[ビアバー]2015.8.19

ビア女の酒場放浪記(7)Spitalgarten

ビア女レーゲンスブルク旅ール養老院

飲むこと食べること楽しいこと大好きなビア女が
あっちこっち飲み歩いて気に入ったお店を勝手にレポートしています。

P1010049
旧市街地が世界遺産にも登録されているドイツのレーゲンスブルク。
ドナウ河畔の美しい街です。ローマ時代から交通の要所として栄えていました。

そんな歴史のある街で、歴史を感じさせてくれるビールがあります。
ドナウ川に架かる世界最古の石橋(Steinerne Brucke)をわたり、ドナウの中州にあるSpitalgartenです。

聖カタリーナ施療院が造るビールです。
施療院は1220年に司教とレーゲンスブルク市民によって生まれ、以降800年近くもの間、年老いた市民のケアを行ってきました。
日本風にいうなら、教会が運営する養護老人ホームで造られるビール。
世界最古の養老院付属醸造所と言われています。
教会が病院やビール醸造を行うのはヨーロッパではごく当たり前ですが、
現在でも療養施設とビール醸造を同時に行っているなんてワクワクしませんか?

IMG_8589

この老人ホームに入居されている方は1日に2本までビールが支給されるそうです。
うらやましい老後だわ!
IMG_8622
ドナウ川のほとりでビールが造られ、その場所がビアガーデンとクナイペ(酒場)になっています。
対岸の世界遺産に認定された街を眺めながら、出来立てのビールで乾杯!
至福の時間です。
これまで何人もの旅人が、ご老人がこの景色を見ていいたのでしょうか。

IMG_8606
定番はピルス、ヘレス、ヴァイツェン、デュンケル、など6種類。
シーズナルでペールエールやチョコレートスタウトのような、今までドイツになかったスタイルのビールも造っています。
基礎がしっかりとしているからか、他国のスタイルのビールも美味しいのでしょうか。

平日にもかかわらず夕刻には沢山の地元のお客さんで席はいっぱいになりました。

ドナウ河畔の世界遺産を眺めながら、世界最古の養老院付属醸造所のビールを飲む。
悠久の時の中では自分の存在も悩み事もちっぽけだ、そう思わせてくれるビアガーデンです。

住所/ St. Katharinen-Platz 1, Regensburg, Bavaria, Germany
Web/ http://www.spitalgarten.de/

(2015年 8月訪問)
☆内容は変更になっていることがあります。
ホームページ等でご確認の上、お出かけくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている店舗のメニューや営業時間、イベント内容などの情報は予告なしに変更される場合があります。店舗のホームページやイベントの告知ページなどをご確認の上、ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

日本ビアジャーナリスト協会 公式facebookページ

公式facebookページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。よろしくお願いします!

01001コウゴアヤコ

この記事を書いたひと

コウゴ アヤコ

ビアジャーナリスト

1978年東京生まれ。杏林大学保健学部卒業。
ビール好きが高じて2008年から1年半、ミュンヘンで暮らす。旅とビールを組み合わせた「旅ール(タビール)」をライフワークに世界各国の醸造所や酒場を旅する。ビアジャーナリストとして雑誌『ビール王国』、海外生活情報誌『ドイツニュースダイジェスト』など様々なメディアで執筆。『ビールの図鑑』『クラフトビールの図鑑』(マイナビ)、『極上のビールが飲める120店』(エンターブレイン)など。

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちらよりお問い合わせください。