[ビアバー]2015.10.12

ビア女の酒場放浪記(11)Hofbrauhause München(ホフブロイハウス ミュンヘン)

ビア女ホフブロイミュンヘン酒場放浪記

飲むこと食べること楽しいこと大好きなビア女が
あっちこっち飲み歩いて気に入ったお店を勝手に紹介しています。

ドイツビール好きの私です。

どれくらい好きかと言うと、何の当てもないのに仕事を辞めて1年半ドイツに住んでしまうくらい好きです。
相手が人間だったら完全に「おまえ重いねん」と夜の街に捨てられるパターンですね。

ビールを飲むためにドイツに渡った私ですが、結局のところ就いた仕事はワインの販売。
おかげでビールをワイングラスに注いで光に透かして見たり、ずずっと液をすする小難しいビア女になってしまいました。

しかしドイツビールとは相思相愛の仲と自負しております。

そんな私が、日本から友達が来たら必ず連れて行っていたビアホールがあります。

ホフブロイハウス ミュンヘンHofbrauhause München
ミュンヘンの中心部にある歴史的なビアホールです。
観光地化していると言う人もいますが、骨太な威厳を持ち今なお伝統が受け継がれている生きたビールの歴史です。

IMG_7940

創業は1589年。
当時のバイエルン王ヴェルヘルム5世の宮廷醸造所として誕生しました。
そのころの日本は豊臣秀吉の安土桃山文化が真っ盛り。
そんな昔から、ミュンヘンのビール文化を牽引し続けているんです。
1920年にはアドルフ・ヒトラーがホフブロイハウスの上の階にあるフェストザール(祝典の間)で大集会を行い、ナチスの旗揚げになったことも有名。

大人数を収容できるビアホールは、政治の場としても利用されてきたんです。
ドイツの歴史本を読んでいると、度々ビアホールが重要な局面で登場します。

(ドイツでヒトラーの話をしてはいけませんよ。今でもとてもセンシティブな問題なんです。外国人同士で話題にするときは「名前を呼んではならないあの人」とか「ヒーさん」と言います。)

でも、躊躇することはありません。店内へ進みましょう。
ビアホールの中央には音楽隊のための小さな舞台があり、管楽器の賑やかに民族音楽を演奏しています。
その周りを観光客が囲みます。

IMG_7984

踊りだしたくなるようなテンポの良い音楽にみなご機嫌で、音楽に合わせて肩をゆすったり、グラスを掲げたり、中には踊りだす人も。
乾杯の音楽がかかれば、みんなで大合唱。
毎日がオクトーバーフェストのよう。
いろんな国の言葉の「乾杯」が聞かれるあたり、やはり観光地です。

IMG_7973

一方、ホールの入口付近の席では、常連客が陶器のジョッキを手に、強いバイエルン訛でおしゃべりをしています。
お祭りでもないのに、民族衣装である皮の短ズボンに、大きな羽を付けた帽子をかぶっている人たち。
伝統の中心にいるのはこの常連さんたちです。

常連さんは、自分のジョッキを店に預けることができるんです。

IMG_4915
棚にずらりと並ぶジョッキ。
自分で鍵を開けジョッキを取り出して、ウエイトレス・ウエイターさんに渡すシステム。

ミュンヘンに生まれた男性にとって、この店に自分のジョッキを置けることは誇りなんだとか。
知り合いのドイツ人のジョッキはお爺さんの代から伝わるもので、亀裂が入っても修復して大切に使っていました。

新たに常連客になるには、顔の効く常連からの推薦が必要で、審査や順番待ちがあるためなかなか常連にはなれません。
常連になれば、ジョッキを預けるスペースと顔写真付きの会員カードがもらえ、どんなに店が混んでいようと優先的に中に入ることができます。

看板下がっているテーブル席は常連さんのグループ席。
空いていれば誰でも座ってよいのですが、常連グループが来たら席を移動するルールです。

「一番の特権はね、自分の家のようにビールを飲むことができることだよ」と教えてくれた常連のオジサマ。
いつでも好きな時間に行けて、誰かしら知り合いがいて、自分のジョッキでおいしいビールが飲めるなんて、うらやましい限りです。
仕事以外の付き合いがいつまでも続いているって素敵ですよね。

(え? 写真を見せろですって?
「自分の家」にいる人に、写真を撮らして欲しいなんて言えませんよ)

ここ以外にも、Max-Weber Platzという住宅地にホフブロイケラーがあります。
以前はそこでビールを貯蔵していたのですが、現在はビアホールとビアガーデンになっています。
ここも古き良き常連のたまり場。観光客はほとんどいません。
昼間に行くとビールを飲みながらカードやボードゲームに熱中するオジサマたちに会えます。
夏にはビアガーデンがオープンし、家族連れで賑わっています。

ああ、またホフブロイに行きたくなってしまいました。
伝統的な雰囲気の中でビールが飲みたい。それも伝統的な1リットルジョッキで。

次回はホフブロイハウスのとっておきビールをご紹介しますね。

ホフブロイハウス ミュンヘンHofbrauhause München
住所/Platzl 9, München ドイツ
営業時間/9:00~23:30
http://www.hofbraeuhaus.de/

ホフブロイケラー Hofbraeukeller
住所/Inner Wiener Str 19, München ドイツ
(Uバーン4、5「Max-Weber Platz」下車。徒歩3分)
営業時間/10:00~24:00
http://www.hofbraeukeller.de/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている店舗のメニューや営業時間、イベント内容などの情報は予告なしに変更される場合があります。店舗のホームページやイベントの告知ページなどをご確認の上、ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

日本ビアジャーナリスト協会 公式facebookページ

公式facebookページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。よろしくお願いします!

01001コウゴアヤコ

この記事を書いたひと

コウゴ アヤコ

ビアジャーナリスト

1978年東京生まれ。杏林大学保健学部卒業。
ビール好きが高じて2008年から1年半、ミュンヘンで暮らす。旅とビールを組み合わせた「旅ール(タビール)」をライフワークに世界各国の醸造所や酒場を旅する。ビアジャーナリストとして雑誌『ビール王国』、海外生活情報誌『ドイツニュースダイジェスト』など様々なメディアで執筆。『ビールの図鑑』『クラフトビールの図鑑』(マイナビ)、『極上のビールが飲める120店』(エンターブレイン)など。

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちらよりお問い合わせください。