[イベント]2016.8.11

飲みニケーションの逆襲がはじまる!「ウイスキー&ビアキャンプ長和町2016」まもなく開催

イベント藤原ヒロユキ

こんなことを聞けば「それ、いつの時代の言葉だっけか」と一笑にふされてしまうかも知れないが、あなたが最近「飲みニュケーション」をしたのはいつのことだっただろうか。「面倒くさい」「わずらわしい」と言われ、すっかりなりを潜めてしまった感のある「飲みニケーション」だが、誰かと一緒にお酒を飲むのって、実は楽しくて幸せなことだ。

「NOMINIcation STRIKES BACK〜飲みニケーションの逆襲〜」

day2-87
素材提供:長和町観光協会

長野県小県郡長和町で8月27日・28日の2日間にわたって行われる、「ウイスキー&ビアキャンプ長和町」。「飲みニケーションの逆襲」というキャッチコピーには、仲間で家族でカップルで、イベントに訪れる人たちみんなが野外で楽しくお酒を飲んで、その距離を縮めて欲しいという願いが込められている。

day2-114
素材提供:長和町観光協会

2011年に「アウトドア・ウイスキーフェスティバルin 長和町」として産声をあげたこのイベントは、2014年にクラフトビールを迎えて「ウイスキー&ビアキャンプ長和町」へと変貌を遂げた。アウトドアでクラフトビールとウイスキーが同時に楽しめる世界的にも稀有なイベントは、今年で6回目を迎える。

長野県のブルワリーが集合 地場産グルメやウイスキーとのペアリングを堪能しよう

day2-32
素材提供:長和町観光協会

今年の「ウイスキー&ビアキャンプ長和町」には、長野県内の5つのブルワリーが登場。ともに今年20周年を迎えたオラホビールと南信州ビール。安定の人気を誇る志賀高原ビール。湯けむり煙る雪深い里 野沢温泉村からは、新進気鋭ブルワリーのAJB Co.(里武士)。そして「ウイスキー&ビアキャンプ長和町」初登場となる白樺リゾート池の平ホテル&リゾーツの白樺・蓼科地ビールだ。

IMGP5712

長野県外からの来場者も多いこのイベント、「今年は『長野旅』をより満喫していただけるよう、長野のクラフトビールと食に一層こだわった」(実行委員)という。長野といえばジビエ肉に高原野菜。加えて、長和町には自家製生ハムやスモークチーズ、蕎麦に漬物、川魚などの地場産グルメが豊富だ。また、昨年からスタートしたアウトドアメーカーLOGOSとのコラボによるBBQエリアも拡大。クラフトビールとのペアリングが、今から本当に待ち遠しい。

IMGP5749

そして、このイベントのもう1つの魅力であるウイスキーもぜひ楽しんで欲しい。原料や製造工程に共通点の多い両者を飲み比べ、モルトが持つ別の表情を知ることで、ビールがもっと楽しくなるはずだ。

FK0L0226
素材提供:長和町観光協会

青空の下、クラフトビールやウイスキーを片手に美味を食し、心地よい音楽に身を任せる。夏休み最後の週末はぜひ”誰か”と「ウイスキー&ビアキャンプ長和町」に連れ立って、敢えて飲みニケーションの逆襲に見舞われようではないか。

【イベント概要】

日時 2016年8月27日(土)11:00〜19:00/28日(日)10:00〜17:00
場所 ブランシュたかやまスキーリゾート
料金 (前売)1日券@2,000円、2日通し券@3,000円/(当日)1日券のみ@3,000円
主催 ウイスキー&ビアキャンプ実行委員会
共催 ウイスキー文化研究所、長和町
公式HP http://wbc.nagawa.info/
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている店舗のメニューや営業時間、イベント内容などの情報は予告なしに変更される場合があります。店舗のホームページやイベントの告知ページなどをご確認の上、ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

日本ビアジャーナリスト協会 公式facebookページ

公式facebookページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。よろしくお願いします!

宮原とも子

この記事を書いたひと

宮原とも子

ビアジャーナリスト/ビアライター

1979年、愛知県の自然豊かな山あいの里に生まれる。大学進学をきっかけに京都で十数年を過ごしたのち、UKロックとウイスキー好きが高じてイギリスへ。1年間の遊学中にイングリッシュ・エールとパブ文化の虜となる。帰国後、出産を機にフリーライターとなり、お酒、旅行、ビジネスコンテンツなどをウェブメディア等で執筆中。ビールを介して出会う人、場所、物語を通じて、「ビールは楽しい」を伝えていけたらと思っています。

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちらよりお問い合わせください。