[イベント]2020.9.20

“これからのビール”を一緒に考えませんか? 「キリンビールサロン」第2期開催!

オンラインキリンビールキリンビールサロン

キリンビールセミナーの人気講師、ゲスト登壇者とともに「これからの時代の新しいビールの楽しみ方」を見つける「KIRIN BEER SALON(キリンビールサロン)」が、2020年11月から翌年3月までの全5回にわたってオンラインで開催されます。 2019年11月から開始した第1期が大好評を博し、それを受けての2期は、オンラインサロンという新しいチャレンジ。講師を務める草野裕美さんに、第2期のポイントやオンラインだからこそできること、第1期の参加者からの感想などを伺いました。

講師プロフィール


草野裕美

キリンアンドコミュニケーションズ株式会社 企画担当 ビールセミナー講師。キリンビール横浜工場をメインに開催している「キリンビールセミナー」で、講師としてさまざまな視点で“ビールの楽しみ方・魅力”を伝えている。

オンラインでも五感を駆使できる体験、参加者のつながりを工夫したい

──「キリンビールサロン」のコンセプトと、開催したきっかけを教えてください。

草野:キリンビールサロンは、「これからのビールを考える」をテーマにしています。

キリンビールでは長年、自社製品を使った「キリンビールセミナー」を行っており、多くのお客様に受講していただきました。しかしながら、昨今のクラフトビールの盛り上がりでビールを取り巻く環境も変わってきています。一言で「ビールを楽しむ」と言っても、今では味わいだけではなく、周辺のカルチャーやストーリーなどをセットで体感できるようになってきています。

そこで、これまでのビール単体・単発のセミナーだけではなく、ビール業界に携わっている方をゲストにお呼びしたビールとその周辺のカルチャーを知る連続講義と、参加者同士の「考え」を交換できる「場づくり」をすることに決めました。そこから生まれたのが「キリンビールサロン」です。

──キリンビールサロンは、今回で第2期となります。第1期を終えての感想はいかがですか。

草野:初めての試みで不安もありましたが、いざ開催となりましたら、参加者の方々が大変サロンを盛り立ててくださり、私どもの想定以上の盛り上がりとなりました。多くの方がビールを通じたコミュニケーションを求めていることがわかり、ビールの可能性を感じられて、私どもも大変励みになりました。

──第1期の参加者からの反響で、印象に残ったことがあれば教えてください。

草野:参加者の方々のお声を伺うと、「参加者・講師・主催者の関係性がフラットで自由な雰囲気で楽しめたこと」をご評価いただいた気がします。回を追うごとに、参加者同士が仲良くなり、コミュニケーションが深まっていったことも、皆様は喜ばれていました。

──第1期を踏まえ「次回以降はこうしよう」と意欲が湧いたことはありますか?

草野:第1期のアットホームな雰囲気は、そのまま継承したいと思っています。第2期はすべてオンライン開催となりますが、オンラインでそれぞれが離れた場所にいながらもいかに第1期のような一体感が出せるかが課題と思っています。

また、第2期は第1期以上に参加者自身が楽しめる「体験」の要素を増やしていきたいと思っています。オンライン開催により、コミュニケーションの課題もあるかと思いますが、五感を駆使できる体験を多く用意し、参加者同士がつながりを感じられる仕組みを工夫したいと思います。

──11月から開催する第2期のキリンビールサロン、“推しポイント”はどういったところでしょうか。

草野:今回は1期目で大変反響があった「地域とビール」を、より掘り下げていく予定となっています。

1期目に岩手県の「遠野醸造」のヘッドブルワー、袴田大輔さんにご登壇いただきました。「遠野に行きたい」という声も多くあったことなどを踏まえ、実際にはなかなか行けないコロナ禍の今でこそ、オンラインの良さを活かして現地とつなごうと考えています。少しでも「ビールの里」遠野の雰囲気をお伝えしたいですね。

また、昨年は各回それぞれ違ったテーマを設けていましたが、今回はすべての回をトータルで受けていただくことで、ビールへの理解がより深まることを意識した構成になっています。ゲストの方の選定は一期目と同様、「リアルにビールに携わっている」方を基準に、最先端でご活躍をされている方々にお声がけをさせていただきました。

──リアルイベントとして開催していた前回と異なり、今回はオンラインサロンとなります。「オンラインだからこそできる」と考えていることはありますか。

草野:第1期はキリンビール横浜工場で開催しました。すると、どうしても首都圏の方に対象が限られてしまいがちです。しかし、オンラインは「全国のビール好きとつながることができる」のが大きな魅力だと思っています。

また、参加者が周りの目を気にせずにじっくりとビールと向き合えたり、飲む量を自分でコントロールできたりと、より参加者自身のペースで楽しむことができるのも魅力ではないでしょうか。ビールを飲んでも帰りを気にせず、自宅で安心して楽しめる利点もありますね。

──キリンオンラインサロンに興味を持たれてる方々へのメッセージをお願いします。

草野:ぜひ、私たちと乾杯をしましょう! ビール好きの輪が広がる場ですので、一緒にビールについて考えていただけると嬉しいです!

キリンオンラインサロン 第2期 概要

開催内容:
#1. ようこそKIRIN BEER SALONへ!
#2.いま日本のビールがおもしろい!~遠野・ホップの里からビールの里へ~
#3.もっとビールが好きになる!ホップの奥深き世界
#4.自分史上最高のビールにチャレンジしてみよう!
#5.卒業式 「これからのビールとわたし」宣言

開催日時:
#1. 2020年11月3日(火・祝)14:00~16:30
#2. 2020年12月6日(日)14:00~16:00
#3. 2021年1月10日(日)14:00~16:00
#4. 2021年2月7日(日)14:00~16:00
#5. 2021年3月7日(日)14:00~16:30
*1~5全部の回への参加(やむを得ない場合を除く)

参加料金:
全5回 19,000 円(税込)

定員:
34名
*申込み人数1名のみ、応募者多数の場合は、抽選
*9/21〜30(予定)をの間に KIRIN DRINXから参加可否の通知あり

申込受付:
2020年9月20日(日)24時まで

使用するオンラインツール:
オンラインミーティングアプリ「Zoom」

内容詳細/申込:
KIRIN BEER SALON(キリンビールサロン) 第2期 詳細ページ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている店舗のメニューや営業時間、イベント内容などの情報は予告なしに変更される場合があります。店舗のホームページやイベントの告知ページなどをご確認の上、ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

日本ビアジャーナリスト協会 公式facebookページ

公式facebookページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。よろしくお願いします!

003 野田 幾子

この記事を書いたひと

野田 幾子

ビアジャーナリスト/ビアアンバサダー

ビールの美味しさや楽しみ方を伝えるビアアンバサダー/日本ビアジャーナリスト協会ファウンダー。2007年のビアバー・ビアパブムック『極上のビールを飲もう!』をはじめ、数多くのビールに関する本や雑誌の企画執筆、編集、構成を務める。 現在、ビールのペアリングに特化した著・監修書『ビールのペアリングがよくわかる本』(シンコーミュージック・エンタテイメント)、監修したビアコミックエッセイ『恋するクラフトビール』(KADOKAWA)が大好評発売中。ビアイベント主宰、ビール/ペアリング講座企画開催、テレビ番組企画協力も多数。

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちらよりお問い合わせください。

ストップ!20歳未満者の飲酒・飲酒運転。お酒は楽しく適量で。
妊娠中・授乳期の飲酒はやめましょう。