[ビアバー,ブルワー]2017.8.14

もう行きましたか?横浜ベイブルーイング戸塚店では極上のピルスナーが味わえる!

ビールに愛された皆さまへ!

8月も半ば、ますますビールの美味しい季節をお過ごしのこととお喜び申し上げます。

さて、7月18日にオープンしたばかりの横浜ベイブルーイング戸塚店ですが、皆さまはもう行かれましたか?
オープン当初は混雑しているだろうと思いまして少々遠慮していたのですが、そろそろ頃合いかな、と三連休の中日である8月12日の土曜日の午後早めの時間帯に、美味しいピルスナーを頂きに行ってまいりました。


店内に入ると、先月オープンしたばかりということで、真新しい木の建材の香りがふわりとします。

ピルスナーを注ぐサーバーにもご注目。クラシックないでたちのサーバーから注がれるビールは、戸塚工場から直送の新鮮なビール。


その昔、「ビールは(ビール醸造)工場の煙突の影の届く範囲で飲むべし」と言われていたように、出来立てを頂くのがベストと言われています。
戸塚工場のオープンも話題になり、オープニングフェスにも大勢のファンが詰めかけたことは記憶に新しいのですが、工場からほど近いこちらのお店では、代表の鈴木真也氏の造る極上のピルスナーがゆったりとした開放的な店内でのんびりと楽しめます。
間口はガラス張りで、川の向こうにはJR戸塚駅。行き来する電車を眺められるので、鉄分豊富な(鉄道ファンの)ビアマニアにも喜ばれそうです。

さて、スイングカランと呼ばれる横にひねるタイプのサーバーから一気に注がれた横浜ベイピルスナーを頂きます。


んー、うまい!
実はこちらに伺う前にランチとビールを楽しんできたので、そこそこお腹がふくれていたのですが、するすると2杯ぐらい軽く飲めてしまいそう。店長の宮野さんいわく、「上質なピルスナーは4~5杯でもどんどん飲めてしまい、翌日にも全く残らない」とのこと。
トリプルデコクションで作られた、正統派ボヘミアンピルスナーは、麦の香りと味わいがしっかりしているにも関わらず、抵抗感なく体にしみこむように喉を通ります。

お替わりは、ピルスナーの至宝、ピルスナーウルケルをパイントでチョイス。これもまた、本当に素晴らしい! ビールファンとして、こんなに美味しいビールが飲めることに感激してしまいます。ベストコンディションの状態のビールを、チェコスタイルのサーバーで美味しく注ぐ技術。
ビールは総合芸術ですね。

こちらのお店では、家族連れのお客様もいらっしゃることが多いそうです。たしかに、昼間に伺いましたが開放的で明るい店内は、ファミリー層にも入りやすい健全で清潔感のある雰囲気。ゆったりした構えのお店で、お天気が悪くなければテラス席も楽しめます。

横浜駅からもJR東海道線でたったの1駅。駅からも歩いてすぐなので、是非行ってみてください!

極上のピルスナーはすぐそこですよ!

 

MON to FRI  17:00 – 24:00
​SAT & SUN    13:00 – 24:00
木曜定休

 

244-0816 神奈川県横浜市
横浜市戸塚区上倉田町507-3
ベイブルーイング戸塚店
http://www.yokohamabaybrewing.jp/
https://www.facebook.com/ベイブルーイング戸塚店-1639907959383580/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている店舗のメニューや営業時間、イベント内容などの情報は予告なしに変更される場合があります。店舗のホームページやイベントの告知ページなどをご確認の上、ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

日本ビアジャーナリスト協会 公式facebookページ

公式facebookページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。よろしくお願いします!

05002松原 順子

この記事を書いたひと

松原 順子(MJ)

ビアジャーナリスト/ライター

ビールと昆虫と、リコーダーと天然石が大好きです。JBJAではイベントサポートやBJAチューターも楽しんで取り組んでおります。人に寄り添う記事作成を心がけ、JBJA公式動画サイトJBJAchannelではMCを担当しております。

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちらよりお問い合わせください。