[イベント]2014.7.17

キリン、クラフトビールブランド「SPRING VALLEY BREWERY」始動

キリンビールスプリングバレーブルワリー

キリンビール株式会社は、出資100%のクラフトビール専門事業子会社を2015年1月に設立することを発表した(プレスリリース)。ブランド名は「SPRING VALLEY BREWERY(スプリングバレーブルワリー)」。2015年春、渋谷区代官山に醸造所を新設するほか、キリンビール横浜工場内のパブブルワリー「スプリングバレー」を同時期にリニューアルオープン。この2箇所で醸造を行う。複数の通年アイテム、多様な切り口のシリーズ展開を予定している。

スプリングバレーブルワリー
醸造所施設内は、醸造の様子を眺めながらできたてのビールを楽しめるレストランやイベントスペース、ビールの歴史を伝える展示などを予定。食事とビールのペアリング、ビールや食にまつわるワークショップほか、飲み手と造り手や、飲み手同士の交流の場を提供する考えだ。

「ビールは本来、多くの味わいや楽しみ方がある。大手ビール会社が画一的な味わいしか提供していないことが、ビール離れにつながっているのでは」(キリンビール 磯崎功典社長)。名称は明治初期、日本で最初に商業的に成功したビール醸造所から。チャレンジとパイオニア精神を象徴するブランドとしている。多彩なビールを醸造することでビール市場を活性化させる狙いがある。

2つの醸造所での年間生産量は200キロリットル弱を予定。2020年の販売目標は年間6〜7万キロリットル、ビール市場全体の約3%を目指す。

■プロトタイプを9月に発売、飲み手の意見を反映
プロトタイプ01

スプリングバレーブルワリーが造るビールのコンセプトは「新次元のクラフトビール」。「ビール通を唸らせ、ビールが苦手な人もはじめての出会いに感動するビールを目指す」とし、香り、コク、苦み、甘み、酸味の“究極のバランス”を追求する。

事業開始に先駆け、9月下旬より試作品第一弾「SPRING VALLEY BREWERY 496」の発売を開始する。予約受注制。キリンオンラインショップ「DRINX」(http://www.drinx.jp)で330ml×6本、3000円(税・送料込み)。

購入者からの声をオンラインのディスカッションやイベントでの交流を基に反映させながら試作を重ね、最終版は醸造所オープンに合わせた2015年春に発売予定。予約開始日、第二弾以降などの詳細は後日発表。プロトタイプ名称「496」の由来は未公開。代官山、横浜の醸造所、オンラインショップ以外での発売は予定していない。

「プロトタイプ496は、エールのリッチ感やIPAの苦みなどを持つが、既存のいずれのビアスタイルにも属さない、ハイブリッドな商品」(田山智広マーケティング部商品開発研究所所長)

【限定テスト展開概要/第一弾商品】(資料より)
商品名:SPRING VALLEY BREWERY 496
商品コンセプト:スプリングバレーブルワリーを代表するフラッグシップビール。香り、味わい、余韻が深い、リッチタイプ。
香味特徴:エールのような芳醇さと低温熟成ビールのようなキレ、IPAのように濃密なホップ感。既存のいずれのビアスタイルにも属さない革新的なフラッグシップビール。甘み・酸味・苦みの究極のバランス。
酒税区分/アルコール:ビール/6.5%
原料:麦芽、ホップ

【仕様】(ラベルより)
Prototype:#01(Rich Type)
Specification
Original Graviry:15.1P
IBU:45
ABV:6.5%
Key Hop:BRAVO(Dip Hopped)
Filtration:Unfiltered
Special Ingredient:Passion 🙂

Brewer:蒲生 徹(Toru Gamo)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている店舗のメニューや営業時間、イベント内容などの情報は予告なしに変更される場合があります。店舗のホームページやイベントの告知ページなどをご確認の上、ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

日本ビアジャーナリスト協会 公式facebookページ

公式facebookページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。よろしくお願いします!

003 野田 幾子

この記事を書いたひと

野田 幾子

ビアジャーナリスト/ビアアンバサダー

94年にベルギービール、96年に国産地ビールの美味しさに目ざめ、ビアアンバサダー活動を開始。2007年にビアバー・ビアパブムック『極上のビールを飲もう!』(エンターブレイン刊)の全体構成、執筆、編集を皮切りに、ほぼ毎年シリーズを刊行。雑誌でのクラフトビール特集の執筆/監修、共著、講習、イベント企画など多数。
食のキュレーションサイト「ippin」でクラフトビールキュレーターを務める。
http://r.gnavi.co.jp/ippin/curator/nodaikuko/

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちらよりお問い合わせください。