[コラム]2015.3.25

ビールのネタ帳(6)ハムラビ王のビール

ビール王国

知って飲めばますます美味しいビールのあれこれ。
パブで披露すれば今宵の主役はあなた!?
雑誌「ビール王国」から、ビールの小ネタをえり抜きでお送りします。

ハムラビ王のビール

「目には目を、歯に歯を」で知られるハムラビ法典は、
いまから3800年ほど昔にメソポタミアのハムラビ王が発布した法律です。
(研究が進んで、もう「世界最古の法律」とは言えないって知っていました?)

なかにはビールに関する法律がありました。
そんな昔からビールが存在したのも驚きですが、恐ろしいのはその刑罰。

ビールを水増ししたり、代金を麦ではなく銀で受け取ったら、水に投げ込まれる。
犯罪者を店でかくまえば、死罪。
尼僧がビール屋を経営したり立ち寄ったりしたら、火あぶりの刑、などなど。

恐ろしくて違反する気にもなれません。

そんなメソポタミアでは、ビールは長いストローで飲まれていました。
液面や底にたまる穀皮などの不純物を避けて、中ほどの汁を吸っている絵が残されています。

「パブで絶対にウケる! ビールのネタ帳」は雑誌「ビール王国」に掲載。
バックナンバーはこちらから購入できます。
         ↓↓↓

Fujisan.co.jo 「ビール王国」
楽天ブックス「ビール王国」
AMAZON「ビール王国」
ステレオサウンド「ビール王国」

取材風景やこぼれ話はフェイスブックでもご覧になれます。

ブルーモニュメント2
大英博物館に収められた「ブルーモニュメント」
当時の醸造の方法が楔形文字で記されている

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている店舗のメニューや営業時間、イベント内容などの情報は予告なしに変更される場合があります。店舗のホームページやイベントの告知ページなどをご確認の上、ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

日本ビアジャーナリスト協会 公式facebookページ

公式facebookページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。よろしくお願いします!

01001コウゴアヤコ

この記事を書いたひと

コウゴ アヤコ

ビアジャーナリスト

1978年東京生まれ。杏林大学保健学部卒業。
ビール好きが高じて2008年から1年半、ミュンヘンで暮らす。旅とビールを組み合わせた「旅ール(タビール)」をライフワークに世界各国の醸造所や酒場を旅する。ビアジャーナリストとして雑誌『ビール王国』、海外生活情報誌『ドイツニュースダイジェスト』など様々なメディアで執筆。『ビールの図鑑』『クラフトビールの図鑑』(マイナビ)、『極上のビールが飲める120店』(エンターブレイン)など。

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちらよりお問い合わせください。