[ビアバー,ブルワー]2019.5.2

西池袋 SNARK LIQUIDWORKS ~ドリンクローカルの実現へ~

Ichiri FujiuraNishiikeMartSNARKLIQUIDWORKSブルワリーブルワー藤浦一理氏西池袋マート

西池袋エリアは、かつて「池袋モンパルナス」という芸術文化活動が栄えた地域。アトリエ村が多数あり、芸術家が暮らし、活動の拠点としていました。その西池袋に、約半世紀前に建てられた複合施設「西池袋マート」。当時は、西池袋の台所として賑わっていましたが、近年は廃墟の様な状態でした。2019年2月に複合施設「NishiikeMart」として生まれ変わり、2019年4月21日(日)に、ブルワリー&パブ「SNARK LIQUIDWORKS」がグランドオープンしました。その魅力をお伝えします。

SNARK LIQUIDWORKS

「SNARK LIQUIDWORKS」のある複合施設「NishiikeMart」は、JR池袋駅西口から徒歩約12分、有楽町線 要町駅から徒歩3~4分の距離。要町駅からは、谷端川緑道に沿って歩くと、迷わずたどり着きます。複合施設「NishiikeMart」の歴史を感じさせる建物上部には「西池袋マート」の看板、店舗入口に「SNARK LIQUIDWORKS」のロゴが目印です。

NishiikeMart外観、入口にSNARK LIQUIDWORKSのロゴが見える

ブリューパブ

店内に入ると、木材を活かした壁から温かい印象、絵や小物から芸術の雰囲気を感じます。入口から少し進んだ右手には、カウンター席とテーブル席(4人掛けテーブルが3つ)があります。入口から直進した奥のソファー席は、ラジオブースとして収録などに使われています。グランドオープン日には、タップ整備が間に合っておらず、簡易サーバーによるビール提供でした。タップ整備後は、カウンター下部の空冷式サーバーから、タップスタンド経由でビールを提供する予定とのことです。カウンター後ろのガラス越しには、醸造設備が良く見えるので、ビールが造られた設備を見ながら味わうことが出来ます。カウンター横がキッチンになっており、スパイスを活かした料理を提供されます。

(左)カウンター席とガラス越しに見える醸造設備、(右)テーブル席

ブルワリー

カウンター後ろは、醸造スペース。醸造設備は、アメリカ「Portland Kettle Works」社製のマッシュタン(糖化槽)とボイルケトル(煮沸槽)、ホットリカータンク(貯湯タンク)、発酵タンク5基、ブライトタンク(熟成タンク)2基などを中心としたものです。ボイラーや温度管理の設備も収められております。都内のマイクロブルワリーとしては、広めの醸造スペースですが、銀色のタンクが所狭しと立ち並ぶさ様は壮観です。

(左奥)ボイラーなど、(左)ボイルケトル、(右)マッシュタン

(左)ブライトタンク、(中央)発酵タンク、(右下)ホップバック装置

本格的に醸造を開始すれば、樽詰めするケグ(ビール樽)の数も多くなります。そのため、大きなプレハブ冷蔵庫があり、多数のケグの保管が可能となっています。また、ケグ(ビール樽)を洗浄する装置もあり、洗浄作業効率化という面でも、良い初期設備投資をされている印象。建物外には、グリコールチラー(温度管理用の冷却装置・熱交換器)、別棟には、麦芽粉砕装置が設置されています。醸造工程のスタートである、麦芽粉砕は別棟で行い、その後のマッシング(糖化)以降の工程は、醸造スペースに粉砕した麦芽を移送して行わる流れです。

(左)広々としたプレハブ冷蔵庫、(右)ケグ洗浄機

NishiikeMartを拠点に、ドリンクローカルの実現へ

ブルワー「藤浦 一理」氏

ビール醸造は、「藤浦 一理」氏にて行われます。「藤浦 一理」氏は、アメリカ在住中の1998年、アメリカ一のホームブルーイング賞「American Homebrewer of the year」を、受賞したブルワー。2012年6月、代々木にクラフトビール専門店「Watering Hole(ウォータリングホール)」を開店。(運営:Tharsis Ridge Brewing Company 、代表:「筒井 美千子」氏、「藤浦 一理」氏)。その後、ブルワリーとパブを開くための場所を長年探しておりました。今回、「NishiikeMart」のリノベーション事業を行った「株式会社シーナタウン」との出逢いが、ブルワリー&パブ「SNARK LIQUIDWORKS」の誕生につながりました。「藤浦 一理」氏が好きなビアスタイルを主とし、ブリティッシュおよびアメリカンなスタイルのビールを醸造する予定です。ブルワリーのロゴマークは、「藤浦 一理」氏の家紋。ブルワリー名のSNARKはルイス・キャロルの小説から、LIQUIDWORKSはビール以外の酒類も作る想定があり、命名したとのことです。

