[イベント,コラム]2018.9.14

那須の自然に触れながらゆったりと楽しむビールフェスティバル 【那須地ビール祭り イベントレポート】

小山田孝司氏那須地ビール祭り

今年で5回目となる「那須地ビール祭り2018」。今年も9月1日(土)から2日(日)の日程で開催。秋雨前線の影響で天気が心配されたなかでの開催となった。

少しずつ認知されてきた「那須地ビール祭り」

訪れた9月2日(日)は雲が多い天気。降水確率も50%と、雨が降り出しそうな空模様。会場に到着し、前日の様子をブルワリーの皆さんに聞いてまわると「雨は降ったり止んだり。昨日の客足はゆったりとした感じ」と教えてくれた。

奥に見えるのが会場。周囲を緑に囲まれていて、自然を感じながら過ごすことができる。

お客さんの雰囲気は、例年と同じような感じ。あとは天気が崩れることなく、多くの来場者を期待しているようだった。

主催者である「那須高原ビール」小山田考司社長にも今年の様子聞くと「おかげさまで少しずつ認知がされて、お客さんの数も増えています。今年は天気があまり良くないので、なんとか持ちこたえてほしいですね」と答えてくれた。

那須高原ビールの小山田孝司社長。

幸いにも日が差し込む時間帯もあり、日中は芝生のうえで楽しむ家族連れの姿も多く見られた。

水と緑に触れ、自然のなかでビールを満喫できる環境

会場は「余笹川ふれあい公園」。3年前の第2回から使われている。周囲には、余笹川が流れ、公園は芝生で一面覆われた場所だ。

最寄り駅はJR東北本線の黒田原駅。会場は駅から1.5kmと少し離れたところにあり、徒歩だと15~20分程度かかる。しかし、黒田原駅、黒磯駅の2駅よりシャトルバスが運行されているので、駅からのアクセスを気にする必要はない。

会場のバス乗降場。黒磯駅からの所要時間は約25分。黒田原駅からの所要時間は約10分。

会場には、大きなテントが張られ、その下は椅子・テーブル席となっている。それ以外は芝生の上に座って楽しむのが基本のスタイル。レジャーシートを用意すれば、「Sapporo Craft Beer Forest 」のように寝そべりながら過ごすことが可能だ。

公園の敷地はかなり広い。テント裏にも芝生が広がっているので、静かに過ごしたい人は離れた位置でのんびり過ごすのもいい。

来場者には、2人用テントを持ち込み楽しむ姿もあった。今年は曇天だったので、影響は少なかったと思うが、椅子・テーブル席以外は日中、日を遮る場所がないので、熱中症予防に帽子や日傘を準備しておくといい。

ブルワーとじっくり話せるのも魅力

北は「いわて蔵ビール」、南は「宮崎ひでじビール」までの17ブルワリー。関東では比較的知名度の高い醸造所が出店。

「いわて蔵ビール」の佐藤社長。期間中は仙台、池袋にも出店しており、スタッフが分かれて対応していた。お楽しみ抽選会も行われ、10枚集めると1回抽選に参加できるものであった。

新しいブルワリーでは、昨年12月に醸造免許を交付された「Nikko Brewing」の姿もあった。

「Nikko Brewing」で醸造を担当している細田氏。まだ、県内以外のイベントにはあまり出店していないので、飲むことができて良かった。

「那須地ビール祭り」は、会場が同県の宇都宮のような都市部での開催ではないため、このイベントを目的に来場する人が多い。ふらっと立ち寄る人は少ないので、ゆったりと過ごせるところに良さがある。他にもブルワーとゆっくり対話ができるのも長所の1つだ。

「山口地ビール」の山本氏。このイベントの後は、「けやきひろばビール祭り」のため、埼玉へ移動。長期間の出張、お疲れ様です。

ブルワーもお客さんと対話をしながら好みを聞き、じっくりビールの説明をしている光景が目立った。

「大山Gビール」の岩田氏。夏場のハイシーズンにも関わらず、直接、つくり手と対話できるのは、飲み手としてはとても嬉しい。

売り上げのことをいえば、一概に良いとはいえないが、つくり手と飲み手の距離が近く過ごせるのはクラフトビールイベントの良さである。

ボールパークならぬビアパークに?

「海外に視察に行ったときにビールのイベントも観に行ったことがあるのですが、家族みんなで楽しんでいる光景が印象に残っているのです」と、理想形について聞いてみるとこのように小山田社長は話す。

この話を聞いて頭に浮かんできたのが野球場だ。最近の野球場は、野球以外にも楽しめる場所や催し物が多くある。ビールイベントでも家族連れを多く見かけるし、子供が楽しめる催しを実施しているところもあるが、遊び回れるイベントはほとんどない。

開催地の事情もあるので、すべてを実現することは難しいが、「那須地ビール祭り」を開催している「余笹川ふれあい公園」には芝生も広がり、遊具もある。子供が動き回って遊べる広いスペースがあるのは、「家族で楽しめるビールフェスティバル」を目玉にするには絶好の条件だろう。

飲食店ブースの裏のスペース。

敷地はまだまだ活用できそうなので、諸条件がクリアできればキャンプを取り入れたビールフェスティバルも面白そうだ。泊まりになれば、運転をする人もビールを飲むことが可能になる。

運転手関連でいえば、「ボトル(瓶)では買えないの?」とブースで聞くお客さんが今回もちらほらいた。せっかく全国各地のビールがあるので、お土産ビールのブースを設けて、自宅でも楽しんでもらえる試みはどうだろうか。

そうした意味でも、このイベントは将来性がある。すぐに大きく変えていくことは難しいが、来年以降、どんな展開を見せていくか楽しみにしたい。

「Sapporo Craft Beer Forest 」の雄大な自然のなかで飲むビールは最高だった。しかし、那須の自然を感じながら飲むビールも最高だった。

◆那須地ビール祭り Data ※今年は終了しました

日時:2018年9月1日(土)12時~21時、9月2日(日)11時~17時

会場:余笹川ふれあい公園

主催:那須地ビール祭り実行委員会

Homepage:http://www.nasuzi-beer.com/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている店舗のメニューや営業時間、イベント内容などの情報は予告なしに変更される場合があります。店舗のホームページやイベントの告知ページなどをご確認の上、ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

日本ビアジャーナリスト協会 公式facebookページ

公式facebookページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。よろしくお願いします!

05007木暮 亮

この記事を書いたひと

木暮 亮

ビアジャーナリスト

『日本にも美味しいビールがたくさんある!』をモットーに応援活動を行っている。実際に現地へ足を運び、ビールの味だけではなく、ブルワーのビールへの想いを聴き、伝えている。飲んだ日本のビールは2000種類以上。また、ビールイベントにてブルワリーのサポート活動にも積極的に参加し、ジャーナリストの立場以外からもビール業界を応援している。

当HPにて、「ブルワリーレポート」、「うちの逸品いかがですか?」、「Beerに惹かれたものたち」、「ビール誕生秘話」、「飲める!買える!酒屋さんを巡って」などを連載中。

【メディア出演】
テレビ朝日「日本人の3割しか知らないこと くりぃむしちゅーのハナタカ!優越館」

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちらよりお問い合わせください。