[コラム,ビアバー,ブルワー]2022.7.13

【南浦和・RE:BORN】『映画 翔んで埼玉』の名言「口が埼玉になる」を真面目にビールで考える⑥

南浦和に“日本一小さいブルワリー(?)”が誕生!

minamihara

AQUWA brew works

埼玉の中心地・浦和エリア初のブルワリーが誕生しました。
ブルワリーの名前は『AQUWA brew works』
『AQUWA brew works』は2020年11月7日にビアパブとしてオープン、今春からビール醸造を開始しています。
そして2022年7月8日、ついにファーストバッチがリリースされました。

minamihara

約1坪の醸造スペース

驚くべきは、その醸造所の大きさです。
そのスペース、実に約1坪
店内奥にあった4人掛けテーブル席、そのわずかなスペースが醸造所へと生まれ変わったのです。
私は、『AQUWA brew works』以上に小さなスペースで、ビールを造るブルワリーを知りません。
約1坪に収納された醸造設備は、洗練された機能美すら感じます。

『PRIMORDIAL cafe&craft beer』から続く“コミュニティー”

minamihara

PRIMORDIAL cafe&craft beer

『AQUWA brew works』のビールを飲む前に、『PRIMORDIAL cafe&craft beer』について触れておきましょう。
藤井健太さん(以下、藤井さん)が『PRIMORDIAL cafe&craft beer』をオープンしたのは2016年8月のことでした。
全国より厳選したクラフトビールと浅煎りのスペシャルティコーヒー、肉中心の上質な料理を提供するお店です。
駅から少し離れた場所ですが、固定ファンがつくのに時間はかかりませんでした。
ビールや料理、そして藤井さんを目当てに、日々たくさんの方々がお店を訪れます。
そして、『PRIMORDIAL cafe&craft beer』には、お店を中心とした“コミュニティー”が生まれました。

藤井さんの体調不良により、休業が増えたのは2019年夏のことでした。
同時に、「藤井さんが戻ってくるまで、『PRIMORDIAL cafe&craft beer』の灯は消さない!」と立ち上がった常連さんらボランティアによる営業が始まりました。
それぞれ別に仕事を持つ方々が、代わる代わるお店に立つ期間は、1年以上も続きます。
これほどまでファンに愛されるお店、強い“コミュニティー”を持つお店は、全国でもどれだけあるでしょう。
しかし、2020年8月13日、藤井さんは帰らぬ人となりました。
藤井さんは亡くなる直前まで、再び『PRIMORDIAL cafe&craft beer』に立つことを考えていたそうです。

2019年9月19日、『PRIMORDIAL cafe&craft beer』最後の営業日は、常設していた『京都醸造』タップテイクオーバーを行いました。
当日は『京都醸造』のベンさんも駆けつけました。
新型コロナウイルスの影響により、完全予約制での営業でしたが、お店の外にはテイクアウトのビールを求めて、多くのファンが集まりました。
みんな『PRIMORDIAL cafe&craft beer』ファン、藤井さんのファンの方々です。
そして皆さん、ビール片手に思い出話に花を咲かせていました。

「AQUWA」に込められた想い

minamihara

『AQUWA』のロゴに込められた想い

『AQUWA brew works』は、『PRIMORDIAL cafe&craft beer』があった場所を受け継ぎ、藤井さんが創り上げた“コミュニティー”を守り続けています。

「『AQUWA brew works』を通じて、人とも、ビールとも出会ってほしい。」

そんな想いが込められた店名「AQUWA」とは、「AQUA(水)」と「WA(人の輪)」を組み合わせた造語です。

お店のロゴは「泡」をイメージ。
『PRIMORDIAL cafe&craft beer』のロゴにも通じるストライプが印象的です。

上に登るほど大きくなっていく泡は「人の輪」、『PRIMORDIAL cafe&craft beer』から続く「人の輪」を、育て大きくしていく。

このデザインから、そういったメッセージを受け取った方は、私だけではないでしょう。

リリースされたファーストバッチとセカンドバッチ

minamihara

【∞ Pale Ale】(左)と【RE:BORN』(右)

