[ビアバー]2015.11.25

ビア女の酒場放浪記(15)鹿児島県の「焼酎とお食事処 伝兵衛」で伝兵衛ビール

ケルシュ伝兵衛ビール濱田酒造

旅行や取材で色んな街に行きその土地のビールを飲んでいると、
大して期待していなかったのに、
実はとてもおいしかったというビールに出会えたりします。

そんなビールを見つけた時は人に言いたくてたまりません。
まだあまり知られていない醸造所のビールならなおのこと、自慢したくなります。

というわけで自慢させてください。

伝兵衛ビール

鹿児島いちき串木野市にある薩州濱田酒造が造るビールです。
「隠し蔵」「海童」 などで知られる焼酎蔵。

いちき串木野市は、3万人余りの街に6社8蔵の焼酎蔵は腕を競う焼酎の街。
海・川・山の豊かな自然に恵まれ、マグロ遠洋漁協の母港、さつま揚げ発祥の地、畜産やポンカンなどの農産物が豊富な食の街でもあります。

IMG_7211
焼酎蔵は9:00から17:00まで見学自由。水曜日はお休みです。

IMG_7186
見学のあとは、「焼酎とお食事処 伝兵衛」へ。
ビール醸造所はその裏手にあります。

IMG_7191
そこで飲んだケルシュ「伝兵衛BEER」のうまいこと!
クリアな黄金色、シャンパンのような華やかな香り、後から来るノーブルなホップの苦味。
文句の付けようのないおいしさでした。

期間限定の「伝兵衛BLACK」は色から連想されるような重さはなく、焦がしたモルトの苦味とホップの清々しい苦味が調和していました。

同じく期間限定の「伝兵衛完熟梅発泡酒 」は完熟梅ピューレを使用し、甘酸っぱくすっきりとした味わい。

もう伝兵衛の虜になってしまい、何杯もお代わりをしてしまいました。
さらにお店の方にお願いして醸造者に会わせてもらったほど。(図々しい)

「完璧には品質が安定しないんですよ。まだまだです。」と謙虚にお話しされましたが、私の舌は感動させられました。
本格焼酎造りで培われた杜氏たちの技術がつまっています。

伝兵衛
まだあまり知られていない伝兵衛ですが2015年4月にボトルがリニューアルされ、販路を広げていくそうなのでこれから人気が出るかもしれません。。

とは言っても現地で飲むのが一番おいしいんだろうな。
是非「焼酎とお食事処 伝兵衛」に足を運んで、感動してください。

「焼酎とお食事処 伝兵衛」
住所/鹿児島県いちき串木野市湊町4丁目1番地
営業時間/ ランチ11:00~15:00
ディナー(予約のみ)18:30~22:00
定休日/水曜日
http://www.hamadasyuzou.co.jp/denbee/facilities.html

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている店舗のメニューや営業時間、イベント内容などの情報は予告なしに変更される場合があります。店舗のホームページやイベントの告知ページなどをご確認の上、ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

日本ビアジャーナリスト協会 公式facebookページ

公式facebookページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。よろしくお願いします!

01001コウゴアヤコ

この記事を書いたひと

コウゴ アヤコ

ビアジャーナリスト

1978年東京生まれ。杏林大学保健学部卒業。
ビール好きが高じて2008年から1年半、ミュンヘンで暮らす。旅とビールを組み合わせた「旅ール(タビール)」をライフワークに世界各国の醸造所や酒場を旅する。ビアジャーナリストとして雑誌『ビール王国』、海外生活情報誌『ドイツニュースダイジェスト』など様々なメディアで執筆。『ビールの図鑑』『クラフトビールの図鑑』(マイナビ)、『極上のビールが飲める120店』(エンターブレイン)など。

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちらよりお問い合わせください。