[テイスティング]2015.6.13

「ごてんばこしひかり」を使ったラガー―ビアレポート(116)

米好きの私です。

「好きな食べ物は何ですか?」と聞かれて、「米!」と即答するくらいの米好きです。といっても、銘柄の特徴や違いを知っているわけではなく、ただ漠然と好きというだけ。子どもの頃から田舎のうまい米を食べていた自負はあるのですが。

ビールでも米は原料になります。「アサヒスーパードライ」をはじめ、多くのビールで米が原料として使用されています。今回ご紹介するビールは、御殿場高原ビールの「御殿場コシヒカリラガー」。

御殿場コシヒカリラガー

御殿場コシヒカリラガー

「御殿場コシヒカリラガー」の名前は、御殿場高原ビールがコシヒカリを使って造るビールだから、ということだけでなく、「ごてんばこしひかり」というブランド米を使っていることもあります。

コシヒカリといえば新潟、という印象がありますが、「ごてんばこしひかり」もなかなかの実力派。「お米日本一コンテスト」をはじめとするコンクールで数多く受賞しています。「米-1グランプリ」なるコンテストもあるようで(ちなみに読みは「こめわん」ではなく「べいわん」)。特徴は、米ぬかを使って土作りをしているということ。これによって、数値には現れない味の力強さが期待できるそうです。

その「ごてんばこしひかり」を使った「御殿場コシヒカリラガー」を飲んでみると、ホップのフラワリーな香りの後に、麦と米の甘味、軽い酸味が現れます。鼻からは米の風味が抜け、舌の上には甘味とホップの苦味。後味すっきり。

シメには「ごてんばこしひかり」のおにぎりでも食べたいところですが、それはまたの機会に。

【BEER DATA】
御殿場コシヒカリラガー
生産地:日本
醸造所:御殿場高原ビール
スタイル:ラガー
アルコール度数:5.5%

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている店舗のメニューや営業時間、イベント内容などの情報は予告なしに変更される場合があります。店舗のホームページやイベントの告知ページなどをご確認の上、ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

日本ビアジャーナリスト協会 公式facebookページ

公式facebookページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。よろしくお願いします!

01004富江弘幸

この記事を書いたひと

富江 弘幸

ビアライター

1975年東京生まれ。法政大学社会学部社会学科卒業。卒業後は出版社・編集プロダクションでライター・編集者として雑誌・書籍の制作に携わる。その後、中国留学を経て、新聞社勤務。現在は日本ビアジャーナリスト協会ウェブサイトや『ビール王国』などで記事を執筆するほか、ビアジャーナリストアカデミーの講師も務める。
著書:BEER CALENDAR』(ワイン王国)
連載:あなたのしらない、おいしいビール』(cakes)
執筆:ビール王国』(ワイン王国)、『日本のクラフトビール図鑑』『ビールの図鑑』(マイナビ)、『東京人』(都市出版)など

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちらよりお問い合わせください。