[ブルワー,新商品情報]2021.7.20

Far Yeast Brewingからホップ由来の柑橘香・コーヒーフレーバーの マリアージュと、樽熟成ならではの深い味わい 『Off Trail #14 Cyclocross Mocha IPA』 7月29日(木)発売

Far Yeast Brewingから「Off Trail」の第14作目として、『Off Trail Cyclocross Mocha IPA(シクロクロスモカアイピーエー)』が7月29日(木)に一般発売されます。公式オンラインストアでは7月20日(火)13時より先行予約販売が開始されています。

「Off Trail」は、樽熟成の手法によりビール酵母以外の微生物を活かした個性的なビール造りにチャレンジするブランド。第14弾となる『Off Trail Cyclocross Mocha IPA』は、ウィスキー樽で熟成させた東京IPAとワイン樽で熟成させたストロングエールをブレンドし、ベースビールが持つホップ由来の柑橘系の香りはそのままに、樽熟成によるモルティさ、フルーティさ、酸味、ウッディで豊かなタンニンと、ほのかにキャラメルやウィスキーのような複雑な香りが加わりました。さらに深みとバランスを加えるために、これまでもFar Yeastのコーヒービールで何度もコラボレーションしているサンフランシスコベイエリア生まれの自然派ロースタリー  「BICYCLE COFFEE TOKYO」で特別にブレンドされた焙煎香の強いコーヒー豆と甘さを演出するカカオニブを追加。まるでチョコレートのように滑らかでまろやかなマウスフィール、そしてコーヒーとチョコレートのアロマとフレーバーを楽しむことができるとのことです。

『Off Trail Cyclocross Mocha IPA』は7月29日(木)より全国発売、オンラインストアでは7月20日(火)13:00より予約販売受付を開始しています(出荷は7月22日(木)以降順次)。

<BICYCLE COFFEE TOKYOについて>
2009年サンフランシスコ ベイエリアで創業。「We roast quality coffee grown by sustainable farms and deliver it by bicycle」をコンセプトに、フェアトレードされた最高品質のサステイナブルコーヒーを自家焙煎し、自転車で取引先にデリバリーしているロースタリーです。日本では2013年から東京支部としてBICYCLE COFFEE TOKYOをオープンさせ、日々フレッシュなコーヒーを販売しています。
http://www.sun-west.co.jp/bicyclecoffee

【商品概要】
Off Trail Cyclocross Mocha IPA(オフトレイル シクロクロスモカアイピーエー)

販売開始日:7月29日(木)
価格:オープン価格
原材料:麦芽(外国製造)、ホップ、糖類、コーヒー豆、カカオニブ

【写真提供:Far Yeast Brewing】

BICYCLE COFFEE TOKYOFar Yeast BrewingOff TrailOff Trail Cyclocross Mocha IPA
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている店舗のメニューや営業時間、イベント内容などの情報は予告なしに変更される場合があります。店舗のホームページやイベントの告知ページなどをご確認の上、ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

日本ビアジャーナリスト協会 公式facebookページ

公式facebookページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。よろしくお願いします!

この記事を書いたひと

よしのたま

ビアジャーナリスト

1965年、南信州生まれ。峻険な南アルプスと中央アルプスに囲まれた自然豊かなリンゴ農家に育つ。1女1男の母。大学卒業後1年間、まだ東西に分裂していた時代に南ドイツに遊学し、各街々の地ワインにハマる。帰国後は、翻訳会社、雑誌編集、組紐製造など好奇心のままに仕事を転々とし今に至る。その好奇心はビールにも顕れ「好きなビールは?」と訊かれた際の返事が同じだったことがない。現在は韓国のクラフトビールに興味津々。趣味は着物。だが、茶道や華道といった着物っぽいことには一切通じていないため、結局のところ着物を着てビールを呑みに行くというのが趣味になっている。

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちらよりお問い合わせください。

ストップ!20歳未満者の飲酒・飲酒運転。お酒は楽しく適量で。
妊娠中・授乳期の飲酒はやめましょう。