[ビアバー]2016.9.8

ビア女の酒場放浪記(28)ミュンヘン空港内のブルーパブ「エアブロイ(Airbräu)」

エアブロイミュンヘン空港

ドイツビールが好きでたまらないコウゴです。
今年もまたミュンヘンの酒場を放浪してきました。

ミュンヘンは言わずと知れたビールの都。
特別なことがなくても市民にとってビールは生活の一部です。

羽田空港から直通便で12時間。
映画を見て、ビールを飲んで、一眠りしてもまだ着かないくらいのロングフライト。
空港に降り立ち、こわばった身体をググッと伸ばしたら早速ビールが欲しくなりますよね。

ミュンヘン空港は世界で唯一、空港内に醸造所とビアガーデンがあります。
それが「エアブロイ(Airbräu)」です。

IMG_5106-1
場所はターミナル1と2をつなぐ広場。
青と白のポール(マイバウム)が立ち、こんなに素敵なビアガーデン。

IMG_1638-1
店内にはピカピカの醸造釜があり、その周辺をテーブル席が配置されています。
釜はディスプレイではなく、実際に稼働しています。
醸造中は麦芽の甘い香りと熱気が店内に広がります。

IMG_1635
奥には熟成のためのタンクが。
空港内とは思えないほどの立派な設備です。

さあ、出来立てのビールをいただきましょう。

IMG_79031
常時造られているのは、FliegerQuell(ヘレス)とKumulus(ヴァイスビア)、Jetstream(ピルスナー)の3種類。
これにシーズンビールが加わります。

ビールはすべて無濾過。
酵母がそのまま入っているから、白濁しています。ジューシーで味わい深い。
ヘレスは2010年にDLG(ドイツ農業協会の品質コンテスト)でゴールドメダルを取ったほどの実力派です。

フードはドイツの伝統的な料理が楽しめます。
空港でお腹を満たしてから市内に向かうのもいいですね。

日本へのフライトが離発着するターミナル2にはAirbräu -NEXT TO HEAVEN(エアブロイ―ネクスト トゥ ヘブン)が。
帰りの搭乗を待つわずかな時間でも飲むことができます。
最後まで私たちビールファンの心を離しません。
(ビールに夢中になって乗り損ねるなんてことありませんように!)

ドイツらしい、おもてなしですよね。
ミュンヘン旅行の際には、ぜひお立ち寄りください。

Airbräu
所在地: ミュンヘン空港ターミナルテラス(Terminalstrasse Mitte 18, Muenchen-Flughafen)
営業時間: 8:00~25:00
http://www.munich-airport.de/

Airbräu – next to heaven
所在地: ターミナル2 5F出発レベル
営業時間: 7:00~21:00

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている店舗のメニューや営業時間、イベント内容などの情報は予告なしに変更される場合があります。店舗のホームページやイベントの告知ページなどをご確認の上、ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

日本ビアジャーナリスト協会 公式facebookページ

公式facebookページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。よろしくお願いします!

01001コウゴアヤコ

この記事を書いたひと

コウゴ アヤコ

ビアジャーナリスト

1978年東京生まれ。杏林大学保健学部卒業。
ビール好きが高じて2008年から1年半、ミュンヘンで暮らす。旅とビールを組み合わせた「旅ール(タビール)」をライフワークに世界各国の醸造所や酒場を旅する。ビアジャーナリストとして雑誌『ビール王国』、海外生活情報誌『ドイツニュースダイジェスト』など様々なメディアで執筆。『ビールの図鑑』『クラフトビールの図鑑』(マイナビ)、『極上のビールが飲める120店』(エンターブレイン)など。

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちらよりお問い合わせください。