[ブルワー]2021.7.27

静岡のビールが熱い!「静岡クラフトビール協同組合」設立記念インタビュー vol.1

静岡県東部地区でクラフトビールを製造する業者他6社によって、県内初となる「静岡クラフトビール協同組合」が設立されました。豊富な水資源と先駆的な醸造メーカーがあったことから、全国的にも有名なクラフトビールの一大産地となっている静岡県東部地域。

組合では今後、商品開発やイベントの開催、ビール原料の共同購入に取り組むことで、業界と地域の活性化を図っていく予定です。

組合の設立を記念し、県内在住のライタージャンク板村が参加企業6社にリレーインタビューを行いました。
第一回は、発起人代表でもある柿田川ブリューイング株式会社の片岡哲也さん(写真左から3人目)と、反射炉ビヤ専務取締役の稲村秀宣さん(写真左から1人目)のお二人に、お話を伺います。

静岡クラフトビール協同組合に参加した理由は?

組合代表を務める柿田川ブリューイング片岡さんは、「1社でするより数社で行った方がメリットのあることが多い」と組合設立の利点を語ります。

麦芽やホップ、ビール用ドライイーストなどを、組合がまとめて購入することによってスケールメリットが生まれることが期待できます。

反射炉ビヤ稲村さんは「静岡県のブルワリーが協力して、地域性や特色を発信できれば」と話してくれました。

クラフトビールの消費拡大を目的としたイベントを共同主催する活動も予定されているようです。

静岡クラフトビール協同組合のおススメビール

自社以外のビールでおススメを伺うと、反射炉ビヤ稲村さんからは、「各社が自信をもって作り続けて、日々進化していく定番ビールをまずはおすすめしたい」と、柿田川ブリューイングの『クリームラガー』、リパブリュー『69IPA』、Mt.FujiBrewing『琥珀富士』をご紹介いただきました。

反射炉ビヤの定番イングリッシュペールエール『太郎左衛門』も人気ですが、ぜひ各社の看板ビールを定期的に飲んで、違いや進化を楽しんでもらいたいそうです。

柿田川ブリューイング片岡さんは、もともとブルワーとして働いていた、ベアードビールがおすすめとのこと。

地域の特産を生かしたビールなどにも挑戦しているので、ぜひ飲んでみて下さい。

地元ブルワリーに聞く、静岡県内のお気に入りスポット

お二人に、県内のおススメスポットを伺うと、伊豆の『河津七滝』、沼津市の『千本海岸』を教えてくれました。
醸造所からも近いので夏の旅行にいかがでしょう。

更にビールにもよく合う料理を聞いてみたところ、駿河湾の新鮮な海の幸を使った、磯はるの『イワシの漬け丼』がお気に入りとのこと。おでかけの際は、ぜひチェックしてみて下さい。

 

次回は、ベアードビール代表のベアードブライアンエッシェルマンさんにお話を伺う予定です。お楽しみに。

リンク
柿田川ブリューイング http://numazucraft.com/
反射炉ビヤ https://kuraya-narusawa.co.jp/brewing/

反射炉ビヤ柿田川ブリューイング静岡クラフトビール協同組合
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている店舗のメニューや営業時間、イベント内容などの情報は予告なしに変更される場合があります。店舗のホームページやイベントの告知ページなどをご確認の上、ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

日本ビアジャーナリスト協会 公式facebookページ

公式facebookページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。よろしくお願いします!

この記事を書いたひと

ジャンク板村

ビアジャーナリスト

静岡県在住、広末・松坂世代の髭眼鏡ビアライター。

海外を旅して飲んだビールは数知れず。
アウトドアやフェスで飲む太陽の下でのビールが何よりの好物。
舌は大雑把だが、味以外の魅力を伝える記事と写真で
美味しくビールを傾ける。

好きなビール映画は「ショーシャンクの空に」
好きなビールソングは「夜の盗賊団/ブルーハーツ」

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちらよりお問い合わせください。

ストップ!20歳未満者の飲酒・飲酒運転。お酒は楽しく適量で。
妊娠中・授乳期の飲酒はやめましょう。