[イベント,ビアバー]2017.3.5

「BeerBar 富士桜 Roppongi 」1 周年記念イベント3 月 6 日~3 月 11 日に開催!「Roppongi Draft2」を飲み逃すな!!

BeerBar 富士桜 RoppongiRoppongi Draft2富士桜高原麦酒

東京・六本木にある富士桜高原麦酒の直営店「BeerBar 富士桜 Roppongi」が、3月9日にオープン 1 周年を迎える。

富士桜高原麦酒は、山梨県側の富士山の裾野にあるビール醸造所。
富士山の伏流水「富士桜命水」を使用し、ドイツのビール純粋令に則って丁寧に造られるジャーマンスタイルのビールは、国内外のビアコンテストでメダルを多数獲得しており世界的にも評価が高い。
直営店では、富士桜高原麦酒が徹底した品質・温度管理のもと最高の状態で提供されている。

六本木店オープン1周年を記念し、3月6日(月)~3月11日(土)までの6日間、「オープン1周年記念イベント」が開催され、
富士桜高原麦酒 定番 4 種 M サイズが、サンキュ―価格の390円で提供される。

注目はオープン 1 周年記念・限定ビール「富士桜高原麦酒 Roppongi Draft2」だ。
昨年、六本木店オープンに合わせて醸造した「Roppongi Draft1」を ベースに、ドイツ・ハラタウ産の新種ホップ「アリアナ(Ariana)」を使用している。

このホップは昨年5月にドイツのバイエルン州立農業研究所付属ヒュールホップ研究所からリリースされた新種のホップで、西洋スグリや桃、カシス、かんきつ類をイメージさせる香りを持つ。

個性的なキャラクターは、これまでになかった香りのビールを造りたいと考えるドイツの醸造家に注目されている。
しかし生産量が少なくまだ入手が困難な希少なホップだ。

そのホップがふんだんに使われたヴァイツェンは、まだほとんどの人が体験したことのない香りと苦みであることは必須で、非常に期待が高い。

期間中は、この「Roppongi Draft2」に加え、富士桜高原麦酒の定番ビールや「さくらボック」、「インペリアルピルスナー」などの限定ビール、10 銘柄がローテーションで楽しめる。

また、ビールにピッタリのおつまみ 「砂肝のから揚げ」、「やげん軟骨から揚げ」も 390 円で提供される。
牛肉で富士山を模した「1 周年記念スペシャルメニュー・肉富士」は 1,390 円で登場する。

さらに、BeerBar 富士桜×シルバンズ合同企画として「飲もうぜ!“Roppongi Draft2”キャン ペーン!!」が同時開催される。
両店で「Roppongi Draft2」ご注文の方を対象に、ラベルに描かれた都内の建造物を当てるクイズの正解者の中から抽選で 39 名に「Roppongi Draft2」や「お食事券」がプレゼントされる。

3月6日と3月9日~11日は醸造長の宮下天通氏も六本木でサービング予定だ。
3月6日(月)~3月11日(土)までの6日間、「オープン1周年記念イベント」で希少な「Roppongi Draft2」や、富士桜高原麦酒をリーズナブルに楽しもう!

BeerBar 富士桜 Roppongi 1 周年記念イベント
期間:2017 年 3 月 6 日(月)~3 月 11 日(土)
◆39 サンキューサービスメニュー
ドリンク:富士桜高原麦酒 定番 4 種 M サイズ 700 円→390 円(サンキュー)
ソフトドリンク各種 390 円
フード:砂肝から揚げ、やげん軟骨から揚げ 680 円→390 円(サンキュー)
スペシャルメニュー「肉富士」1,390 円(1 周年サンキュー)
◆富士桜高原麦酒 10 タップ
定番ビール:ピルス・ヴァイツェン・ラオホ・シュヴァルツヴァイツェン
限定ビール:Roppongi Draft2、インペリアルピルスナー、さくらボック 2016、さくらボック 2017、ラオホボック 2015 、プレミアムピルスナー、夢幻

BeerBar 富士桜 Roppongi
住所: 東京都港区六本木 4 丁目 8-7 嶋田ビルB1F
営業時間: 平 日 17:00~23:30/金曜・祝前日 17:00~29:00/
土曜日祝日 16:00~29:00/
定休日:日曜日・月曜の祝日
アクセス: 大江戸線・日比谷線六本木駅 6 番出口徒歩約 0 分
(六本木交差点より徒歩約 2 分)
http://www.beerbar-fujizakura.jp/

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている店舗のメニューや営業時間、イベント内容などの情報は予告なしに変更される場合があります。店舗のホームページやイベントの告知ページなどをご確認の上、ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

日本ビアジャーナリスト協会 公式facebookページ

公式facebookページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。よろしくお願いします!

01001コウゴアヤコ

この記事を書いたひと

コウゴ アヤコ

ビアジャーナリスト

1978年東京生まれ。杏林大学保健学部卒業。
ビール好きが高じて2008年から1年半、ミュンヘンで暮らす。旅とビールを組み合わせた「旅ール(タビール)」をライフワークに世界各国の醸造所や酒場を旅する。ビアジャーナリストとして雑誌『ビール王国』、海外生活情報誌『ドイツニュースダイジェスト』など様々なメディアで執筆。『ビールの図鑑』『クラフトビールの図鑑』(マイナビ)、『極上のビールが飲める120店』(エンターブレイン)など。

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちらよりお問い合わせください。