[イベント]2018.7.20

祝・釜石鵜住居復興スタジアム誕生!東北の力を合わせたビールで乾杯しよう!

べアレン醸造所イシノマキ・ファームクラウドファンディング宝印ビール東北の力釜石鵜住居復興スタジアム

2019年ラグビーワールドカップの会場「釜石鵜住居復興スタジアム(仮称)」(かまいし うのすまい ふっこうスタジアム)が8月19日に誕生する。
これを祝って、釜石のクラフトビールを造り、全国各地をオンラインでつないで一斉に乾杯しようというプロジェクトが始まった。

宝来館の女将、岩崎昭子さん(写真左)とイシノマキ・ファーム代表の高橋由佳さん

釜石市は、新日本製鐵釜石(現・釜石シーウェイブス)の地元であり、ラグビーが盛んな街だ。
2011年3月11日の東日本大震災では、多くの死者・行方不明者を出し、建物を失うなど甚大な被害を受けた。
それでも多くの苦難を乗り越え、震災により全壊・浸水被害を受けた小中学校の跡地に、「釜石鵜住居復興スタジアム(仮称)」(かまいし うのすまい ふっこうスタジアム)の建設が進んでいる。

スタジアムは2018年8月19日に完成し、2019年ラグビーワールドカップの会場となることが予定されている。

【釜石鵜住居復興スタジアム(仮称)ホームページより】

それを祝い、日本各地の会場を繋いで釜石のビールで乾杯しようというプロジェクトが、【釜石鵜住居復興スタジアム誕生祝】東北の力を合わせてつくったビールで乾杯したい!だ。

発起人は、「一般社団法人 イシノマキ・ファーム」代表の高橋由佳さん。
宮城県石巻市でホップの栽培やクラフトビールの製造(委託醸造)をしている。

高橋さんと、スタジアムの建設現場の近くにある旅館「宝来館」を営む岩崎昭子さんと出会ったことからこのプロジェクトは始まった。
東日本大震災の津波で旅館の建物は流されてしまったが、岩崎さんは釜石が更に魅力的な場所になることを願い旅館を再建した。

「釜石のスタジアムを祝うために、そして釜石に来てくれる世界中の方々に感謝の気持ちを届けるために、東北の力を合わせて醸造したビールで乾杯をしたい!」
ふたりの熱意は周囲を巻き込み、実現に向けて動き出した。

造るビールは「宝印ビール」
釜石で自生しているセリ科の植物「ハマボウフウ」を加えたクラフトビールだ。
醸造は盛岡にある「ベアレン醸造所」で行われる。
ヨーロッパの伝統的な製法で造られるビールが人気の醸造所だ。

このプロジェクトはクラウドファンディング方式で行われ、「乾杯セレモニー参加券」がリターンとして得られる。
8月19日のスタジアムのオープニングの日に、釜石の宝来館をメイン会場にして、八戸・石巻・郡山・東京などの各会場をオンラインでつなぐ。

復興に向かう釜石市とラグビーワールドカップを、ビールで応援しようというこのプロジェクト。
2018年8月11日23:59までに集まった金額がファンディングされる。
岩手県の釜石市(宝来館)と盛岡市(べアレン醸造所)、宮城県石巻市(イシノマキ・ファーム)の3つの東北の街が力を合わせて造るビールは一体どんな味がするのだろうか?

東北の復興を心から応援したい。
すでにプロジェクトのホイッスルは鳴っている。

プロジェクトへの参加はこちらから
【釜石鵜住居復興スタジアム誕生祝】東北の力を合わせてつくったビールで乾杯したい!
https://camp-fire.jp/projects/view/85909

釜石鵜住居復興スタジアム(仮称)ホームページ
https://kamaishi-stadium.jp/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている店舗のメニューや営業時間、イベント内容などの情報は予告なしに変更される場合があります。店舗のホームページやイベントの告知ページなどをご確認の上、ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

日本ビアジャーナリスト協会 公式facebookページ

公式facebookページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。よろしくお願いします!

01001コウゴアヤコ

この記事を書いたひと

コウゴ アヤコ

ビアジャーナリスト

1978年東京生まれ。杏林大学保健学部卒業。
ビール好きが高じて2008年から1年半、ミュンヘンで暮らす。旅とビールを組み合わせた「旅ール(タビール)」をライフワークに世界各国の醸造所や酒場を旅する。ビアジャーナリストとして雑誌『ビール王国』、海外生活情報誌『ドイツニュースダイジェスト』など様々なメディアで執筆。『ビールの図鑑』『クラフトビールの図鑑』(マイナビ)、『極上のビールが飲める120店』(エンターブレイン)など。

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちらよりお問い合わせください。