[コラム]2017.1.16

あのアウトドア用品ブランドのビール「ロング・ルート・エール」―ビアレポート(126)

元山男の私です。

というのはちょっと言い過ぎかもしれませんが、数年前までは日帰り登山が趣味でした。日帰りなので、遠くても谷川岳くらい。奥多摩や秩父の山にも行きましたが、最も通ったのは丹沢の表尾根です。下山した後は鶴巻温泉で日帰り入浴し、ビールを飲んで帰ったものです。

という私なので、この缶のデザインを見て、「おっ!」と思いました。コレです。

同じように「おっ!」と思う方も多いかと思います。どこかで見たような…という方もいるのではないでしょうか。

はい、パタゴニアです。アウトドア用品を主に販売しているあのブランドです。今回ご紹介するのは、パタゴニアの「ロング・ルート・エール」。正確にはパタゴニアの食品事業である「パタゴニアプロビジョンズ」の製品です。

Long Root Ale

Long Root Ale

といっても、パタゴニアが醸造しているわけではなく、アメリカ・ポートランドのホップワークス・アーバン・ブルワリーが造っています。

このビールの特徴は、「カーンザ」という穀物を使用していること。缶にも、「MADE WITH KERNZA® PERENNIAL GRAIN」と書かれています。「PERENNIAL GRAIN」とは多年生の穀物ということですが、「KERNZA」の後ろに®マークが付いていますね。アメリカの登録商標ということです。

調べてみると、KERNZAとはintermediate wheatgrassのことで(と言われてもよくわからないのですが)、The Land Instituteという企業が商標登録しているもの。簡単に言うと多年生の小麦で、一年に複数回収穫できるそうです。

特徴としては、ロングルートの名前の通り長い根。3メートルくらいの長さになり、その土地の保水力を高めるなど、環境にもよい影響を与えるということで、アメリカで注目されている植物だとか。

で、飲んでみました。スタイルとしてはペールエールで、柑橘系のアロマがふわりと漂います。モルトのフレーバーはやや軽め。小麦を使っていても、ウィートエールな小麦感は少なく、オーソドックスなペールエールといった印象です。飲み込むと、ホップでもモルトでもない、かすかなスパイス感が。パタゴニアの製品を身につけて登山して、下山後に飲んでみたいですね。

と、そんな私ですが、パタゴニアの製品はひとつも持っていません。なかなか高いので、ほしいなと思っているだけだという…。

【BEER DATA】
ロング・ルート・エール
生産地:アメリカ
醸造所:ホップワークス・アーバン・ブルワリー
スタイル:アメリカンペールエール
アルコール度数:5.5%

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている店舗のメニューや営業時間、イベント内容などの情報は予告なしに変更される場合があります。店舗のホームページやイベントの告知ページなどをご確認の上、ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

日本ビアジャーナリスト協会 公式facebookページ

公式facebookページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。よろしくお願いします!

01004富江弘幸

この記事を書いたひと

富江 弘幸

ビアライター

1975年東京生まれ。法政大学社会学部社会学科卒業。卒業後は出版社・編集プロダクションでライター・編集者として雑誌・書籍の制作に携わる。その後、中国留学を経て、新聞社勤務。現在は日本ビアジャーナリスト協会ウェブサイトや『ビール王国』などで記事を執筆するほか、ビアジャーナリストアカデミーの講師も務める。
著書:BEER CALENDAR』(ワイン王国)
連載:あなたのしらない、おいしいビール』(cakes)
執筆:ビール王国』(ワイン王国)、『日本のクラフトビール図鑑』『ビールの図鑑』(マイナビ)、『東京人』(都市出版)など

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちらよりお問い合わせください。