[イベント,ブルワー]2016.9.9

来春醸造開始予定のCARVAAN BREWERYのビールが先行で飲める! カールヴァーン・ブルワリーオクトーバーフェストIN飯能河原

CARVAAN BREWERYカールヴァーン・ブルワリーオクトーバーフェストIN飯能河原埼玉県飯能市

来春、埼玉県飯能市に新たに誕生予定のCARVAAN BREWERYが9/17(土)~19(月・祝)、飯能河原にてオクトーバーフェストを開催します。このイベントでは、CARVAAN BREWERYの限定ビールを先行して飲むことができます。

新しい価値や機会の生まれる空間を目指す!

CARVAAN(カールヴァーン)。これはペルシャ語で「隊商」を表すKARVAANという語から名付けられました。古の隊商は遥か遠くのBAZAAR(バザール)をひたすら目指して命がけの旅を続けていました。そして、辿り着いた土地には、未知の物、異文化、活気と妖しさに満ち溢れて、限りなく魅力的であったと言います。

CARVAANは、そんな冒険心と多様性に富んだブルワリーを目指しています。

ブルワリーに併設するレストランは、「新しい価値や機会の生まれる空間」をキーワードに、世界中から集めた食材と飯能産のホップや大麦を使ったクラフトビール、世界のエキゾチックなスパイスを使ったストーブ料理を提供する予定です。客席からは飯能河原の断崖より豊かな自然を望むことができるそうです。

先行ビールは「アラビアン・ライム・エール」!

今回、提供予定のビールはアラビア産ライムピールを使用したゴールデンエールです。「特徴はモルトによるしっかりとしたボディとライムピールの爽やかさのバランスが冴えたビールです。ホップはオーストラリア産のHelgaとMosaicを使用。柑橘系の豊かなアロマが香ります。今回はこのビールを1500杯限定で提供する予定です」と、ブルワーの伊藤謙二氏は仕込み第1弾のビールについて話します。

醸造を担当するのは伊藤謙二氏。彼がこれからどんなビールを造っていくのか今から楽しみだ!

醸造を担当するのは伊藤謙二氏。彼がこれからどんなビールを造っていくのか今から楽しみだ!【写真は伊藤氏より提供】

この他に今年収穫した飯能産のホップや自社製パンを使用したフードが提供される予定です。ビールに合わせて開発されたスパイスの効いたファストフードとのことです。

地元に愛されることを目指したイベントに!

ネーミングこそオクトーバーフェストとなっていますが、今回は単独での開催となっています。これはプロジェクトが地域振興の一環で行われるからです。CARVAAN BREWERYは地元に愛され、支持される事業を目指しています。このことに重きをおいているため、あえて単独開催にこだわることにしたそうです。

会場は入間川沿いの自然豊かな河原だ。自然に囲まれながら飲むビールは最高に違いない!

会場は入間川沿いの自然豊かな河原だ。自然に囲まれながら飲むビールは最高に違いない!【写真はCARVAAN BREWERY提供】

地元に愛されることを目指して活動をされていますが、目標は高く、「飯能から世界に発信するクラフトビールをつくる」ことだと言います。

渋谷ヒカリエ、新宿ルミネなどに直営店FAR EAST BAZAARを展開する、株式会社 FAR EASTが飯能の地に設立する新たなブルワリー、CARVAAN BREWERY。その歴史の第1歩を確かめに9/17(土)~19(月)の3日間はこちらのイベントに足を運んでみてはいかがでしょうか。

 

◆カールヴァーン・ブルワリーオクトーバーフェストIN飯能河原 Data

日時:9月17(土)・18(日)・19(月・祝)の3日間

時間:11:00~20:30(最終日は19:00終了)

場所:飯能河原ウッドデッキエリア

主催:株式会社 FAR EAST

お問い合わせ:042-973-2060

アクセス:西武池袋線飯能駅北口徒歩14分、飯能駅より国際興業バス「飯能河原」下車1分

14138166_1274848372525169_6918393561291364100_o

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている店舗のメニューや営業時間、イベント内容などの情報は予告なしに変更される場合があります。店舗のホームページやイベントの告知ページなどをご確認の上、ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

日本ビアジャーナリスト協会 公式facebookページ

公式facebookページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。よろしくお願いします!

05007木暮 亮

この記事を書いたひと

木暮 亮

ビアジャーナリスト

『日本にも美味しいビールがたくさんある!』をモットーに応援活動を行っている。実際に現地へ足を運び、ビールの味だけではなく、ブルワーのビールへの想いを聴き、伝えている。飲んだ日本のビールは2000種類以上。また、ビールイベントにてブルワリーのサポート活動にも積極的に参加し、ジャーナリストの立場以外からもビール業界を応援している。

当HPにて、「ブルワリーレポート」、「うちの逸品いかがですか?」、「Beerに惹かれたものたち」、「ビール誕生秘話」、「飲める!買える!酒屋さんを巡って」などを連載中。

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちらよりお問い合わせください。