[新商品情報]2021.4.18

小豆島のレモンが香る!まめまめびーる「lelelelemon」発売中

瀬戸内に浮かぶ「小豆島(しょうどしま)」は、香川県の離島。その地の恵みを活かし、ビール造りをする「まめまめびーる醸造所」が、2021年3月29日に新作「lelelelemon」を発表しました。併設店舗、オンラインストアにて好評発売中です。

島で栽培された大麦、レモンを使ったその爽やかな味わいは、これからの季節~夏にぴったり!お天気の良い昼下がりに、窓を開けて飲みたいビールです。

まめまめビール lelelelemon

「実都農園」のレモンをふんだんに使用した「lelelelemon」。木の上で色づくまで熟れたレモンは、酸味に加えてすっきりした甘味もある。そんな樹上完熟レモンが描かれたラベルは、爽やかで可愛い。

「まめまめびーる」の代表・ブルワー中田雅也さんが醸造を開始したのは2017年4月。ブルワリーをどこに構えようかと考えた時に、浮かんだのは

「おいしくビールが飲める場所がいい。海を見ながら飲みたい、そしてつくりたい!」

そして移り住んだのが、自然豊かで人々の伝統が息づく、小豆島だったそう。

小豆島の高台にある「まめまめビール」ブルワリー

瀬戸内の海を見下ろせる高台の空き家を改造した、手作りのブルワリー。醸造の様子をカウンターで見ながら出来立てビールを飲める。この坂を進むと港まで歩いて約10分。

醸造作業を全てひとりで、まめまめしく行う中田さん。地域農家さんとの連携を大切にし、自身での材料づくりも行うそう。

レモン使用に関して、こんなお話を伺いました。

「1回のビール醸造量は200リットル。それに対し今回、約20kgのレモンの皮を用意しました。その中で実際に使ったのは、1kgほどです」

えっ?なぜ20分の1になったのでしょうか?

「何時間もかけ、レモンの皮をひとつひとつピーラーで削りました。白皮ができるだけ入らないように。今回、初の試みでした」

気が遠くなるような作業、すごいです。

「昨年も、実都農園のレモンを使ったビールを『麦芽レモン』『レモスケ』として商品化しています。その際の造り方は、あらかじめ果汁を絞った後のレモンを皮ごと糖化中に投入し、果汁は煮沸中に入れる、というものでした。その造り方でも十分レモンの特徴は感じられましたが、今年は更に『レモン推し』にするための醸造法を追求してみたくなったんです。

ですから、今回はよりレモンの香りを活かす工夫をしています。前回はレモン果汁を煮沸中に入れましたが、煮沸によりレモンの香りが飛ばないよう、今回は発酵がほぼ終了した時点で入れました。ピーラーで削った皮もここで加えました。

ただ正直、最初はやりすぎたかなとも思いましたが・・・だんだんおりがとれて、クリアな味わいになり、良い感じになって。まさに、 島の麦とレモンを堪能して頂ける一品にしあがったと思います。それで『もー、めっちゃレモン!』ということで『lelelelemon(レレレレモン)』と名付けました」

なるほど。そんなビールのおすすめの飲み方、ありますか?

「レモンが合う食事に、なんでも合うと思います。から揚げとかサラダにも!飲み頃温度は、冷えていた方が良いかな、5℃以下がおすすめ。でも、お好みでお好きに飲んでみて頂ければ」

まめまめびーるの中庭

まめまめびーるの中庭。

できたてを、その場でその土地の人・料理・雰囲気と飲むのが一番おいしい。だからこそ、地域の素材や環境を最大限に活かしたビールづくりに挑戦し続けていきたい。そして、できれば、ドラフト(生)を小豆島に来て飲んでもらいたいと、中田さんは考えています。

確かにそう。海を眺めながらビールを飲み、五臓六腑を超えた全身でおいしさを味わえたら・・・!!

でも、今は、ちょっとがまんという方も多いでしょう。

ならば、お取り寄せで「旅気分」を味わってみてはいかがでしょうか?爽やかなレモン香るビールを飲んだら、小豆島の海風を、すぐそばに感じることができるかもしれません。

🍋『lelelelemon』

小豆島・伊喜末の麦と実都農園レモン使用とレモンビール6本セット(330ml×6本)6500円

https://mamemamebeer.thebase.in/items/40465557

このほかに季節限定の「マスカット流星群」とのセットもあり

https://mamemamebeer.thebase.in/items/40468281

まめまめビール ウェブサイト https://mamemamebeer.thebase.in/

小豆島の農産物(柑橘・麦・米・ハーブなど)や特産品(醤油、米麹など)を使用した定番ビールもぜひ、オンラインストアでチェックを!

※すべて画像はまめまめびーるより提供

まめまめびーるレモンビール小豆島
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている店舗のメニューや営業時間、イベント内容などの情報は予告なしに変更される場合があります。店舗のホームページやイベントの告知ページなどをご確認の上、ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

日本ビアジャーナリスト協会 公式facebookページ

公式facebookページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。よろしくお願いします!

この記事を書いたひと

AYANEE/あやねえ

ビアジャーナリスト・ビアチューバー・ビールインフルエンサー

旅とビールが大好き! MC・ナレーションなど話す仕事の傍ら、2013年頃より「ビール旅」を開始。世界50か国ほど巡り、各地のビールを飲みまくる。

その際に気づいた「その地ごとの、独特のビールカルチャー」の面白さを共有したい、又「日本のビールカルチャー」も世界に発信したい、という思いから、2018年、YouTubeにて「BeerTuber AYANEE / ビアチューバーあやねえ」チャンネル開設。

ブログ、インスタグラム、ツイッター、Facebook、TikTokといったSNS発信も行っている。

世界のビールシェアイベント開催、ビールツアー企画中。

地元千葉では「醸造家×料理人×生産者」を応援する「ちばクラフト青空ビアガーデン」スタッフとして活動。

2021年、ビアジャーナリストとしても活動を開始。

なおビール以外に、各国のティー&コーヒー&アフロウィッグコレクター。「異国の不思議なスキンケア商品」を試しまくるなど、気になることは何でもトライするチャレンジャー!!

ビールの美味しさはもちろんのこと、ビールを通じたコミュニケーションの楽しさを、幅広く共有したい! お会いしたら、ぜひ乾杯しましょう♪

【YouTubeチャンネル】
BeerTuber AYANEE / ビアチューバーあやねえ
https://www.youtube.com/channel/UCR3MyKyY915cRCw6QY33E1g
ちばクラフト青空ビアガーデン(MC担当)
https://www.youtube.com/channel/UC7taIFLvdLBU_g4EMcRL_vg

【徒然ブログ 他】
アメブロ:MC AYA-NEEの旅&ビール時々アフロダイアリー
https://ameblo.jp/ayanee/
インスタグラム
https://www.instagram.com/mcayanee/
Twitter
https://twitter.com/mcayanee
TikTok
ayabeer

【ビールイベントMC】
日立オクトーバーフェスト (2017)
https://www.ibarakiguide.jp/events/events-82534.html
ちばクラフト青空ビアガーデン (2019)
https://chibacraft.com/

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちらよりお問い合わせください。

ストップ!20歳未満者の飲酒・飲酒運転。お酒は楽しく適量で。
妊娠中・授乳期の飲酒はやめましょう。