[コラム]2020.1.1

新年 明けましておめでとうございます。

 2020年、明けましておめでとうございます。
 いつもJBJA公式サイトの記事をご愛読いただき誠にありがとうございます。

 みなさんは、どちらで年末年始を過ごされていますか?

 私は今年もホップの里【京都与謝野町】での年越しです。

 去年は『今年は例年以上の降雪量です。毎朝、雪かきをしています。(笑)』と書きましたが、今年はNo Snow. 暖かい正月です。

 今、ホップ畑には、去年の蔓が枯れたまま残っている所とすでに蔓を切り落として来年に向けて紐下げをしているところがあります。(若いホップは、根を強くするためにそのまま自然に枯れさせます)春にまた新しい芽が萌えてくるのを楽しみに待っているところです。

 さて、2020年はどんな年になるのでしょうか?

 なんといっても今年は、JBJAが発足して10年となる節目の年です。

 2010年、当時は個人がホームページを始めブログなどでオピニオンを発信できるようになり始めた時期でした。

 それは素晴らしいことでもあるのですが、反面、個人的な思い込みや感想を無責任に発信してしまうツールでもあり、いくつかのブルワリーが「風評被害」にあうことになりました。

 具体的には、IPAを造ったものの(当時はまだIPAがそれほど認知されていなかったので)、「苦くて飲めない」「苦くて不味い」といった具合に書かれることが続きました。

 これに対して何人かのブルワーに「ちゃんとしたビアジャーナリズムの組織を作って、正しい知識や情報を発信してほしい」と要望され、生まれたのが日本ビアジャーナリスト協会です。

 その後、多くの人に『ビールの知識とそれを伝える能力』を身につけていただくためにビアジャーナリストアカデミーを開校し、多くの修了生を送り出すこともできました。

 10年という節目の年に、私達ビアジャーナリストは様々な問題を考え、その一助になりたいと考えています。

 ビールの品質の向上、ビールに関する知識の広がり、国産ホップやモルトの普及と品質の安定、日本らしいビアスタイルの確立、さらには、ビール文化の啓蒙や醸造や流通における環境問題、ビールで繋がるビアコミュニティのあり方など、考えだすときりがありません。

 今年も一般社団法人日本ビアジャーナリスト協会をよろしくお願いします。

Think Beer.
Cheers,

2020年 元旦

一般社団法人日本ビアジャーナリスト協会 
代表 藤原ヒロユキ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている店舗のメニューや営業時間、イベント内容などの情報は予告なしに変更される場合があります。店舗のホームページやイベントの告知ページなどをご確認の上、ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

日本ビアジャーナリスト協会 公式facebookページ

公式facebookページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。よろしくお願いします!

001藤原 ヒロユキ

この記事を書いたひと

藤原 ヒロユキ

ビール評論家・イラストレーター

ビアジャーナリスト・ビール評論家・イラストレーター

1958年、大阪生まれ。大阪教育大学卒業後、中学教員を経てフリーのイラストレーターに。ビールを中心とした食文化に造詣が深く、一般社団法人日本ビアジャーナリスト協会代表として各種メディアで活躍中。ビールに関する各種資格を取得、国際ビアジャッジとしてワールドビアカップ、グレートアメリカンビアフェスティバル、チェコ・ターボルビアフェスなどの審査員も務める。ビアジャーナリストアカデミー学長。著書「知識ゼロからのビール入門」(幻冬舎刊)は台湾でも翻訳・出版されたベストセラー。近著「BEER HAND BOOK」(ステレオサウンド刊)、「ビールはゆっくり飲みなさい」(日経出版社)が大好評発売中。

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちらよりお問い合わせください。

ストップ!20歳未満者の飲酒・飲酒運転。お酒は楽しく適量で。
妊娠中・授乳期の飲酒はやめましょう。