[イベント]2018.11.2

エステルの種類によって香りはどう変わる? 専門家が解説! 11/4(日)ビアジャッジ育成講座開催

JCBSビアジャッジ育成講座NPO法人 日本の地ビールを支援する会エステルビア講座

11月4日(日)、NPO法人日本の地ビールを支援する会による「JCBSビアジャッジ育成講座」が東京・両国の「麦酒倶楽部ポパイ」にて開催されます。
ビアジャッジの育成を目的として、年6回開催しているこの勉強会。前半は、香料を使ってビールに含まれる香りを実体験してもらい、その生成過程を香料会社に所属する専門家が講義します。後半は、実際に数種類のビールをティステイングした上で、ディスカッションやスコアシートの表記方法などを訓練します。

11/4のテーマは「発酵による香り成分」

発酵により生成される香りは数多くありますが、今回は主にビールのフルーティな香りに寄与する「エステル類」を詳細に勉強できるチャンスです。一言で「エステル」と言っても、その種類は豊富。エステルの種類によって香りがどのように変わってくるのかを体験できます。

■ビアジャッジ育成講座 概要

日時:11月4日(日)13時〜16時00分
場所:麦酒倶楽部ポパイ
費用:5000円

主催:NPO法人日本の地ビールを支援する会(会長:麦酒倶楽部ポパイ 青木辰男)
協力:ジャパンクラフトビアパブ協会、Good Beer Club(会長:勝沼一茂)
申込:03-3633-2120(城戸) / vzg05000@nifty.com(石田)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている店舗のメニューや営業時間、イベント内容などの情報は予告なしに変更される場合があります。店舗のホームページやイベントの告知ページなどをご確認の上、ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

日本ビアジャーナリスト協会 公式facebookページ

公式facebookページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。よろしくお願いします!

003 野田 幾子

この記事を書いたひと

野田 幾子

ビアジャーナリスト/ビアアンバサダー

94年にベルギービール、96年に国産地ビールの美味しさに目ざめ、ビアアンバサダー活動を開始。2007年にビアバー・ビアパブムック『極上のビールを飲もう!』(エンターブレイン刊)の全体構成、執筆、編集を皮切りに、ほぼ毎年シリーズを刊行。雑誌でのクラフトビール特集の執筆/監修、共著、講習、イベント企画など多数。
食のキュレーションサイト「ippin」でクラフトビールキュレーターを務める。
http://r.gnavi.co.jp/ippin/curator/nodaikuko/

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちらよりお問い合わせください。