[テイスティング]2014.7.13

柑橘系のフルーツビール「アグランボック」―ビアレポート(103)

フルーツビールベルギー

サッカーにはうとい私です。

詳しくはないですが、ワールドカップの結果だけはチェックしています。誰かに会った時に「ネイマールが骨折したのは痛いですよね〜」なんて言いたいだけで、試合は一切見ていません。で、今回は、ワールドカップ準決勝でオレンジ軍団がアルゼンチンに負けた日に飲んだ、オレンジっぽいビールをご紹介。

ベルギーのデュ・ボック醸造所「アグランボック」です。

Agrumbocq

Agrumbocq

これは以前ご紹介した「アップルボック」のシリーズで、チェリーやストロベリー、プラムを使った「レッドボック」に続くフルーツビールです。「アップルボック」「レッドボック」同様、ベルジャン・ホワイトをベースにしています。

アップルやレッドはそのままでも意味はわかりますが、「アグラン」とは何なのか。バックラベルを見ても説明は書いていなかったので、「agrum 意味」などの検索ワードで調べてみました。が、英語・フランス語の辞書にも載っていないようでまったく意味がわからず。

しかし、なかなか優秀なのがGoogle先生。「もしかして: agrumes 意味」と提案してくれるではないですか。どうやらフランス語で、正確には「agrume」という綴りのようです。辞書で調べてみると、意味は「柑橘類」。もちろん、意味はなんとなくわかってはいましたが、なんだかすっきりした気分。

栓を開けてグラスに注ぐと、柑橘の香りというよりもその柑橘類の葉のような香り。アメリカンホップから感じるような柑橘系の香りではありません。飲んでみると柑橘類の果汁にもう少し甘味を加えた味わいでカクテルを飲んでいるような印象。フレーバーも柑橘類の葉のような香りがあり、甘味のあるボディのアクセントになっています。

アルコール度数は3.1%と軽め。すっきり飲むにはよく冷やすといいかもしれません。夏って感じのビールですね。

【BEER DATA】
アグランボック
生産地:ベルギー
醸造所:デュ・ボック
スタイル:フルーツビール
アルコール度数:3.1%

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている店舗のメニューや営業時間、イベント内容などの情報は予告なしに変更される場合があります。店舗のホームページやイベントの告知ページなどをご確認の上、ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

日本ビアジャーナリスト協会 公式facebookページ

公式facebookページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。よろしくお願いします!

01004富江弘幸

この記事を書いたひと

富江 弘幸

ビアライター

1975年東京生まれ。法政大学社会学部社会学科卒業。卒業後は出版社・編集プロダクションでライター・編集者として雑誌・書籍の制作に携わる。その後、中国留学を経て、新聞社勤務。現在は日本ビアジャーナリスト協会ウェブサイトや『ビール王国』などで記事を執筆するほか、ビアジャーナリストアカデミーの講師も務める。
著書:BEER CALENDAR』(ワイン王国)
連載:あなたのしらない、おいしいビール』(cakes)
執筆:ビール王国』(ワイン王国)、『日本のクラフトビール図鑑』『ビールの図鑑』(マイナビ)、『東京人』(都市出版)など

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちらよりお問い合わせください。