[イベント,ビアバー]2018.3.8

注ぎ名人・重富 寛氏の究極のビールを飲もう!3月10日11日に「るるぶキッチン」でイベント開催

るるぶキッチンビールスタンド重富重富寛

旅行情報誌『るるぶ』などを発行するJTBパブリッシングが手掛ける editor’s fav 『るるぶキッチン』は、編集者が全国各地を旅して見つけた、とっておきの食材・お料理を提供するご当地連動型バル。
日本各地から取り寄せた食材などを使ったレギュラーメニューのほかに、期間ごとに特集地域を定め、その土地の旬の食材を活かしたオリジナルメニューを提供しています。

そんなeditor’s fav 『るるぶキッチン』で、3月10日と11日に特別イベント『究極の生ビール体験』が開催されますよ~。
当日はビールファンをざわつかせている広島の「ビールスタンド重富」オーナーでビール注ぎ名人、重富 寛氏が来店します!

「ビールスタンド重富」は、重富 寛氏の祖父の時代(昭和初期)のビールサーバーを再現したビアスタンド。
営業時間は17時から19時の2時間限定というのにもかかわらず、重富氏の注ぐビールを求めて連日長蛇の列ができるという“ビールの名店”なんです。
重富氏が注いだビールは味わいものど越しも格別とのこと。

2012年のオープン以来、重富氏が目指すものは「生ビールで広島を元気に!」ということ。
人間関係に悩んだり壁にぶち当たっても、おいしいビールでほろ酔いになれれば「なんとかなるさ、明日頑張ろう!」という気分になれますよね。親が笑顔になれば、子どもたちも笑顔になれます。
それがおいしいビールの“効能”です。

広島をビールで笑顔にしてきた重富氏は地元を飛び出し、日本各地でビールを注ぎ笑顔を増やしていることで話題になっています。
そんな笑顔作りの名人が注ぐビール、是非飲んでみたいですよね!ゴクリ

今回のイベントは各回入れ替え制で、1回90分。
参加費はミニ生ビール講座と、生ビール2杯、おつまみ1品がセットになって、2,000円(税込)です。
るるぶ編集者とっておきの広島県産食材を使ったフードも楽しめますよ。

満席になることは必須ですので、予約がおすすめです。
店舗への電話および直接来店のほか、スマートフォン電子チケットのるるぶレジャーチケット「PassMe!(パスミー)」でご予約ください。

重富 寛氏の注ぐ究極のビールが東京で飲めちゃうこのチャンスをお見逃しなく!

<イベント概要>
【イベント名】editor’s fav『るるぶキッチンAKASAKA』特別イベント「究極の生ビール体験」
【場所】editor’s fav『るるぶキッチンAKASAKA』(東京都港区赤坂3-17-1 赤坂バル横丁内)
【日時】2018年3月10日(土)・11日(日)
各回入れ替え制(各回12名/1回90分)12:00、14:00、16:00、18:00
各回ともスタートから20分間は「ミニ生ビール講義」を実施します。
【料金】2,000円(税込/生ビール2杯、おつまみ1品、ミニ生ビール講座付き)
★るるぶレジャーチケット「PassMe!」では1,800円(税込)で販売します。
 URL:https://pass-me.jp/facilities/KS002030/
※追加オーダーはフード、ドリンクとも500円(税込)。
※店舗への電話、直接来店で予約受付。
※事前販売で終了した場合は、当日のチケット販売は実施しません。
【ゲスト】「ビールスタンド重富」オーナー・重富 寛氏、ひろしまエバンジェリスト・山根 かおり氏

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている店舗のメニューや営業時間、イベント内容などの情報は予告なしに変更される場合があります。店舗のホームページやイベントの告知ページなどをご確認の上、ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

日本ビアジャーナリスト協会 公式facebookページ

公式facebookページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。よろしくお願いします!

01001コウゴアヤコ

この記事を書いたひと

コウゴ アヤコ

ビアジャーナリスト

1978年東京生まれ。杏林大学保健学部卒業。
ビール好きが高じて2008年から1年半、ミュンヘンで暮らす。旅とビールを組み合わせた「旅ール(タビール)」をライフワークに世界各国の醸造所や酒場を旅する。ビアジャーナリストとして雑誌『ビール王国』、海外生活情報誌『ドイツニュースダイジェスト』など様々なメディアで執筆。『ビールの図鑑』『クラフトビールの図鑑』(マイナビ)、『極上のビールが飲める120店』(エンターブレイン)など。

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちらよりお問い合わせください。