[ビアバー]2017.9.15

それ行け!ちょい飲みのススメ(9)TAMEALS(タミルズ)品川店

TAMEALSちょい飲み品川駅

品川駅はちょい飲み族の強い味方。
以前ご紹介したアトレ品川の「Antenna America」 、エキナカの「Breadworksエキュート品川」に続き、今回ご紹介したいのは「TAMEALS(タミルズ)品川店」。
品川駅構内のエキュート品川サウス内にあるダイニングです。

タミルズTAMEALSとは駅TERMINALと食事MEALSを組み合わせた造語。
“ただ通り過ぎる場所ではなく、おいしい食事や素敵な空間で日々の活力を得てほしい”そんな思いから生まれたとのこと。

こちらで飲める樽生ビールはクラフトが6種類に、飲みやすいサッポロ黒ラベルとギネススタウトも。
最近ではボトルビールも数種類取り揃えています。

日中はコーヒーやジンジャーエールなどのノンアルコールドリンクとフードで、さくっと席を立つ人が多いのですが、夕方ともなると仕事帰りの「ちょい飲み」の人たちで大変賑やかです。

クラフトビールは、国内では常陸野ネスト醸造所やベアード醸造所など。
海外のものはエイブリー醸造所やファンクワークス醸造所、レフトハンド醸造所など、国内外の厳選された醸造所のビールが繋がっています。
その時々でIPAやポーター、ヴァイツェンなど様々なビールが入ります。
ビール好きの心を捕らえる、なかなかのラインナップです。

ハーフパイント280mlで650円、パイントは570mlで950円です。
迷ったら3種類の飲み比べセット1,500円も。
レモンサワーやグラスワイン、ハイボールもあるので“ビールはそれほどでも”という同僚を誘いやすいですね。(そう言ってビールファンに引き込みましょう)

レジ前のショーケースには彩り豊かなサラダや手造りタパスが並んでいます。
「彩り野菜のピクルス」や「レバーパテ」、「アンチョビオリーブ」などなど。
どれにしようか迷ってしまいます。

しっかりお腹を満たしたいのなら「フィッシュ&チップ」や「バッファローチキンウィング」。
最近話題になっている「低加水パスタフレスカ」も。

中でもお勧めは「プルドポークバーガー」です。
プルドポークは、アメリカ南部の伝統的な肉料理。
豚肉をホロホロになるまで煮込んで細かく裂いたものをバーベキューソースで味付けしています。
一見コンビーフのようですが、噛みしめるたびに肉の旨みが染み出てきます。
これを自社ベーカリーチームが開発した無添加全粒粉のバンズで挟んだハンバーガーは、リッチで食べ応え抜群です。

苦みと香りの強いIPAなら、口がすっきりしていくらでも食べれちゃいそうですし、
ロースト麦芽の香ばしいポーターなら、肉のジューシーな甘さが引き立ちます。

商品はすべてお持ち帰りができますので、新幹線の中で優雅に飲食するのもいいですね。

もはや駅は通り過ぎるものではありません。
ちょっとだけ寄り道して、ハッピーな気分でおウチに帰りませんか?

TAMEALS(タミルズ)品川店
住所: 東京品川駅構内エキュート品川サウス内
営業時間: 月~木・土曜日 7:00~23:00
      金曜日 7:00~23:30
      日曜日 7:00~22:00
Web: http://www.classic-inc.jp/tameals/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている店舗のメニューや営業時間、イベント内容などの情報は予告なしに変更される場合があります。店舗のホームページやイベントの告知ページなどをご確認の上、ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

日本ビアジャーナリスト協会 公式facebookページ

公式facebookページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。よろしくお願いします!

01001コウゴアヤコ

この記事を書いたひと

コウゴ アヤコ

ビアジャーナリスト

1978年東京生まれ。杏林大学保健学部卒業。
ビール好きが高じて2008年から1年半、ミュンヘンで暮らす。旅とビールを組み合わせた「旅ール(タビール)」をライフワークに世界各国の醸造所や酒場を旅する。ビアジャーナリストとして雑誌『ビール王国』、海外生活情報誌『ドイツニュースダイジェスト』など様々なメディアで執筆。『ビールの図鑑』『クラフトビールの図鑑』(マイナビ)、『極上のビールが飲める120店』(エンターブレイン)など。

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちらよりお問い合わせください。