[イベント]2019.3.8

ビアワングランプリ2019、グランプリは「宮崎ひでじビール 栗黒」!

Beer1JCBSNPO法人 日本の地ビールを支援する会ビアワングランプリ

2019年2月24日、東京・錦糸町のすみだ産業会館イベントホールで「Japan Craft Beer Selection Award─Beer1 GRAND PRIX(ビアワン グランプリ)2019」が開催され、「宮崎ひでじビール 栗黒」がグランプリに輝いた。同日、各部門賞(後述)も決定している。

ビアワングランプリはNPO法人 日本の地ビールを支援する会主催。「Japan Craft Beer Selection(JCBS)AWARD」の名称で2009年から続く国内クラフトビールのビアコンペティションだ。複数のクラフトビール専門店より一押しのクラフトビールを事前にノミネート候補として挙げ、その中から季節限定・不定期醸造などのビールを除外した上で、各ビールのブルワリーにエントリーを打診。承諾されたものを最終ノミネートしている。

ビアワングランプリ2019へのエントリー数は、クラフトビールブルワリー32社、61銘柄。北は北海道から南は九州まで全国各地からのエントリーになった。23名のビアジャッジによる審査に加え、当日の来場者が1人あたり最多3票まで投票することにより、ビアワングランプリとビールのスタイルに応じた部門の受賞ビールを選出。今回の一般投票有効数は1581票だった。

審査員長はJBJA代表・藤原ヒロユキが務めている

■ビアワン グランプリ/部門金賞:ストロング&スペシャリティー部門

宮崎ひでじビール 栗黒

宮崎県産和栗を使ったインペリアルスタウト。ローストバーレイや和栗ペーストを原料に使い、コーヒーのような香ばしさと栗の香り、濃厚なコク、9%のアルコール度数で飲みごたえのあるビール。数ヶ月〜数年のエイジングもおすすめ。

■ウィート&ホワイト部門賞

金賞 梅錦ビール ブロンシュ
銀賞 門司港レトロビール ヴァイツェン
銅賞 常陸野ネストビール ホワイトエール

■ラガー部門賞

金賞 湘南ビール シュバルツ
銀賞 梅錦ビール ピルスナー
銅賞 クラフトリカーズ 日の丸ラガー

■エール部門

金賞 門司港レトロビール ペールエール
銀賞 湘南ビール IPAアメリカンスタイル
銅賞 伊勢角屋麦酒 NEKO NIHIKI

■ダークエール部門

金賞 スワンレイクビール ポーター
銀賞 Be Easy Brewing レイズ ミルクスタウト
銅賞 厚木ビール Stout

■ストロング&スペシャリティー部門

金賞 宮崎ひでじビール 栗黒
銀賞 富士桜高原麦酒 ラオホ
銅賞 飛騨高山麦酒 カルミナ

■ 人気投票賞

伊勢角屋麦酒 Neko Nihiki

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている店舗のメニューや営業時間、イベント内容などの情報は予告なしに変更される場合があります。店舗のホームページやイベントの告知ページなどをご確認の上、ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

日本ビアジャーナリスト協会 公式facebookページ

公式facebookページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。よろしくお願いします!

003 野田 幾子

この記事を書いたひと

野田 幾子

ビアジャーナリスト/ビアアンバサダー

ビールの美味しさや楽しみ方を伝えるビアアンバサダー/日本ビアジャーナリスト協会ファウンダー。2007年のビアバー・ビアパブムック『極上のビールを飲もう!』をはじめ、数多くのビールに関する本や雑誌の企画執筆、編集、構成を務める。 現在、ビールのペアリングに特化した著・監修書『ビールのペアリングがよくわかる本』(シンコーミュージック・エンタテイメント)、監修したビアコミックエッセイ『恋するクラフトビール』(KADOKAWA)が大好評発売中。ビアイベント主宰、ビール/ペアリング講座企画開催、テレビ番組企画協力も多数。

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちらよりお問い合わせください。