[イベント]2018.11.1

よなよなエールに一番合うポテチはどれだ!?~「夢の仕事体験」潜入リポート

YONA YONA BEER WORKSよなよなエールスタンバイ夢の仕事体験ビールと料理のペアリングヤッホーブルーイング湖池屋

「よなよなエール(ヤッホーブルーイング)にベストマッチなポテトチップスを決定する“お仕事”体験」が、9月25日、「YONA YONA BEER WORKS 神田店」にて開催されました。

このユニークなイベントは、求人検索エンジン・スタンバイで展開している「スタンバイ 夢の仕事体験」プロジェクトの一環で、さまざまな業種の“ワクワクする特別な仕事”を一般の募集者が体験できるものです。その栄えある第1回が、【ビールとフードをペアリングする仕事】! ビール業界の代表としてヤッホーブルーイングが選ばれたのです。

はたして、ペアリングの仕事とはどのような内容なのか? そして、どの銘柄がよなよなエールに最も合うポテトチップスに選ばれるのか!? 潜入取材してきましたので、イベントの様子をリポートします!

【関連記事】「スタンバイ 夢の仕事体験」一晩限定(よなよなエールxポテチ)ペアリングマスター大募集!

「よなよなエール」に合うポテトチップスを決定!

“ペアリングマスター”体験をするために、当選確率30分の1という狭き門をくぐりぬけて選ばれた、かなぱぱさん、かなちゃんさん、タオちゃんさん、ひよしーさんの4人が集結! ヤッホーブルーイングの社風に則って、参加者同士がニックネームで呼び合えるよう胸に名札をつけて、まずは自己紹介タイムです。

ビールへの愛を、思い入れたっぷりに語る皆さん。

「ビールと私」をテーマにした写真を掲げて、皆さんのビール愛・ヤッホー愛が語られます。会社でビール部を作った人、ヤッホーブルーイングの醸造所見学をした人などなど……、さすがは激戦を勝ち抜いた“猛者たち”、ビア活動がアツいです!

その後、イベントは次のようなプログラムに沿って進みます。

<1部> テイスティング講義
<2部> ペアリング講義
<3部> ポテチのベストマッチ決定

ペアリング講師としてイベント全体の進行を務めるのは、ヤッホーブルーイングの“もーりー”こと森田正文ヘッドブルワー。
「ビール屋さんは朝からビール飲んで酔っ払っていいな~って思うでしょ? その通りです。めっちゃ楽しいです♪」
なんて軽妙なトークをはさみつつ、まずは造り手の立場から、「よなよなエールとはどんなビールなのか」が語られます。

テイスティング講義

第1部は、テイスティング講義です。

もーりー氏によるテイスティング講義。

ビールのテイスティングで大事なのは、以下の3つ。これらを自分の目・鼻・舌でしっかりと感じることだと学びます。

・見た目(Appearance)
・香り(Aroma)
・フレーバー(味/Flavor)

そして、お待ちかねのテイスティング!……の前に、第2部はペアリングについてのレクチャーがあります。

ペアリング講義

ヤッホーブルーイングが 採用しているビールとフードの相関関係は、以下の5種類。

1 Complements
補足して、互いを強化する。似たような香りがあるものでおきやすい。

2 Bridges
ビールと食事の似たような香りが橋渡しする。

3 Contrast
対照的。それぞれの特徴を強化する。基本的な味覚によるもの。

4 Cut and suppress
一方が一方のある特性を抑制させて、ほかの特性をわかりやすくする。
※カーボネーション、苦味、酸味が重さや脂っこさをあらう例など。

5 Emphasize or enhance
強調させる。
※もともと甘いスタイルでなくても、塩っぽいものと合わせると甘く感じる例など。

これらを意識しながら、ペアリングの評価をしていきます。

ポテチのベストマッチ決定

第3部は、いよいよポテチのベストマッチの決定です!


今回、よなよなエールとのペアリングを試すのは、以下に挙げる湖池屋の9種類のスナック菓子です。
A) 湖池屋ポテトチップス のり塩
B) カラムーチョ ホットチリ
C) すっぱムーチョ さっぱりビネガー
D) KOIKEYA PRIDE POTATO 本格うす塩
E) KOIKEYA PRIDE POTATO 海老のかき揚げ
F) KOIKEYA PRIDE POTATO 天ぷら茶塩
G) すっぱムーチョ さっぱり梅味
H) スゴーン 海老まるごと
I) スゴーン 帆立浜焼き

1度に3銘柄ずつペアリングを試して、スコアシートに評価とコメントを記入していきます。

これらを3銘柄ずつ3回試食していきます。1ラウンド目はA)~C)、2ラウンド目はD)~F)、3ラウンド目はG)~I)という順にテイスティングし、よなよなエールとのペアリング相性を評価するのです。

