[ブルワー]2021.12.27

北海道で次世代の若きブルワーたちがアセンブル(集合):Ezo Brewers Assemble

Ezo Brewers Assemble」(以下EBA)とは、北海道の若きブルワーたちが集まる交流会です。今回参加したブルワリーは、ノースアイランドビール(江別市)、忽布古丹醸造(上富良野町)、のぼりべつ地ビール鬼伝説(登別市)、ニセコビール(ニセコ町)、美深白樺ブルワリー(美深町)、月と太陽ブルーイング(札幌市)、大雪地ビール(旭川市)の7ブルワリー。参加者の年代は20~30代で、次世代を背負って立つ年代のブルワーたちです。

集合写真撮影のみマスクを外しています

そのEBAの初めての共同仕込が、12月20日に北海道江別市のノースアイランドビールで行われました。

EBAは、ノースアイランドの中村峻也ヘッドブルワーの呼びかけがきっかけとなって発足しました。まずは共同仕込をしようと声の掛けられる範囲でスタート。今回7ブルワリーが集まったものの、まだまだ今後広げていきたい意欲があるそうです。最北の「美深白樺ブルワリー」と最南の「のぼりべつ地ビール鬼伝説」の間の距離は約300キロ。その広大なスケール感は北海道ならではでしょう。

今回造ったビールはBlack IPL。骨子は事前にメッセージでやり取りをし、当日は集合するなりマッシュインが始まりました。

当日の会議の議題は、主に使用するホップについて。
ホップを一つ一つ吟味しながら、味のイメージを合わせていきます。

酵母投入。ピルスナーから取ったラガー酵母を使いました。

EBAの目的と未来への展望

EBAは、たくさんのブルワリーが集まっていますが「コラボレーション」というよりは、技術交流が主な目的です。

いまブルワーの世代が変わろうとしています。1990年代の第1世代のブルワーは重鎮となり、今は第2世代のブルワーが中心となってムーブメントを起こしています。今回集まったブルワーはその次の世代です。

世代が移り行くときには、「世代の壁」がどうしても現れてしまうものです。クラフトビールは「自由なお酒」であるはずなのですが、上の世代の人にいろいろなこと(それこそ「小さなこと」など)を訊くのには遠慮が伴います。若い世代のブルワーは、他社のトップブルワーの方との交流はあっても、年齢差がありなかなか気軽に相談しづらいのが悩みです(それは読者の方のお仕事でもそうだと思いますが)。

しかし、近い年代同士であれば、いろいろなことを遠慮なく話せます。この日も多くのブルワーが熱心にメモを取りながら質問をし合っていました。あるいは日頃大変なブルワーの仕事についてとりとめのない会話をしながら、良い意味でのガス抜きをしている光景も見られました。

ブルワーの仕事は創意工夫と知識欲が重要なのですが、こうした機会でお互いが刺激し合うことでブラッシュアップが進んでいくのだと思いました。このアセンブルの成果は、きっと各社の未来のビールに反映されるでしょう。

北海道以外の地域でこのような試みが起きているか、残念ながら寡聞にして知りませんが、この規模で新世代のブルワー同士がアセンブルしたのはあまり例がないのではないかと思います。

商業的なコラボレーションとはまた別に、新しい世代のブルワーたちがブラッシュアップする機会を他地域でも起こしていけば、クラフトビールはもっと面白く、美味しくなると思います。

※今回のEBAのビールは、ノースアイランドビールより発売予定です。発売の際には、改めてレポートいたします。

Ezo Brewers Assembleニセコビールノースアイランドビール北海道大雪地ビール忽布古丹醸造月と太陽ブルーイング美深白樺ブルワリー鬼伝説
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている店舗のメニューや営業時間、イベント内容などの情報は予告なしに変更される場合があります。店舗のホームページやイベントの告知ページなどをご確認の上、ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

日本ビアジャーナリスト協会 公式facebookページ

公式facebookページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。よろしくお願いします!

この記事を書いたひと

坂巻 紀久雄

ビアジャーナリスト

東京都葛飾区出身。2000年に北海道札幌市へ移住。ビール専門店勤務で経験を積み、2013年にビールとモルトウイスキーの専門店「Maltheads(モルトヘッズ)」を開店。
札幌は、日本のビールの発祥地のひとつであり、「ビールの都」ドイツ・ミュンヘンと「ビール天国」アメリカ・ポートランドと姉妹都市でもある。そこを「日本のビールの首都」として盛り立てるべく奮闘中。
「サッポロ・クラフト・ビア・フォレスト」の実行委員でもあり、北海道でビールを盛り立てるための活動を積極的に行っている。ウイスキーの知識もあり「狸小路のマイケル・ジャクソン」を目指す。
びあけん1級(2013-14 2年連続合格)/日本地ビール協会(JCBA)認定ビアテイスター/ウイスキー検定2級

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちらよりお問い合わせください。

ストップ!20歳未満者の飲酒・飲酒運転。お酒は楽しく適量で。
妊娠中・授乳期の飲酒はやめましょう。