[ビアバー,ブルワー,新商品情報]2021.11.11

ヨコビの新作「ハマクロ」は飲食店限定で11月12日(金)順次出荷開始!

23年目のクラフトビールメーカー「横浜ビール」による、醸造家が「今、造りたいビール」を醸造するブルワーズビールの新作「ハマクロ」が、ビアバー・飲食店舗限定での発売が決定しました!

2021年11月12日(金)より順次出荷開始です。

「ハマクロ」のスタイルは「セッションブラックIPA」。コンセプトは「黒ビールのイメージを覆す軽快さ」。

元々は、横浜赤レンガのドイツビールイベントの時期に合わせて醸造していたこのビール、横浜ビールならではの高いドリンカビリティが特長です。

横浜ビール

【画像提供/株式会社横浜ビール】

黒いビールといえば「スタウト」「ポーター」「シュバルツ」などがメジャーですが、「セッションブラックIPA」とはどんな味なのでしょうか。

醸造長の深田優さんによると、「味わいはIPAらしいホップアロマの主張がガツンと来て、後にモルトのロースト感がほんのり残るようなテイストです。IPAとはいえ、苦みは極力抑えています。黒ビール好きにも、黒ビールがちょっと苦手な人にも飲んで頂きたいビールです。」とのこと。

本日の16時より直営店で先行発売開始(ドラフトビールでの提供)です。気になった方は今日の仕事を終えたら横浜へ直行!?

横浜ビール「ハマクロ(Session Black IPA)」商品概要

ABV:4.5%
IBU:35
HOP:シトラ、シムコー、モザイク、シムコー(cryo)

直営店にて1日早い先行発売スタート
11月11日(木)16:00より直営店「YOKOHAMA BEER STAND」「驛(うまや)の食卓」にて先行発売!

横浜ビールHP http://www.yokohamabeer.com/
直営店HP http://www.yokohamabeer.com/index/copy_regular.html

クラフトビールセッションブラックIPAハマクロヨコビ地ビール横浜ビール
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている店舗のメニューや営業時間、イベント内容などの情報は予告なしに変更される場合があります。店舗のホームページやイベントの告知ページなどをご確認の上、ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

日本ビアジャーナリスト協会 公式facebookページ

公式facebookページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。よろしくお願いします!

この記事を書いたひと

津田 敏秀

ビアジャーナリスト

1972年、東京都出身。獨協大学外国語学部ドイツ語学科卒業。
外食チェーン企業に15年間勤務の後、独立。串揚げとクラフトビールの店を7年間経営。今までの経験を活かし、飲食店の経営に関する記事を得意とする。
好きなビールはスタウト。趣味は乗り鉄。

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちらよりお問い合わせください。

ストップ!20歳未満者の飲酒・飲酒運転。お酒は楽しく適量で。
妊娠中・授乳期の飲酒はやめましょう。