[新商品情報]2019.8.11

ホップの産地から気分も晴れ晴れ「与謝野ハレバレゴールデンビール」限定発売

フレッシュホップフェスト与謝野ハレバレゴールデンビール京都与謝野ホップ生産者組合京都府与謝野町藤原ヒロユキ

与謝野ホップを使った「与謝野ハレバレゴールデンビール」が、限定発売開始になりました。

缶のデザインは日本ビアジャーナリスト協会代表でイラストレーターでもある藤原ヒロユキ氏によるもの。現在は与謝野に移住しホップの栽培にも携わっています

京都府の北側に位置する与謝野町では、2015年から官民タッグを組んでホップの栽培を行い、日本初のフリーランスホップ産地として、小規模クラフトビール醸造所に新鮮なホップを供給しています。

与謝野町では約1ヘクタールの土地に19種類ものホップを栽培しています

ホップ収穫体験会を実施するなど、一般消費者に対してもホップを身近なものに感じさせてくれるイベントも開催。(体験会レポートはコチラ

2019年も笑顔があふれるホップ収穫体験会になりました

与謝野町を盛り上げるオリジナルビールとして、2017年に「与謝野絶景ビール」、18年には「与謝野アンバーラガー」を町内限定で販売。
本年は「与謝野ハレバレゴールデンビール」が8月10日(土)から町内の取扱店で販売されました!

小麦を使った軽やかなビールで、与謝野産ホップの爽快な香りと苦みもしっかりと感じられます。

裏面も明るいパッケージデザイン。一口飲めば気分も晴れ晴れ「与謝野ハレバレゴールデンビール」

与謝野ホップは、今年も日本各地のクラフトビール醸造所で様々なビールに使用される予定。
どんなビールに生まれ変わるのか。フレッシュホップフェストの公式サイトで随時お伝えしていきます。

その前にいち早く与謝野ホップの魅力を感じたい方は、のびのびとした自然が広がる与謝野町にぜひ遊びにいらしてください。
「与謝野ハレバレゴールデンビール」は下記の取扱店で購入いただけます。

商品名:与謝野ハレバレゴールデンビール
仕 様:350ml缶
価 格:取扱店によります
製 造:木内酒造合資会社
取扱店:
あっぷるふぁーむ(滝)、荻野房男商店(下山田)、酒のおばせ(上山田)、嶋田商店(滝)、(有)たがの(四辻)、谷口酒造(株)(与謝)、トリカネウィル店(温江)、トリカネ本店(加悦)、西原酒店(与謝)、三田酒店(男山)、与謝野やさいの駅

☆写真はすべて京都与謝野ホップ生産者組合様よりご提供いただきました

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている店舗のメニューや営業時間、イベント内容などの情報は予告なしに変更される場合があります。店舗のホームページやイベントの告知ページなどをご確認の上、ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

日本ビアジャーナリスト協会 公式facebookページ

公式facebookページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。よろしくお願いします!

01001コウゴアヤコ

この記事を書いたひと

コウゴ アヤコ

ビアジャーナリスト

1978年東京生まれ。杏林大学保健学部卒業。看護師を経て、旅するビアジャーナリストに転身。旅とビールを組み合わせた「旅ール(タビール)」をライフワークに世界各国の醸造所や酒場を旅する。ドイツビールに惚れこみ1年半ドイツで生活したことも。海外生活情報誌「ドイツニュースダイジェスト」や、雑誌「ビール王国」(ワイン王国)、雑誌「an・an」(マガジンハウス)、「クラフトビールの図鑑」(マイナビ)などさまざまなメディアで活躍中。

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちらよりお問い合わせください。

ストップ!20歳未満者の飲酒・飲酒運転。お酒は楽しく適量で。
妊娠中・授乳期の飲酒はやめましょう。