[イベント]2018.9.3

「全国地ビールフェスティバル in 一関」参加レポート 〜地元に根ざしたビールイベント〜

イベントクラフトビール一関

岩手県一関市で毎年開催されているビールイベント「全国地ビールフェスティバル in 一関」に行ってきました。今年でなんと21回目となるこのイベントは、国内外から85社のビールが楽しめるだけでなく、地元のフードや出し物なども楽しめる、地域に根ざした地元から愛されるイベントでした。その様子をお伝えします。

いざ、一関へ

一関市は、東北の岩手県にあります。上野から東北新幹線に乗って約2時間の旅路です。

着きました、一ノ関。

一ノ関駅に降り立つと、一関出身で江戸時代の蘭学者である大槻玄沢像の後ろに、イベントの大きなたれ幕がかかっていました。

そして駅からの道すがら、ところどころにこの看板があるのは、分かりやすくて嬉しいですね。

この看板に導かれていくと、、、

着きました。会場である一関文化センター前広場です。

まずは、入り口のチケット販売所でチケットを買います。

2千円でひと綴りになっています。2枚、つまり400円分でビールが買えます。バラ売りもあります。

会場には大きなテントの下にテーブル席が並んでいます。

図書館下の駐車場にもズラっとテーブル席がならんでいます。

ビールもフードも充実のラインナップ

さて、さっそくいくつかビールを頂きました。

岩手県のブルワリー、いわて蔵ビールの山椒エール。いわて蔵ビールの定番ビールで、山椒の香りが上品に香ります。

大阪府のブルワリー、箕面ビールの桃ヴァイツェン。まさに桃、といった甘い桃の香りとヴァイツェン特有のスパイシーな香りが調和しています。

山形県のブルワリー、地ビール月山のピルスナー。ドイツ製法にこだわったビールは、ジャーマン・ピルスナーっぽく、キリッとしたホップの苦味。

時間限定ビールのコーナーもあります。

会場をぐるっと巡って感じたのは、フードの出店が多いなということです。地元の飲食店や団体が、様々なフードを出しているところに、地元のお祭りのようなあたたかい雰囲気を感じます。

この日はビール日和で、真夏の暑さ。かき氷で身体を冷やしました。

印象的だったのは、ゴミの分別がしっかりしていることです。各ゴミステーションにはボランティアの方が立っていて、細かく分かれた分別をサポートしてくれました。

会場では、1時間に一回、ステージから乾杯の発声があります。こういうタイミングで、たまたまそのときに周りで飲んでいる人たちと乾杯し、交流するのも一つの楽しみ方です。

私は今回初の参加でした。期待以上に規模が大きかったのと、地元のお祭りのような雰囲気がとても居心地が良かったです。来年もまた是非参加したいと思うイベントでした。

(参考記事)
木暮ビアジャーナリストも当日の様子をレポートしていますので、こらの記事も合わせてご覧ください。
日本有数の人気を誇るビールフェスティバルへ 【全国地ビールフェスティバルin一関体験レポート】 | 日本ビアジャーナリスト協会

全国地ビールフェスティバル in 一関

日時
2018年8月24日(金)〜26日(日)
(今年の開催は終了しました)
場所
一関文化センター前広場
Facebook
https://m.facebook.com/ichinosekibeer

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている店舗のメニューや営業時間、イベント内容などの情報は予告なしに変更される場合があります。店舗のホームページやイベントの告知ページなどをご確認の上、ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

日本ビアジャーナリスト協会 公式facebookページ

公式facebookページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。よろしくお願いします!

08001小林 大祐

この記事を書いたひと

小林 大祐

ビアジャーナリスト

広く奥深いビールの世界に魅了され、夜な夜なビールを飲み歩いています。
味や香りの幅広さや種類の豊富さに加えて、人との繋がりができることもビールの魅力の一つです。
ビールの素晴らしさを少しでも多くの人に伝えていきたいと思います。夢は世界中のビールを巡る旅をすることです。

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちらよりお問い合わせください。