[コラム]2018.2.23

【王冠のある生活】王冠が曲がらない栓抜きを作ってみよう!

DIY王冠

前回、王冠を使ったコースター風インテリアの作り方を紹介しました。

【王冠のある生活】ちょっぴりお洒落なコースター風インテリアを作ってみよう!

これを作るなら、曲がっていない綺麗な王冠を使いたいものです。

王冠を曲げないためには、10円玉を乗せて栓抜きを使う方法が有名です。
しかし、調べてみると世の中には「王冠が曲がらない栓抜き」があるのです。
La Trappeというオランダのトラピストビールの栓抜きが有名な様子。

ただ、身近には売っていない…
ないものは作る!ということで自作してみました。
今回は「王冠が曲がらない栓抜き」の作り方を紹介します。

完成品はこちら。

王冠が曲がらない栓抜き。なかなかワイルドでしょう!

本家本元は柄の部分が木製ですが、穴を開ける道具がなくても作れるように
ホームセンターでも売っている金具を使うのがポイントです。

材料

・トラス小ネジ(長さ:20mmぐらい) × 2
・袋ナット × 2
・6角ナット × 2
・接合金具 × 2

合計600円くらいでした。

使用するナットとネジ

ネジの太さとネジ穴はM6で揃えます。ネジの頭で引っ掛けるので頭の幅があるものを選びましょう。接合金具は長さが10cmくらいで穴が4個空いているものが良いです。
なお、接合金具1枚では使った時に意外と簡単に曲がってしまうので2枚重ねがお勧めです。

作り方

特に説明はいらないでしょう。接合金具を重ねて、両端をネジを締めるだけ。
ネジの頭の長さは王冠に引っ掛けた時に隙間ができないように調整して完成です!

ネジの頭の長さは実際に王冠に当てて調整

使い方

栓を抜く時は、手で覆って手首を曲げるようにして使います。
王冠のギザギザで怪我をしないように注意してください。

この栓抜きの使い方(Youtube)

接合金具によっては穴の淵がザラザラしていて王冠を傷つけることがあるので
その場合はセロファンテープなどを巻いて保護しましょう。

袋ナットの代わりに、王冠にナットを付けたアクセサリーを使ってみるのも楽しいです。

自由にデコって楽しみましょう!

箸置きとしても使えます(笑)。

10円玉を乗せて普通の栓抜きを使うよりも、ちょっとテンションが上がって、周りの人にも自慢したくなります。皆さんもぜひお試しください。

Enjoy Your Beer Time!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている店舗のメニューや営業時間、イベント内容などの情報は予告なしに変更される場合があります。店舗のホームページやイベントの告知ページなどをご確認の上、ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

日本ビアジャーナリスト協会 公式facebookページ

公式facebookページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。よろしくお願いします!

古川 人士

この記事を書いたひと

古川 人士

ビアジャーナリスト

1975年名古屋生まれ。2003年に就職して上京。
社会人になって趣味で登山を始め、山頂で飲むビールの美味さに感動。
さらに、登山で訪れた街のビアバーでクラフトビールの美味しさに目覚める。
ビールの魅力にはまり、2017年に日本ビール検定2級に合格。

自分の感じたビールの魅力や楽しみ方を、様々な方法で発信していきたいと考えています!

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちらよりお問い合わせください。