[イベント,ビアバー,ブルワー]2019.5.3

TKBrewing コラボビール「Sugi Daddy Brut」2019/5/10開栓

Sugi DaddySugi Daddy BrutTKBrewingブルワリーブルワー大窪 松樹氏髙林 亮一氏

2019年4月、TKBrewing(ティーケーブルーイング)にて、「髙林 亮一」氏と「大窪 松樹」氏のコラボレーションが行われました。醸造されたコラボビール「Sugi Daddy Brut」は、TKBrewingにて、2019年5月10日(金)開催のイベント時に開栓されます。その魅力とイベントについて、お伝えします。

TKBrewingの「髙林 亮一」氏と「大窪 松樹」氏

TKBrewingおよび「髙林 亮一」氏

TKBrewingは、JR川崎駅から西に徒歩10分ほど、複合施設Unico内にあるブルワリー&タップルーム。10坪(約33㎡)のスペースに醸造設備、プレハブ冷蔵庫、タップルーム注文窓口が収まっており、とてもコンパクト。飲食スペースは、他テナントと共有ですが、ちょっとしたパーティを開催できるほどの広さです。オーナー兼ブルワーの「髙林 亮一」氏は、カナダ在住中の1998年頃にビール醸造に触れ、その後もアメリカのクラフトビールカルチャーを学ばれました。そして、2017年1月にTKBrewing設立、2017年10月に酒造免許取得、2017年12月にはタップルームをオープンしました。「髙林 亮一」氏の醸造するビールは、どのスタイルも醸造の基本をしっかり捉え、その上でオリジナリティを出している印象です。

(左)TKBewingのタップルーム注文窓口、(右)オーナー兼ブルワーの「髙林 亮一」氏

醸造設備としては、マッシュタン(糖化槽)、ボイルケトル(煮沸槽)、ホットリカー(貯湯槽)が250L、発酵タンク300Lが3基、熟成タンク300Lが1基の構成です。熟成タンクは、プレハブ冷蔵庫内に設置。冷却を行うチラーは、お手製とのことです。

(左)ボイルケトル、ホットリカー、マッシュタン、(右)発酵タンク3基

「大窪 松樹」氏

2017年にアメリカで開催された、クラフトビール醸造のイベント「BEER PRO/AM(ビールプロアマ)」に参加。ポートランドのブルワリーPINTSと共に、クラフトビールを醸造することになりました。その際、『日本らしさを表すには、どうしたらよいか?』と悩み、日本酒樽に使われている木材「杉」に注目。ビールに「杉」を使うことを閃き、「Sugi Daddy(杉ダディ)」という銘柄を生み出しました。杉の香りが爽やかな「Sugi Daddy」は大好評で、当時、日本にも少量が輸入されました。2018年夏には、六本木Inazuma Beerとコラボレーションを行い、その時に醸造された「Big Thunder Mango IPA」は、都内のビアバーなどでに提供され、好評でした。「大窪 松樹」氏は、ホップの香りや副原料の醸し出す香りを大事にし、その上で苦味を抑えたビールをつくられる印象です。そして、今回はTKBrewing「髙林 亮一」氏とのコラボレーションを行います。

爽やかな笑顔の「大窪 松樹」氏

コラボビール「Sugi Daddy Brut」が出来るまで

今回のコラボは、「大窪 松樹」氏のビールを知る「髙林 亮一」氏の友人が、『コラボビールをつくってみると、面白いのでは?』と「髙林 亮一」氏に話を持ち掛け、実現しました。「大窪 松樹」氏と面識のあった「髙林 亮一」氏は、この提案に快諾し、「Sugi Daddy」のBrut版をつくることが決定。そして、4月中旬、TKBrewingにて「髙林 亮一」氏と「大窪 松樹」氏による仕込みが行われました。仕込当日は、糖化~濾過~煮沸~ワールプールの工程後、冷却して発酵タンクへの移送し、イースト投入が行われ、しばらくは発酵を待つ期間となりました。

