[イベント]2019.11.2

まもなく申込〆切!11/23開催 4種のビールを飲み比べ『クラフトビールトレイン』@千葉モノレール

クラフトビールトレインスプリングバレーブルワリータップマルシェ千葉都市モノレール

懸垂式モノレールとして世界最長15.2kmを誇る、千葉都市モノレールが今回初開催するのは『千葉県初開催!!クラフトビールトレイン』。これまでにも『KIRIN生ビール列車』『銚子ビールトレイン』『“自分で作る”ビールカクテル列車』など様々なビール列車を開催してきた千葉都市モノレールだが、クラフトビールの飲み比べが出来る企画は、記念すべき初開催だ。
クラフトビールトレイン
すでに始まっている申込はまもなく11/7(木)で終了! 飲み比べで飲み鉄ビールを堪能したい人は大至急申込しよう!!

希少な限定ビールも含め、ビールはなんと4種!

車内で提供されるビールは、スプリングバレーブルワリー(SVB)の『496』『on the cloud』『JAZZBERRY』と、今年収穫の日本産ホップ「IBUKI」で仕込んだ限定の『Hop Fest 2019』の4種。これらのビールは、手軽にクラフトビールを楽しめるツールとして全国の飲食店などに広がっている「タップマルシェ」で提供される。

《千葉都市モノレール企画担当者のオススメビール♪》

運輸部営業課 高橋さんのオススメビールは『496』!
「一口味わった瞬間に口いっぱいに広がる濃厚な味わいとパンチのあるコクが、普段飲んでいるビールとは非にならない個性を引き出しており、一瞬で虜になりました」

同所属 森屋さんがオススメするのは『HOP FEST 2019』!
「ホップの新鮮さが際立つ若い味わいであり、毎年その年の出来によって味が異なるビールなので、今年の味が楽しみで仕方ありません」

さらに楽しみなのは、千葉みなとで人気のレストラン「ハーべストガーデン」が考案した “ビールに合う特別ペアリングメニュー”(ビアフード創作ユニット・ホップベイビーズ監修) の提供。そして、途中駅となる千城台駅では、これまでのビール列車で大人気の「できたてアツアツ骨付きソーセージグリル」も楽しめる。その場で焼き上げる香ばしい香りとジューシーな肉汁で、ビールがすすむこと間違いなしだ。

車窓のくれなずむ夕景と紅葉にも乾杯!

懸垂式のモノレールは、他の車両型式よりも周囲の景色を遮ることなく楽しめるのも最大の魅力。

上から吊り下がる懸垂式モノレール


開催当日11/23(土)の日の入り時刻は16:24(@千葉)なので、16:27に出発すると共にくれなずむ空から夜景への変化を車窓からも楽しめる。
11月下旬の運行なので、沿線では紅葉が始まるシーズン。特に千葉公園は樹木が多くモノレールから園内を一望できるため、色とりどりの紅葉を楽しめる。(※)
クラフトビールトレイン

モノレールの車窓から望む千葉県野球場(於:2018年5月開催ビールカクテル列車)


「若者にも人気であるクラフトビールを楽しんでもらうイベントを開催することにより、今までご来場いただいたお客様はもちろんのこと、今までモノレールイベントに参加されたことのない20代~30代の若年層のお客様にもご参加いただきたいという気持ちです。また、モノレール車内という密接した空間でクラフトビールを飲みくらべていただくことにより味・好み・色彩・香りなどを楽しむ際に自然に会話が生まれ、初めて会ったお客様同士で会話を楽しんでいただくコミュニケーションツールとして乗車していただけると嬉しく思っております」と高橋さん。

その他、車内では、豪華賞品があたる「トレイン抽選会」&参加者全員にお土産もあり!これはもう、とにかく逃せない内容だ。

※紅葉時期がずれる可能性もあり

申込方法はこちら!

定員は60名。申込が上回る場合は抽選となる。

(1)ホームページ:〜令和元年11月7日(木)24:00まで
 https://chiba-monorail.co.jp/index.php/20191123craft_beer-train/
(2)モノちゃんトラベル窓口:令和元年~11月7日(木)20:00まで
(3)チラシ裏面申込用紙FAX:~令和元年11月7日(木)24:00まで
(FAX:043-252-7244)
 チラシはこちら→https://chiba-monorail.co.jp/wp/wp-content/uploads/99ffcab3328764e667341866b52021ca.pdf

※応募は1グループ1名様から6名様まで
※未成年者(乳児・幼児を含む)のお客様は参加できません。

『千葉県初開催!!クラフトビールトレイン』実施概要

1.運 行 日  令和元年11月23日(土)
2.運行時間  千葉駅 出発(16時27分)→ 千葉駅(18時22分解散予定)
    (途中、千城台駅・動物公園駅にて休憩の停車があります)        
3.提供内容  
≪飲料≫ スプリングバレーブルワリー            
◆クラフトビール◆           
・Hop Fest 2019(期間限定商品 今年収穫の希少な日本産ホップ「IBUKI」を使用)
・496(世界のどこにもないビールを追い求め、究極のバランスで、強い個性と飲みやすさ)           
・on the cloud(小麦を使った柔らかな飲み口と白ワインのようなフルーティーな 香り)           
・JAZZBERRY(ラズベリー果汁を加えて醸造した爽やかな飲み口と、ルビー色が 特徴)
◆その他◆
・氷結レモン・氷結グレープフルーツ
・キリン生茶            
※飲み放題ではございません。十分な量をご用意しておりますが在庫が無くなる可能性がございますのでご了承ください。※
≪食事≫ ハーベストガーデン 
・クラフトビール列車オリジナルペアリングメニュー ※車内で提供
 (それぞれのビールの味に合わせた特別メニューをご用意いたします
・できたてアツアツ骨付きソーセージグリル※千城台駅で提供
 (生ビール列車で大好評だった熱々ソーセージを提供いたします)
4.定 員 60人(最小催行20名)
5.参加費 お一人様6,000円(税込み)
6.主 催 千葉都市モノレール株式会社
7.協 賛 キリンビール株式会社
8.協 力 ハーベストガーデン
9.注意事項 列車内では当社または報道機関による記録・広報のため、イベントの写真撮影・録画・録音・オンライン配信等を行いますので、予めご了承ください。

【お問い合わせ】
千葉都市モノレール株式会社
運輸部営業課
電話 043-287-8215(平日8:30~17:00)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている店舗のメニューや営業時間、イベント内容などの情報は予告なしに変更される場合があります。店舗のホームページやイベントの告知ページなどをご確認の上、ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

日本ビアジャーナリスト協会 公式facebookページ

公式facebookページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。よろしくお願いします!

宮原 佐研子

この記事を書いたひと

宮原 佐研子

ビアジャーナリスト/ライター

ビアLover 宮原佐研子です。 ビールの大好きなトコロは、がぶがぶ飲める、喉こし最高、大人の苦味、世界中でも昼間でも飲める、 果てしなくいろんな味わいがある、そしてぷはぁ〜っとなれる、コトです。
ライターとして、雑誌『ビール王国』(ワイン王国)/『うまいビールの教科書』(宝島社)/『クラフトビールの図鑑』(マイナビ)、ぐるなびグルメサイト ippin キュレーター など

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちらよりお問い合わせください。

ストップ!20歳未満者の飲酒・飲酒運転。お酒は楽しく適量で。
妊娠中・授乳期の飲酒はやめましょう。