[イベント]2019.8.31

居酒屋の歴史から学ぶ!10/9(水)先人たちの叡智を識る講演@養老乃瀧本店開催

端田 晶茂木信太郎養老乃瀧

先輩たちに連れられ、のれんをくぐったチェーンの居酒屋。とりあえずと頼んだビールの苦さを初めて知り、いつの間にやら1杯目はビールじゃなきゃ!とおいしさにはまり、凍ったグラスやらピッチャーやらを傍らに、恋バナや仕事の愚痴で仲間と気兼ねなく盛り上がるのは、いつも安心の居酒屋でした。

居酒屋のルーツは江戸時代と言われています。明治期にはビアホールが始まり、ニュートーキョーなどが日本全国あちこちで展開していて、たくさんの人たちのひと仕事を終えた疲れを癒してくれています。

そんな日本の酒文化を育ててきた日本のチェーンレストランについての講演が、池袋養老乃瀧本社で10/9(水)に開催されます。講師に外食産業の専門家やビールの歴史の第一人者を招き、チェーンレストランの発祥から身近な居酒屋チェーンの独自商法の紹介などについての講演と交流会も実施されます。交流会ではビールと軽食が用意され、業界の専門家と直接話ができます。

先人たちの経験と叡智を学ぶことで、これからの未来を考える。この講演はそんな素晴らしいきっかけになるかもしれません。

特別企画 居酒屋歴史発掘セミナー 外食産業の論客を迎えて
■講演テーマ:日本のチェーンレストランを創った先駆者たち
~牛鍋屋「いろは大王」木村荘平と「ビール王」馬越恭平、その末裔~

■開催日時:2019年10月9日(水) 18:30開演  18:00開場

第一部:セミナー    18:30~20:00
  スピーカー    :茂木信太郎氏(フードビジネス研究者)
           :端田晶氏  (日本ビール文化研究会)
  ファシリテーター :中村芳平氏 (外食ジャーナリスト)

養老乃瀧グループ公式ホームページより

内容
・チェーンレストランの発祥、――牛鍋「いろは大王」こと木村荘平の「お妾」商法
・恵比寿ビールの始まりと「東洋のビール王」馬越恭平の料亭商法
・ニユートーキヨー、養老乃瀧、鮒忠など、末裔たちの独自商法

第二部:懇親会    20:00~21:00 立食による懇親会

■会場:東京都豊島区西池袋1-10-15  養老乃瀧池袋ビル
 第一部:セミナー  5F 養老乃瀧研修センター
 第二部:懇親会   4F YRイベントホール

■会費:3,000円(税込)  当セミナーは、完全予約制です。 会費は当日会場にてお支払をいただきます

定員:50名

申込み:下記のメールアドレスから お名前・ご連絡先(TEL)・人数をお申込みください 
Mail:izakayarekishi@gmail.com

■会場販売予定書籍
茂木信太郎氏:『食の社会史』『フードサービスの教科書』『現代フードサービス論』(各創成社刊)
端田晶氏  :『ビール今昔そもそも論』(ジョルダンブックス)、『ぷはっとうまい日本のビール面白ヒストリー』(小学館)

       『小心者の大ジョッキ』(講談社)
中村芳平氏 :『居酒屋チェーン戦国史』(イースト新書)

■お問い合わせ先
居酒屋歴史発掘セミナー事務局:養老乃瀧株式会社 東京都豊島区西池袋1-10-15 8F  
TEL:03-6327-2864(受付時間:10:00~17:00) 広報チーム  小林・長島

イベント詳細はこちらも御覧ください

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている店舗のメニューや営業時間、イベント内容などの情報は予告なしに変更される場合があります。店舗のホームページやイベントの告知ページなどをご確認の上、ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

日本ビアジャーナリスト協会 公式facebookページ

公式facebookページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。よろしくお願いします!

宮原 佐研子

この記事を書いたひと

宮原 佐研子

ビアジャーナリスト/ライター

ビアLover 宮原佐研子です。 ビールの大好きなトコロは、がぶがぶ飲める、喉こし最高、大人の苦味、世界中でも昼間でも飲める、 果てしなくいろんな味わいがある、そしてぷはぁ〜っとなれる、コトです。
ライターとして、雑誌『ビール王国』(ワイン王国)/『うまいビールの教科書』(宝島社)/『クラフトビールの図鑑』(マイナビ)、ぐるなびグルメサイト ippin キュレーター など

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちらよりお問い合わせください。

ストップ!20歳未満者の飲酒・飲酒運転。お酒は楽しく適量で。
妊娠中・授乳期の飲酒はやめましょう。