[イベント,ブルワー]2018.2.22

中味ぎゅぅっ!なイベント報告-最終回〈Craft Label SECRET TAP 第10弾 Barbe Rouge Berry IPA ver.2〉開栓式~そして彼らが向かう先~

Barbe Rouge Berry IPACraft Label SECRET TAP開栓式Innovative Brewerイノベイティブブリュワーバーブルージュマスタブリュワー新井健司

Innovative Brewer(イノベイティブブリュワー)「Craft Label SECRET TAP」シリーズの第10弾『Barbe Rouge Berry IPA Ver.2』が、2月13日銀座と名古屋同時発売開始となり、銀座ライオン GINZA PLACE 店にて「開栓式」イベントが開催された。
19時からの2時間に、たっぷりと用意された様々なコンテンツを、新井氏やお店の方のお話しも交えながらじっくりお伝えする参加報告、最終回。そしてどこを目指すのか。

Innovative Brewer
-今彼らがやろうとしていること-

ブランドでもスタイルでもなく「ホップ」でビールを選ぶという選択肢を提案している 【写真提供:Innovative Brewer】

イベントの最後に、マスタブリュワー新井氏からこれからのInnovative Brewerの展望が語られた。

探究心を満たす楽しみ

“現在各メーカーからもペールエールやIPAといったビールのバリエーションが発売され、コンビニでも購入できる時代になっています。その中でInnovative Brewerが提案したいのは「ホップでも選べる」ということ。昨年発売した「Innovative Brewer THAT’ HOP 絶妙のモザイク&シトラ」と「Innovative Brewer THAT’S HOP ネルソンソーヴィンの真髄」では、缶の裏に工夫をして、ホップの特徴や味わいを知っていただけるようになっていて、偏差値の高いビールなどとも呼ばれていますが、楽しんで飲めればいいと思っています。そしてその楽しみが探究心を満たすものであればいいなと思っています。”

我々がこれから何をやるのか、そのさわりのさわりを

ビールの楽しさってまだまだこんなものじゃない [筆者撮影]


“ビールの総需要が下がっている、といわれています。実際下がっています。一方、クラフトビールは伸びてます。たしかに増えてます。ただ、ビール類全体で減っている量に比べると、まだまだ極少量程度しか伸びていません。実感と数字がしっかりリンクしているのは、RTD(*Ready to drink。缶酎ハイやカクテル製品の呼称)。このジャンルは伸びてます。これはビールメーカーとして、なんとかしなければいけない。

もちろん、いろいろと考えています。今年は酒税法が変わります。使える原料が増えます。新定義でビールと呼べるようになるビールが沢山出るでしょう。

ですが……

これまで発泡酒と呼んでいたものがビールになった。→ わくわくしますか
これも実はビールなんですよと言われて、→ わくわくしますか
Innovative Brewerでやるべきことは、そんな小さいことじゃないと、我々は考えています。
ビールってもっともっと楽しいです。だって皆さん、
とりあえず、ってよべるお酒ありますか?
オクフェスできるお酒ありますか?
こんなに気軽にハッピーになれるお酒ってないですよね?”

“まだまだまだビールはポテンシャルを秘めています。
Innovative Brewerでやるべきなのは、ビールの多様性を拡げることではない、
ビールのすごさを伝えることだと思っています。
だから、Innovative Brewerではビールのすごさを伝えていきます。”

一言で言うなら
「ビールをなめるな!」ということです。

“これまで「ビールなんて古臭い」、とか、「ビールは苦くて飲めない」などなど、色々な言葉を聞いてきました。けど、まだポテンシャル見せてないだけですよ、と言う感じで反転攻勢。逆襲をかけていきます。
一緒に変えていきましょう。
変えていく決意で進んでいきます。”

“で、まず最初に何をしたいのかというと、
『「とりあえずビール」を取り戻したい』、そう思っています。
ただこれは、単純にバブル期から言われているこの言葉を使うという意味ではなく、だれもが「とりあえずビール」という「自分のビール」をもっている、という状態を実現したいということです。
そういうシーンを作っていきたいです。”

「とりあえずビール」を取り戻したい。一緒に変えていきましょう [筆者撮影]


“1年を駆け抜けて、ほんとの意味でのビールの復活をやり遂げたいと思っています。
次回のイベントには今日の2倍の参加者を集めたいと思います。
またこういう場をみなさんと持って、みんなでビールのたのしさとすごさをわかちあいたいと思っています。”


その場にいた参加者の多くが、ビール「とりあえずとよべるお酒」であることに気づく。ビールのポテンシャルを想い、気軽にハッピーになれるお酒という新井氏の言葉にうなずく。ビールをなめるな!の一言には温かいざわめきが生まれさえした。
この2時間が、ビールを楽しむのに、果たして短かったのか長かったのか。
知識と体験、目標と理想が混然一体となった探究心を満たされるみっちりとした時間。それはまさに濃い時間であった。そう、大量のホップを使ったバーブルージュベリーのような濃い時間であった。けれど一方で、誰でもが楽しさを見つけ感じることのできるいつものビールのようなカジュアルで楽しい笑いの溢れる時間でもあった。

次回の開栓式の予定はまったく決まっていない。内容も今回同様ぎりぎりまで公表されないだろう。しかし、次回はどんなことが待っているのか、ぜひ再び参加者としてその場にいたい、と思うイベントだった。


【イベント情報】イベントやシークレットタップ、Innovative Brewerの最新情報はFacebookで配信されています。
https://www.facebook.com/japanpremiumbrew/をフォロー。
そして次回の開栓式は、ぜひ友だちを誘って、ビールとの新しい出会いと体験に参加しよう。
【裏メニュー】イベントで出された特別なビールやグラスでの提供が裏メニューとして登場することが決定。詳しくは→こちら
≪裏メニュー①≫「Barbe Rouge Berry IPA Ver.2樽生」ご注文限定!ご希望で『ムリーコ』と呼ばれる泡ビールをサービス。
ムリーコはチェコ語で牛乳を意味し、泡ビールが真っ白で牛乳のように見えるからそう呼ばれているようです。ほとんど泡の為ビターさは感じず苦みが苦手な女性でも楽しめビールの香りも際立ちます。
≪裏メニュー②≫ご希望の方限定「Barbe Rouge Berry IPA」 を、特別なバーガンティグラスで提供致します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている店舗のメニューや営業時間、イベント内容などの情報は予告なしに変更される場合があります。店舗のホームページやイベントの告知ページなどをご確認の上、ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

日本ビアジャーナリスト協会 公式facebookページ

公式facebookページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。よろしくお願いします!

よしのたま

この記事を書いたひと

よしのたま

ビアジャーナリスト

1965年、南信州生まれ。峻険な南アルプスと中央アルプスに囲まれた自然豊かなリンゴ農家に育つ。1女1男の母。大学卒業後1年間、まだ東西に分裂していた時代に南ドイツに遊学し、各街々の地ワインにハマる。帰国後は、翻訳会社、雑誌編集、組紐製造など好奇心のままに仕事を転々とし今に至る。その好奇心はビールにも顕れ「好きなビールは?」と訊かれた際の返事が同じだったことがない。目下のところ友人のフォトグラファーが連載中のビアエッセイの影響で、アジアのビールに興味津々。趣味は着物だが、茶道や華道といった着物っぽいことには一切通じていないため、結局のところ着物を着てビールを呑みに行くというのが趣味になっている。

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちらよりお問い合わせください。