特徴だ。
杉の桝で飲んだ時のようなふんわりとした杉の気品ある香りと、アロマホップに使用したチャレンジャーのフラワリーな香り。
じんわりと押し寄せてくるホップの苦みが心地よい。

ボトルは無濾過だ。瓶内で二次発酵が進み発泡がまろやかで舌にやさしい。

樹齢4000年以上と考えられている縄文杉。屋久島の標高500mを超える山地に自生しているスギは屋久杉と呼ばれる

Catch the Beerでは屋久島の特色を生かしたビールを造っていきたいと考えています。
季節ごとの果実やスパイス、山から湧き出る清冽な水はもちろんですが、酵母にも注目しています。
例えば森で採取された“屋久島千寿天然酵母”を使い、ランビックのようなビールが造れないか模索しているところです」と江川さん。

悠久の自然とうまいビールで、パワーを充電

醸造所の庭に腰かけ、出来立てのビールをいただいた。
うっすらと霧がかかった屋久島の森を遠目に眺めながら、ゆったり島のビールを味わっていると、すべての感覚が研ぎ澄まされるような気になる。
肌に触れる湿度を含んだ風、木々のざわめき、落ち葉の香りの狭間に感じる麦汁の甘い香り、そしておいしいビール。
すべてが心地よい。

ウィルソン株。中は10畳ほどの空洞になっている

昔からの島人も移住者も観光客も、醸造所の庭に集まりビールを話のネタに、交流する未来が見えた気がする。

江川さんに話を向けた。
「そうですね。いつかビールを中心に輪が広がり人をつなぐ場所になればいいと思います。
オープンしたての今は安定してビールを造ること、何より僕自身の家族を大切にすることを一番に考えています。子供がまだ小さいので」
と穏やかな笑み。
あせらずじっくりと。人生に必要なものを知っている、島人らしい答えが返ってきた。

とはいえ頂いたビールたちは、オープンしたてとは思えないほど完成度が高い。
個性的なラインナップに好奇心も刺激され、1杯で帰るつもりが杯を重ね、ボトルとグラウラーのお土産まで購入してしまった。

是非、屋久島を旅してその空気ごと捕まえて頂きたいビール、Catch the Beerだ。

ウィルソン株の洞の中から空を見上げるとハートの形に

Catch the Beer
住所:鹿児島県熊毛郡屋久島町小瀬田9-5
営業時間:月~土曜日 13:00~18:00
定休日 :日曜日
*臨時のお休みがありますのでFacebookやHPにてご確認ください
WEB:  http://www.catchthebeer.com/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている店舗のメニューや営業時間、イベント内容などの情報は予告なしに変更される場合があります。店舗のホームページやイベントの告知ページなどをご確認の上、ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

日本ビアジャーナリスト協会 公式facebookページ

公式facebookページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。よろしくお願いします!

01001コウゴアヤコ

この記事を書いたひと

コウゴ アヤコ

ビアジャーナリスト

1978年東京生まれ。杏林大学保健学部卒業。
ビール好きが高じて2008年から1年半、ミュンヘンで暮らす。旅とビールを組み合わせた「旅ール(タビール)」をライフワークに世界各国の醸造所や酒場を旅する。ビアジャーナリストとして雑誌『ビール王国』、海外生活情報誌『ドイツニュースダイジェスト』など様々なメディアで執筆。『ビールの図鑑』『クラフトビールの図鑑』(マイナビ)、『極上のビールが飲める120店』(エンターブレイン)など。

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちらよりお問い合わせください。