「髙林 亮一」氏と「大窪 松樹」氏

4月下旬には、杉の風味をつける工程が行われました。杉には、日本酒の酒樽などに使われる「吉野杉」の杉板を使用。鉋(かんな)で薄く削りますが、削る量が多く、労力のかかる作業です。終わった後は、お疲れの様子でした。

鉋(かんな)により、杉板を薄く削る作業中の光景

薄く削った杉は、布袋に詰め、お湯で蒸します。蒸すことで、杉の風味をたたせ、そして殺菌を行います。布袋を蒸鍋から取り出すと、杉の香りが爽やかに立ち込め、まるで森の中にいる印象。少し冷ました後、発酵タンクへ投入となります。そのまま入れると液面に浮いてしまうので、糸を使い発酵タンクの中央に固定する調整を行います。杉を詰めた布袋の投入は「髙林 亮一」氏、糸による位置調整は「大窪 松樹」氏が行い、2人が息を合わせ、発酵タンクに投入されました。

(左)削った杉を詰めた布袋を蒸す、(右)糸を使い、発酵タンクの中央に固定する

杉を投入された「Sugi Daddy Brut」は、発酵タンクで引き続き熟成が行われるので、ケグ(ビール樽)詰めまで待つ期間となります。完成イメージとしては、外観は黄金色、杉の爽やかな香りと風味、苦みは弱め、そしてドライなビールになる予定とのことです。

開栓イベント「Sugi Daddy Brut Special Release」

イベント内容

イベントページ:https://www.facebook.com/events/355180465115214/

日時:2019年5月10日(金) 17:00~22:00

場所:TKBrewing

概要:

「髙林 亮一」氏と「大窪 松樹」氏のコラボビール「Sugi Daddy Brut」を提供。当日は、「大窪 松樹」氏も訪れるため、ご本人とお話しができるチャンス。また、追い杉(薄く削った杉をビールに浮かべる)のサービスも予定しており、このイベントでしか飲めない味わいが楽しめます。日本酒で使う升に入れて飲めば、さらに和風な味わいが楽しめるので、興味ある方は升の持参を推奨とのこと。

※イベント日程等、変更になる場合があります。事前にTKBewingのイベントページなどをご確認ください。

「Sugi Daddy Brut」を味わおう!

2017年アメリカの「BEER PRO/AM(ビールプロアマ)」にて、大好評を得た「Sugi Daddy」。日本への輸入量は少量のため、飲まれた方は少ないですが、良い評判を聞きます。そのBrut版「Sugi Daddy Brut」が、川崎のTKBrewingで味わえるチャンス。是非、訪れることをおススメします。

この記事が、素敵なビールとの出逢いに役立てれば幸いです。


■TKBrewing

営業時間:
[金] 17:00~22:00
[土] 15:00~22:00
[日] 15:00~21:00
[定休日] 月、火、水、木

WEB サイト:
http://tkbrewing.com/
FACEBOOK:
https://www.facebook.com/TKBrewing.jp/

※臨時休業や営業時間の変更の可能性もあります。
訪れる際は、事前にご確認をお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている店舗のメニューや営業時間、イベント内容などの情報は予告なしに変更される場合があります。店舗のホームページやイベントの告知ページなどをご確認の上、ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

日本ビアジャーナリスト協会 公式facebookページ

公式facebookページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。よろしくお願いします!

田口 篤史(Atsushi Taguchi)

この記事を書いたひと

田口 篤史(Atsushi Taguchi)

ビアジャーナリスト/ビアライター

ビール大好き!ビールを求めドイツやベルギーを中心にヨーロッパをよく旅していました。
世界にも日本国内にも、素敵なビールはまだまだたくさんありますので、巡りたいところは尽きません。
ビールの素晴らしさ、楽しさを多くの人に伝えていきたいと思います。
Enjoy!Beer!

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちらよりお問い合わせください。

ストップ!20歳未満者の飲酒・飲酒運転。お酒は楽しく適量で。
妊娠中・授乳期の飲酒はやめましょう。