実はこれまで、ヤッホーブルーイングの社内では、
【よなよなエールに合うのは、湖池屋ポテトチップス のり塩】
というのが定説で、もーりー氏もそのように公言してきたとのこと。それを耳にした湖池屋が、このイベントのために自社製品を快く提供してくれたのだそうです! 粋な計らいが心憎いですね~♪

スコアシートの「評価欄」には、以下の3段階で評価します。

・ ◎ HOMERUN 単品よりもおいしく感じる!
・ △ MIDDLE OF the ROAD まぁ、悪くない
・ × Train Wreck 単品よりもまずく感じる

イベント当日に使用されたスコアシート。

スコアシートには、この3段階評価「◎HOMERUN」「△MIDDLE OF the ROAD」「×Train Wreck」と、コメントを記載していきます。
真剣な表情でペアリングを進めています。皆さん、大好きなビールの“お仕事”モードです♪

憧れの”仕事”に臨むとあって、皆さんなかなか真剣な表情です。

さて、すべての評価が終わったら、ペアリングマスターたちの審査報告です!
「No.1はどの銘柄でしたか?」の回答は……

かなぱぱさん →  I)スゴーン 帆立浜焼き
かなちゃんさん → H)スゴーン 海老まるごと
タオちゃんさん → G)すっぱムーチョ さっぱり梅味
ひよしーさん →  F)KOIKEYA PRIDE POTATO 天ぷら茶塩

と、見事にバラバラな結果となってしまいました……。そこでもーりー氏の判断で、マスターたちにNo.2を挙げてもらい、もーりー氏自身の票も加えたところ、「スゴーン 帆立浜焼き」が最も票を集め、今回よなよなエールのベストマッチ銘柄として選ばれました。

よくよく気を付けて見ると、H)とI)はコーングリッツを使用した、いわゆる「コーンスナック」。なので、よなよなエールにベストマッチな“ポテチ”ではなかったりするのですが、そこはご愛敬ですね(笑)。【磯の風味が、よなよなエールの●●と合う】というのは、今後の新たな定説となってビアLoverの間で語り継がれていくかもしれません!

任命証、報酬授与式

第4部は、 任命証、報酬授与式です。

お仕事が終わると、一日限りのペアリングマスターたちへの任命証、報酬授与式が行われます。報酬は、ヤッホーブルーイングのビール3本と、オリジナルグッズなどのセット! 皆さん嬉しそうです。

任命証を手にニッコリ♪皆さん、良い笑顔ですね。左から、かなちゃんさん、タオちゃんさん、ひよしーさん、かなぱぱさん。

なんと、二次会も!?

<5部> 二次会

なんとこのイベント、会場(YONA YONA BEER WORKS神田店)内で二次会まで用意してくれるという厚待遇♪貴重な体験をした4人は、それぞれのビール愛を語りながら、スタッフさん退去後も楽しく交流していました。ビールでつながる交流って、やっぱり独特の楽しさがあるんだなあと、改めて感じました。

無事”お仕事”を終え、宴会モードに入った皆さん。

<まとめ>
このイベントでは、ありがたいことに我々記者向けにもペアリングセットを用意してくださったので、私も“ペアリングマスター体験”をさせてもらいました♪ 個人的にベストマッチな銘柄は、G)のすっぱムーチョ さっぱり梅味! 相関関係としては、5 Emphasize or enhanceにあたるでしょうか? よなよなエールと合わせることで、梅味の中に隠れた甘味が引き出され、よなよなエールの爽やかな苦味が引き立つ印象がありました。

普段家で、何気なくしている組み合わせですが、改めて正面から向き合うと……、新しい発見があるものだなと、目からうろこの体験でした。イベント自体は一夜限りの試みのため、記事をお読みになっているビアLoverの皆さんに“次回の開催”をご案内することはできません。けれども、ビールとのペアリングを意識しながら、スナック菓子との相性を“審査”するペアリングマスターごっこはとても興味深いので、おススメです! 日ごろの家飲みシーンや、ビア仲間で集まってのホームパーティーなどで再現してみるのも、面白いのではないでしょうか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている店舗のメニューや営業時間、イベント内容などの情報は予告なしに変更される場合があります。店舗のホームページやイベントの告知ページなどをご確認の上、ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

日本ビアジャーナリスト協会 公式facebookページ

公式facebookページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。よろしくお願いします!

くまざわ ななこ

この記事を書いたひと

くまざわ ななこ

ビアジャーナリスト/ビアライター

ビールとカレーと小田急線をこよなく愛するライター/エディター。インタビューの場数だけは踏んでいる自負があるので、その経験を活かしてビールに携わる人たちの思いを伝えるべく、ビアジャーナリストとしても邁進している。「小田急ビア散歩」「カレーをつまみにビールが飲みたいっ!」シリーズを連載中。

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちらよりお問い合わせください。