[イベント]2019.1.7

クラウドファンディングでもない新しいコラボビール参加者求む!60NIN BEER PROJECT

2019年 札幌市とアメリカ・オレゴン州ポートランド市が姉妹都市提携して60周年のアニバーサリーイヤー

札幌市とアメリカ・オレゴン州ポートランドの両市はビールの街としても有名。

そこでビールで友好を深めようと、札幌ブルワリーx札幌インポーターxポートランドブルワリーのコラボビール企画が立ち上がりました。

「60人ビールプロジェクト」は、60人の出資金をもとに、札幌ブルワーをポートランドに派遣しビールを醸造。札幌インポーターにより札幌市内の酒販店やビアバーに卸した売上げを、出資者に返金するという新しい試みです。

この企画の魅力はウィンウィンを超えた、三方よし(買い手よし、売り手よし、世間よし)。

◼️買い手よし!
「買い手」である60人の出資者は、参加料として7万5000円のチケットを購入しますが、翌年3月に売上げから参加料と同等額を受けとることができます。
(万が一売れ残りが出た場合は、現金+ビールでの返金)
更に、企画ミーティングに参加し、自分の意見が反映されたビールを飲む楽しさを体感できるでしょう。

◼️売り手よし!
「売り手」であるブルワリー・インポーターは、札幌のブルワーをポートランドに派遣することで、企画にぶれないビールを手にすることができます。
また、この派遣を経たブルワーの作る新しいビールが、札幌のクラフトビールを更に盛り上げることとなるでしょう。

◼️世間よし!
最後に「世間よし」。飲み手は両市の友好に思いを馳せながら、おいしいビールを飲むことができます。
そして、個人外部委託でもクラウドファンディングでもないこの方法が、オリジナルビールを製作する新たな選択肢となることで、日本のクラフトビールの更なる広がりに貢献することとなるでしょう。

札幌の想いの詰まった記念ビール企画、本日1月7日からパスマーケットより参加チケットを販売開始。→完売御礼(1/9)

詳細は特設サイトをご確認ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている店舗のメニューや営業時間、イベント内容などの情報は予告なしに変更される場合があります。店舗のホームページやイベントの告知ページなどをご確認の上、ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

日本ビアジャーナリスト協会 公式facebookページ

公式facebookページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。よろしくお願いします!

おぐりさきこ

この記事を書いたひと

おぐりさきこ

ビアジャーナリスト

東京出身
ビールと雪が好きで、気がついたら北海道に。
札幌のオイシイビールシーンを中心に、ビールとそれにかかわる人(作り手、売り手、飲み手)の幸せをレポートしていきたい。

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちらよりお問い合わせください。

ストップ!20歳未満者の飲酒・飲酒運転。お酒は楽しく適量で。
妊娠中・授乳期の飲酒はやめましょう。