[イベント,コラム,ビアバー]2019.6.24

新潟のおいしい!を探しに【旅とビールと】

妙高高原ビール,アオーレドイツフェスト,カーブドッチ,薪小屋

新潟と聞くと、どんなイメージを持ちますか?
日本海、コシヒカリ、日本酒など、でしょうか。
さえぎるもののない、大きな空。どこまでも続く緑の木々と水田。
今回訪れて、この豊かな自然があるから、造られる食べ物やビールは美味しいのだなと確信しました。

旅の目的は、ビールを造っている場所を訪ね、ビールを飲み、美味しい料理を食べる。
造っている人、提供している人に、直接お話を聞けるのも楽しみです。

今回、訪れた新潟ビア旅をまとめました。

*妙高高原ビール

1日目は新潟県妙高市の「妙高高原ビール」からスタート。
妙高高原ビールは、ビアレストランの「タトラ館」で飲む事が出来ます。

当日のラインナップは、「ピルスナー、ゴールデンエール、ダークラガー、ヴァイツェン、ハネウマIPA」の5種類。
ハネウマIPAは限定醸造。

ハネウマとは、「新潟県上越地域の、春の雪解けによって、妙高山の中腹に現れる、跳ね馬のようにみえる雪解け模様」 の事を言うのだそうです。
妙高高原ビール、飲み放題は1500円。3種飲み比べの、セットは600円でした。
醸造所はビアレストランの奥にあり、ビアカウンターから銅製の釜を見ることが出来ます。
料理はバイキング方式で、焼肉や新潟の山の幸から蟹、コシヒカリや手打ち蕎麦もあり、盛りだくさんです。パンフレットには「和洋中・約100種のバイキング料理」とあります。盛りだくさん過ぎ!そりゃー、食べきれません!

ホテルがすぐ横にあり、そこには国内でも珍しい「黒泥湯、源泉掛け流し露店風呂」という温泉施設もあります。レストランでビールを飲み、そのまま寝られるなんて、ほんとに素敵です。
妙高高原駅からの送迎もあり、行き帰りの足も心配なし。
飲んで、泊まれるので、もちろん車で行っても、安心です。

*長岡・アオーレドイツフェスタ

2日目は妙高高原から、新潟駅を目指します。
ちょうど私が訪れた、6月16日は、長岡でビールの素敵なイベントがありました。
「アオーレドイツフェスト」


ドイツが誇る「食・産業・文化」を通じて、ドイツの魅力に触れる事ができる催しです。
ドイツビールや料理のほかに、県内外のクラフトビールも出店しています。たくさんのお客様が、ビールや食事を楽しんでいました。

新潟県内の、参加ブルワリーは、以下の通りです。

エチゴビール・胎内高原ビール・妙高高原ビール・妻有ビール・沼垂ビール・スワンレイクビール・ストレンジブルーイング・ライディーンビール

その他、県外のブルワリーも参加していました。


クラフトビールが注目され始め、新潟県内でも、ブルワリーが増えています。イベントも、年々規模が大きくなり、毎年の楽しみになりそうです。

*カーヴドッチワイナリー


3日目は新潟駅から「カーブドッチワイナリー」へ
カーヴドッチワイナリーは、ワイナリーの他、ブルワリー、葡萄畑、レストラン、スパや美容院がある、リゾート施設です。宿泊することも出来ます。
現地までは、新潟駅から送迎バスが出ています。所要時間は40分程度です。

施設内の「薪小屋」という、ビアレストランの中に、醸造施設があります。ビールはペールエール・ヴァイツェン・スタウトの3種類でした。
ランチコースのメニューでは、自家製のソーセージも、ビールと一緒に楽しむ事が出来ます。

今回、私は日帰りのランチと、スパのコースを予約しました。
スパで汗を流し、美味しいランチとビールを楽しむ。本当に贅沢で、幸せな時間でした。

新潟の、クラフトビールを訪ねる旅で、不便だなと感じた事は、交通の便が悪いこと。
電車の乗り継ぎもスムーズでなく、駅からはタクシーが、必要な場所も多いのが、実情です。
ただイベントに参加したり、送迎付きの場所を選べば、そんな手間も必要なく、ビールを楽しめます。

旅が終わると、また次の旅へ出たくなります。今度はどこで、どんなビールを飲もうかな。
考えるだけで、ニヤニヤしてしまいます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている店舗のメニューや営業時間、イベント内容などの情報は予告なしに変更される場合があります。店舗のホームページやイベントの告知ページなどをご確認の上、ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

日本ビアジャーナリスト協会 公式facebookページ

公式facebookページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。よろしくお願いします!

高橋朗子

この記事を書いたひと

高橋朗子

ビアジャーナリスト/ディプロムビアソムリエ/JSA公認ワインエキスパート

横浜生まれ。
「ビールが好き!」「お酒が好き!」「人が好き!」
ビールが自分のコミュニケーションツール。
ビールから広がっていく知識や、人の輪。その楽しさを
たくさんの方々に伝えたいの思いからビアジャーナリストの世界へ。
自らも新しいビール・人の出会いを探しに各地飛び回る日々。

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちらよりお問い合わせください。

ストップ!20歳未満者の飲酒・飲酒運転。お酒は楽しく適量で。
妊娠中・授乳期の飲酒はやめましょう。