(左)SNARK LIQUIDWORKSのロゴマーク、(右)藤浦 一理 氏

ドリンクローカルの追及と、地域がはぐくんできた歴史を発信する拠点

アメリカのクラフトビール文化で、大切なことの1つとして「ドリンクローカル」があります。「ドリンクローカル」とは、クラフトビールがその土地・地域に根ざすこと。「藤浦 一理」氏は、「SNARK LIQUIDWORKS」により、芸術文化の歴史のあるこの土地で、地域に根ざしたビールをつくり、その土地で活躍する人々に提供します。そして、文化として定着することを目指されます。

「株式会社シーナタウン」は、椎名町を拠点に、地域に根ざしたまちづくりを行う会社。『日常の価値、再編』を基本理念とし、『この町で、事業を続けたい』『この町で、何かを始めたい』という想いを持つ人と、『建物を想いのある人に貸したい』という大家さんを繋ぎ、地域に根ざした事業を生み出すサポートしています。「西池袋マート」から「NishiikeMart」へのリノベーション事業には、建物の大家さんの『私は楽しいことが大好き、またここを笑顔が集まる場所にしてほしい!』という想いも含まれています。そして、芸術文化のある地域の歴史を発信し、アーティストやクリエイターにスポットライトが当たる場所にすることを、目指されています。

「藤浦 一理」氏と「株式会社シーナタウン」の想いが1つになったのが、複合施設「NishiikeMart」。今後も、それぞれの想いの実現に向かい、ともに邁進されます。

株式会社シーナタウンのグランドオープン時の紹介スライドより抜粋

SNARK LIQUIDWORKSのクラフトビールを楽しもう

グランドオープン日には、1stビール「#001 No Comment」がお披露目されました。スタイルは、American Pale Ale。外観は、明るい琥珀色(光の加減で、薄黄色にも見える)。少し弱めのモルトの香り、そして、ホップ由来の柑橘系の香り。口に含むと、その風味が爽やかに広がります。苦味は、強めではっきり感じますが、後には残らない印象。ホップは、シムコー、センテニアル、イクアノット使用との事。ABV(アルコール度数)5.5%。2ndビール以降も、順次リリースされていく予定です。

#001 No Comment

「SNARK LIQUIDWORKS」は西池袋という土地・地域に根ざし、「ドリンクローカル」の実現を目指すブルワリーです。クラフトビールは、芸術(アート)と技術(テクノロジー)が融合した素晴らしい飲み物。是非、複合施設「NishiikeMart」を訪れ、芸術文化に触れ、アーティストやクリエイターの想いを感じながら、美味しいビールを味わってみてはいかがでしょうか。

この記事が、素敵なビールとの出逢いに役立てれば幸いです。


■SNARK LIQUIDWORKS

WEBサイト:
http://snarkliquidworks.com/
FACEBOOK:
https://www.facebook.com/Snark.Liquidworks/

■NishiikeMart(西池袋マート)

WEBサイト:
http://nishiikemart.com/
FACEBOOK:
https://www.facebook.com/nishiikemart/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている店舗のメニューや営業時間、イベント内容などの情報は予告なしに変更される場合があります。店舗のホームページやイベントの告知ページなどをご確認の上、ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

日本ビアジャーナリスト協会 公式facebookページ

公式facebookページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。よろしくお願いします!

田口 篤史(Atsushi Taguchi)

この記事を書いたひと

田口 篤史(Atsushi Taguchi)

ビアジャーナリスト/ビアライター

ビール大好き!ビールを求めドイツやベルギーを中心にヨーロッパをよく旅していました。
世界にも日本国内にも、素敵なビールはまだまだたくさんありますので、巡りたいところは尽きません。
ビールの素晴らしさ、楽しさを多くの人に伝えていきたいと思います。
Enjoy!Beer!

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちらよりお問い合わせください。

ストップ!20歳未満者の飲酒・飲酒運転。お酒は楽しく適量で。
妊娠中・授乳期の飲酒はやめましょう。