【RE:BORN】

ファーストバッチは、王道のウエストコーストIPA。
ビアパブからブルワリーへと生まれ変わったことを意味する【RE:BORN】
ホップの苦味とアロマ、モルトの旨味を感じます。
ABV8%はそこまで感じさせず、雑味もなくスッキリと飲めるビールです。
ファーストバッチでこのバランスと満足感、恐れ入ります。
隣で飲んでいたビアギークが、「(良い意味で)可愛げがない。ファーストバッチはもう少しあれこれ言いたかった」と評していたのが印象的でした。

【∞ Pale Ale】

セカンドバッチはペールエール。
「何杯でも、無限に飲んでほしい」という意味を込めて、【∞ Pale Ale】と名付けました。
美しい銅色で、非常にモルティ。
どことなくアンバーエールにも近い印象を受けます。
コクがありまろやかではありますが、余韻はスッキリ。
ついつい2口目に手が伸びるその味わいは、まさに∞(無限)に飲んでいられそうですね。

minamihara

ファーストバッチを求めて、近隣のブルワリーからも続々と

『AQUWA brew works』の営業日は、毎週金曜日~月曜日の4日間。
ファーストバッチとセカンドバッチがリリースされた2022年7月8日~11日には、多くのファンがお店に駆けつけました。

気がつけば、店内のあちこちで近くで飲む人同士、ビール談議に花を咲かせています。
飲んでは話し、話しては飲む。
口がフル回転する楽しい時間でした。
ビアパブからブルワリーへと生まれ変わった『AQUWA brew works』では、どうやらすでに、人と人とが出会い、人の輪が広がっているようです。

【RE:BORN】は、「口が人の輪を広げていくビール」

minamihara

AQUWA brew works

『AQUWA brew works』のポリシーは、伝統的なビールをきっちり造ること、そして、革新的なビールを造ることの2つを両立すること。
伝統的なビール造りにこだわり頭が固くなることもなく、奇抜なビール造りに走り伝統を忘れることもない。
2つを両立することで、飲みにくる人たちに「新しいビールと出会えるワクワク感」を提供し続けます。
そして『AQUWA brew works』で人と人とが出会い、また新しい“コミュニティー”が生まれていくのです。

私は「口が埼玉になるビール」を探求している身です。
「口が埼玉になる」とは、2019年に大ヒットした『映画 翔んで埼玉』に登場する名言ですが、やはり今回もそこに触れないわけにはいきません。

【RE:BORN】はじめ、『AQUWA brew works』が造るビールは、「口が人の輪を広げていくビール」です。

『PRIMORDIAL cafe&craft beer』でビールを飲んだ人たちがそうであったように、『AQUWA brew works』が造るビールを飲み、語り合うことで「人の輪」は広がり続けます。
直近でリリース予定のボヘミアンピルスナー、セッションヘイジーIPAも楽しみにしています。

 

【店舗情報】

AQUWA brew works

住所:埼玉県さいたま市南区南浦和3-3-15 1F

営業時間:月曜日、金曜日 16:00~22:00

土曜日、日曜日 14:00~21:00

定休日:火曜日~木曜日

公式Facebook

公式Twitter

公式Instagram

AQUWA brew worksPRIMORDIAL cafe&craft beerRE:BORN∞ Pale Aleコミュニティーファーストバッチ口が埼玉になるビール翔んで埼玉
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている内容は取材当時の最新情報です。情報は取材先の都合で、予告なしに変更される場合がありますのでくれぐれも最新情報をご確認いただきますようお願い申し上げます。

(一社)日本ビアジャーナリスト協会 発信メディア一覧

この記事を書いたひと

南原 卓也

ビアジャーナリスト/樽生アドバイザー

「今日1日をどう生きれば、より美味いビールが飲めるか?」

こんなことを考えながら毎日生きてます(飲んでます)。

埼玉県にある“日本一小さい市”で生まれ育った男が、飲食店の樽生ビールの品質を上げる仕事、飲食店にビールを卸す仕事を経て、ビールを伝えるビアジャーナリストになりました。

「醸造家がビールを醸造し、ビールの注ぎ手がビールを完成させる。そしてビアジャーナリストがビールを伝える。」
をモットーとして、“美味いビールが飲める環境”や“ビールとコミュニケーション”を追求していきます!

今日も美味いビールを飲めましょう!
乾杯!

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちらよりお問い合わせください。

ストップ!20歳未満者の飲酒・飲酒運転。お酒は楽しく適量で。
妊娠中・授乳期の飲酒はやめましょう。