[ブルワー]2018.8.31

”おめでとう”のかけ声で乾杯 八ヶ岳ブルワリー×FAR YEAST BREWING 初のコラボレーションビール

Far Yeast Brewingクラフトビールコラボレーションビール八ヶ岳ブルワリー山梨県新製品

山梨県内に醸造所を置く、八ヶ岳ブルワリー(山梨県北杜市)と、Far Yeast Brewing(山梨県小菅村)が、コラボレーションビールを製造することになった。

 

同じ山梨県内にあるブルワリーと言うことも有り、県内外のいろいろなイベントで顔を合わせる機会が多い両社。

「偶然にもFar Yeastの栁井さんと誕生日が同じ(1983年10月8日)と言うこともあり、”一緒にビールを造ろう”という事から始まった。」と、八ヶ岳ブルワリーのヘッドブルワー松岡氏は語ってくれた。

 

八ヶ岳ブルワリーは、正統派ジャーマンスタイルのラガー系ビールを手がけており、WBA(ワールドビアアワード)などで賞に輝いているピルスナーや清里ラガー、ロック・ボックなど、すっきり爽快な口当たりが好まれている。

 

Far Yeast Brewing は、多彩なホップを使い、源流IPA 源流ブロンドなど、ホッピーなエール系ビールが主流で、これまでにも国内外のブルワリーと技術交流を通して、多彩なコラボレーションビールを数々手がけている。

今回の主役の二人
左 八ヶ岳ブルワリーヘッドブルワー松岡氏
右 Far Yeast Brewing 醸造長 栁井氏

 

今回、ビールとしては接点のなさそうなふたつのブルワリーが目指すのは、「アルコール感の少ない、口当たりが爽やかな、ライトなホッピーラガー」

その名も、“トロピカルラガー”。

長年親しまれている、八ヶ岳ブルワリーのラガーに、Far Yeast Brewingが提供するEl Dorado(エル・ドラド)とモザイクのドライホップ(共に八ヶ岳ブルワリーでは使用したことのないホップ)を使い、「セッションIPAのようなホップの爽快感を持ったラガーで、八ヶ岳ブルワリーとFar Yeast Brewingの、お互いの良さを引き出せる感じに仕上がるとイメージしている」と松岡氏は言う。

 

7月の終わりから甲府駅前で開催されていた”山梨の地ビールフェスティバル“が終わり、世間ではお盆休みに入った8月13日に、八ヶ岳ブルワリーで仕込みが行われた。

使用する麦芽を粉砕器にかけ、レストランROCKの入り口を入ると見える仕込み釜に、粉砕された麦芽が直接投入され、仕込み工程に入っていた。

       麦芽の粉砕作業

     仕込み釜での仕込み作業

 

ホップの爽快感を出すために必要なホップの量とタイミングを栁井氏が計り、松岡氏が釜に投入するといった連携や、イメージしたビールにするための話し合いが、作業中、随所で見ることができた。

 

この後、麦汁濾過、ホップを加えての煮沸、冷却と言った工程を経て、発酵・熟成タンクに移され、9月中旬頃仕上がる予定になっている。

     軽トラック一杯の麦芽屑

 

山梨県内には、昨年に立ち上がった“うちゅうブルーイング”や根強いファンのいる“富士桜高原麦酒”、“Outsider Brewing”など、個性あふれるブルワリーがあり、山梨県内のクラフトビール界は、今、とても盛り上がっている。

また、富士桜高原麦酒が、20周年のコラボレーションビールを、箕面ビールと志賀高原ビールと造っていたりして、今まで培ってきた味わいにひねりを加えたかたちのビールも登場している。

栁井氏は、「今後もいろいろなかたちでのコラボレーションビールを考えたい」と言っている。「例えば今回の逆パターンとか、県内の他のブルワリーとか・・・県内だと近いから事前の打ち合わせがしやすいし。」とも。

これを聞くと、山梨県からクラフトビール界を盛り上げ、われわれビール好きを楽しませてくれそうな予感がしてくる。

 

少し話がずれてしまったが、冒頭に少し触れた、松岡、栁井両氏の「誕生日に自分たちのビールを造りたい。」と、強い思いが詰まったコラボレーションビール=”誕生日ビール”は、果たしてどんな味わいになるのか、今から仕上がりが楽しみで、世に出たら早く味わいたいと思っている。

そして、このビールを飲むときには、”かんぱ~い”のかけ声の後に”誕生日おめでとう!”の、かけ声を合わせてから、飲むようにしよう。

取材協力
八ヶ岳ブルワリー
山梨県北杜市高根町清里3545 萌木の村内
web http://www.yatsugatake-beer.com/

Far Yeast Brewing
山梨県北都留郡小菅村4341-1
web http://www.faryeast.com/

 

※記載内容誤りにおける修正とお詫び

本記事において、以下に誤りがございました。

誤 Far Yeast Brewing 製造長 栁井氏 →正 Far Yeast Brewing 醸造長 栁井氏

誤 Outside Brewery → 正 Outside Brewing

誤 志賀高原麦酒 → 正 志賀高原ビール

掲載内容の誤りにつきまして、正しい表記に修正致しました。

関係各位へは、多大なご迷惑をお掛けいたしましたこと、謹んでお詫び致します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている店舗のメニューや営業時間、イベント内容などの情報は予告なしに変更される場合があります。店舗のホームページやイベントの告知ページなどをご確認の上、ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

日本ビアジャーナリスト協会 公式facebookページ

公式facebookページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。よろしくお願いします!

飯島 功士

この記事を書いたひと

飯島 功士

ビアジャーナリスト/ベルギービールアドバイザー

飯島功士(いいじま こうじ)
1968年1月生まれ
長野県小海町在住(埼玉県草加市出身)
介護福祉士(障がい者支援施設勤務)

1996年 田舎暮らしを実現するために、自然豊かな長野県佐久市に移住。現在は、自然しかない八ヶ岳の麓、小海町で都会の喧騒を忘れて悠々と生活中?
" 美味しいビールと美味しい食事は、豊かで愉しい生活の糧になる"をモットーに、国産ホップ"信州早生"のように、信州八ヶ岳山麓から全国へ、ビールの情報を発信していくのが目標。

八ヶ岳周辺の風景や空に浮かぶ雲なども合わせて紹介していきます。

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちらよりお問い合わせください。