[ビアバー]2017.2.12

ビア女の酒場放浪記(34)ブリュッセルの老舗ビアカフェ「Le Cirioル・シリオ」

ブリュッセルル・シリオ

ベルギーの首都ブリュッセルには歴史のあるビアカフェが多く存在します。

中でも「Le Cirioル・シリオ」の創業は1883年。ブリュッセルの文化遺産に登録されています。
すでにご紹介した「Falstaff」とは証券取引所を挟んで向かいにあります。

こちらの内装はアール・ヌーヴォーのやわらかな曲線のなかに、直線や幾何学的な装飾が見られアール・デコの要素も感じられます。
豪華で重厚な雰囲気。

ボトルビールは40種類ほど。
格調高いインテリアのなか、ゆっくりとビールが味わえます。
食事メニューは、軽食からしっかりとお腹に溜まる伝統料理まで充実していますよ。


歴史的なビアカフェなのに、猫がソファを占拠していたり、常連さんらしき人が店員さんと長話していたり、肩ひじ張らずゆったりと使えるお店です。

「Le Cirio ル・シリオ」
住所:Rue de la Bourse 18 Bruxelles ベルギー
営業時間: 10:00~24:00
定休日: 無し

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている店舗のメニューや営業時間、イベント内容などの情報は予告なしに変更される場合があります。店舗のホームページやイベントの告知ページなどをご確認の上、ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

日本ビアジャーナリスト協会 公式facebookページ

公式facebookページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。よろしくお願いします!

01001コウゴアヤコ

この記事を書いたひと

コウゴ アヤコ

ビアジャーナリスト

1978年東京生まれ。杏林大学保健学部卒業。看護師を経て、旅するビアジャーナリストに転身。旅とビールを組み合わせた「旅ール(タビール)」をライフワークに世界各国の醸造所や酒場を旅する。ドイツビールに惚れこみ1年半ドイツで生活したことも。海外生活情報誌「ドイツニュースダイジェスト」や、雑誌「ビール王国」(ワイン王国)、雑誌「an・an」(マガジンハウス)、「クラフトビールの図鑑」(マイナビ)などさまざまなメディアで活躍中。

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちらよりお問い合わせください。

ストップ!20歳未満者の飲酒・飲酒運転。お酒は楽しく適量で。
妊娠中・授乳期の飲酒はやめましょう。