[テイスティング]2014.5.16

ビアポエム(8)ブンマイエ 8wired

ビールの歴史が始まって以来、世界の中でビールの代表地域といえばヨーロッパでした。チェコ、ドイツ、イギリス、ベルギー。しかし最近になって、イタリアやデンマーク、フランスなどヨーロッパの中でもビール大国と思われていなかった国や、はたまた、ヨーロッパでない国(もちろん日本も含めて)のビールがだんだん進化してきているようです。

今回は、ニュージーランドのビールの紹介です。

BUMAYE

BUMAYE


ブンマイエ 8wired

8wiredは、ニュージーランド南島ブレナムに拠点を置くブルワリーです。とはいってもこの醸造所、自分自身の醸造施設を持っている訳ではありません。レシピや醸造作業は自身で行いますが、醸造設備は他の醸造所のものを借りてビールを造っています。こういったブルワリーはファントム・ブルワリーとも呼ばれています。有名なのは、デンマークのミッケラーですね。低コストで醸造を始められるので、近年はこういった造りかたをよく聞くようになりました。
8wiredは2011年にニュージーランドでNo.1ブルワリー(NEW ZEALAND CHAMPION BREWERY)となり、最近ではスコットランドのブルードッグとのコラボ(Dog Wired)など、目覚ましい活躍ぶりです。

さて、今回のビール、実はアルコールが16%もある超高アルコールビールです。
気合いを入れて、いざ飲んでみます。

・・・tasting
開栓し、グラスに注ぐそばから芳香が漂う。その香りはブランデーのよう。泡立ちは皆無。ビターチョコ、ブランデー、濃縮したブドウ、そんな香りに包まれながら飲む。舌触りこそさらりとしているが、味わいは濃厚。インペリアルスタウトらしい強いロースト感がおそってくる。それだけではない。ピノ・ノワールの樽で寝かせただけあって、ウッディでタンニンを感じさせる渋みがガツンとくる。もはやビールを飲んだときの余韻ではない。これはワインや蒸留酒を飲んだときの焼ける味、それが舌を刺激する。ニュージーランドからやってきた、強気な小瓶。

私はこの330mlを飲み終えるのに1時間以上かかりました。寝る前にちょっと1杯のつもりでいると寝られなくなってしまいます。ゆったりとした1日の終わりに映画でも鑑賞しながら飲むのはいかがでしょうか。ちなみに、ブンマイエという名称は、往年のボクサー、モハメド・アリとジョージ・フォアマンの試合の際、現地ザイール(当時)の人々がアリを応援する掛け声の、「アリ、ブンマイエ!」から名付けたそうです。穏やかな訳でいうと、「アリ、やっちまえ!」といったところでしょうか。どうぞ、危険なビールにノックアウトされないように。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている店舗のメニューや営業時間、イベント内容などの情報は予告なしに変更される場合があります。店舗のホームページやイベントの告知ページなどをご確認の上、ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

日本ビアジャーナリスト協会 公式facebookページ

公式facebookページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。よろしくお願いします!

02004ニシバヤシ タツマ

この記事を書いたひと

ニシバヤシ タツマ

ビアジャーナリスト/びあけん1級(2013,2015)

大学時代に自転車旅行でビールのうまさを知る。ほどなくしてベルギービールにカルチャーショックを受け、 世界のビールの虜に。ビールは大人の趣味の1つ。その一期一会を記事やビアポエムとして伝えていきたい。

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちらよりお問い合わせください。