[ブルワー,新商品情報]2018.7.8

富士桜高原麦酒・新プロジェクト始動!「缶ビール」発売決定

エクストリームピスルナーフジザクラビアプロジェクト富士桜高原麦酒

山梨県富士河口湖町にあるビール醸造所、富士桜高原麦酒が新たにセカンドブランドとして「FUJIZAKURA BEER PROJECT(フジザクラ ビア プロジェクト)」を立ち上げ、「缶ビール」を製造・販売することが、
2018年7月1日に開催された「富士桜高原麦酒20周年記念感謝祭」にて集まったビアファンの前で発表された。

20年目を迎えた富士桜高原麦酒の新たなチャレンジに、会場は驚きの声と共に拍手に包まれた

富士桜高原麦酒は1998年の創業以来、100%ドイツ産麦芽と富士山の伏流水を使用し、ドイツ仕込みの醸造技術で正統派ドイツビールのみを造ってきた。
その評価は高く、国内外のビアコンペティションで数々の賞を獲得している。

今回のセカンドブランドでは、富士桜高原麦酒の経験と実績に軸足を置き、正統派ドイツビールと流行のスタイルがバランスよく融合したビールを目指す。
第一弾は「EXTREME PILSNER(エクストリーム ピルスナー)」。
ホップのキャラクターが際立ちながらも、麦芽の風味もしっかりと感じられ好バランスの一杯だ。

缶のデザイン(裏面)

缶のデザインは富士山をイメージした三角形が連なりビビットな印象。
缶での販売により常温での流通が可能になり、より多くの消費者に届けられるようになる見込みだ。
これにより、若い世代を中心に新たなファンの獲得を目指す。

ビールファンの舌をうならせてきた富士桜高原麦酒が発信する、流行を捉えたセカンドブランド「FUJIZAKURA BEER PROJECT」。
発売は10月頃の予定だ。
これからの富士桜高原麦酒と「FUJIZAKURA BEER PROJECT」に期待したい。

■商品詳細
ブランド名・・・・FUJIZAKURA BEER PROJECT(フジザクラ ビア プロジェクト)
ビールの名称・・・EXTREME PILSNER(エクストリーム ピルスナー)
アルコール・・・・6.5%
IBU・・・・・・64
内容量・・・・・・350ml
賞味期限・・・・・製造日より8ヶ月(常温)
ビアスタイル・・・ピルスナー

■特徴
ホップの強い香りと味わいでありながら、モルト感との絶妙なバランスがとれたビール。
モルトとホップ、富士桜高原麦酒のジャーマンスタイルと流行のスタイルがバランスよく融合し、且つ、20年間の経験と実績が注ぎ込まれた一本。

■販売開始日
10月頃を予定

URL:https://www.fujizakura-beer.jp/
【製造販売:富士観光開発株式会社(本社:山梨県南都留郡富士河口湖町船津3633-1)】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている店舗のメニューや営業時間、イベント内容などの情報は予告なしに変更される場合があります。店舗のホームページやイベントの告知ページなどをご確認の上、ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

日本ビアジャーナリスト協会 公式facebookページ

公式facebookページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。よろしくお願いします!

01001コウゴアヤコ

この記事を書いたひと

コウゴ アヤコ

ビアジャーナリスト

1978年東京生まれ。杏林大学保健学部卒業。
ビール好きが高じて2008年から1年半、ミュンヘンで暮らす。旅とビールを組み合わせた「旅ール(タビール)」をライフワークに世界各国の醸造所や酒場を旅する。ビアジャーナリストとして雑誌『ビール王国』、海外生活情報誌『ドイツニュースダイジェスト』など様々なメディアで執筆。『ビールの図鑑』『クラフトビールの図鑑』(マイナビ)、『極上のビールが飲める120店』(エンターブレイン)など。

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちらよりお問い合わせください。