[テイスティング]2014.5.21

陽気な海賊たちのラム入りビール―ビアレポート(97)

ベルギー

以前にも書いた通り、音楽には疎い私です。

最近、某人気デュオが話題になってしまいましたが、その絶頂期の頃でもあまり興味はありませんでした。それが海外の音楽となったらなおさらです。

さて、今回はベルギーのシリー醸造所「クリュトネール」です。

Cré Tonnerre

Cré Tonnerre

このビールもジャケ買い。なにやら『聖☆おにいさん』を思わせるようなイラストがラベルに描かれています。調べてみると、どうやらベルギーの音楽グループのようです。その名もビールと同じ「Cré Tonnerre」。このグループのポスターなどにもこのテイストのイラストが使われているので、恐らく間違いないでしょう。そのメンバーをマンガチックなイラストに仕立て上げています。このグループについては、英語で書かれた情報があまり出てこないので、もしかしたら世界的には有名ではないのかもしれません。

由来はわかりませんが、このグループは見ての通り海賊風の出で立ち。それをイメージしたからか、この「クリュトネール」には二次発酵前にラムを入れています。海賊といえばラム、というのは全世界共通のイメージなのでしょうか。グラスに注ぐと泡がこんもり。泡持ちもいいです。口に含むと、糖類とラムを入れているせいか甘味を感じます。アルコール度数は7%ですが、アルコール感はあまり感じずに飲めるビールです。

このグループの音楽はどんなものなのか、MP3販売サイトで視聴してみたのですが、なかなか陽気な感じの曲でした。音楽に疎いのでそんな表現しかできませんが…。興味のある方は飲みながら聴いてみては。

【BEER DATA】
クリュトネール
生産地:ベルギー
醸造所:シリー醸造所
スタイル:ブロンドエール
アルコール度数:7%

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている店舗のメニューや営業時間、イベント内容などの情報は予告なしに変更される場合があります。店舗のホームページやイベントの告知ページなどをご確認の上、ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

日本ビアジャーナリスト協会 公式facebookページ

公式facebookページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。よろしくお願いします!

01004富江弘幸

この記事を書いたひと

富江 弘幸

ビアライター

1975年東京生まれ。法政大学社会学部社会学科卒業。卒業後は出版社・編集プロダクションでライター・編集者として雑誌・書籍の制作に携わる。その後、中国留学を経て、新聞社勤務。現在は日本ビアジャーナリスト協会ウェブサイトや『ビール王国』などで記事を執筆するほか、ビアジャーナリストアカデミーの講師も務める。
著書:BEER CALENDAR』(ワイン王国)
連載:あなたのしらない、おいしいビール』(cakes)
執筆:ビール王国』(ワイン王国)、『日本のクラフトビール図鑑』『ビールの図鑑』(マイナビ)、『東京人』(都市出版)など

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちらよりお問い合わせください。