[JBJA活動,イベント]2022.1.19

【JBJAChannel】ビア川柳ビア短歌2022<前/後編>2日連続公開!大盛況ありがとうございました♪

ビールに愛された皆さまへ!

今日・明日と2日連続で公開する、JBJAChannelでは

ビア川柳・ビア短歌2022の発表を致します!

ビア川柳・ビア短歌とは・・・

2017年から始まったJBJAChannelですが、2018年のお正月企画として始めて続けている、恒例の人気コンテンツとなります。

最初のころは、ビアジャーナリストの有志から作品を募集していたのですが、「このチャンネルを見て頂いている、ビールの好きな文才のある皆さまからも作品を寄せて頂きたい」と、番組内で募集を呼び掛けたところ、あの有名な公募ガイド様のweb版にてご紹介頂くという、素敵なチャンスに恵まれました。

それからは沢山の一般のビール好きの方からご応募頂けるようになり、何度も応募して下さる常連の皆さまを「イツメン」とお呼びして、春から初夏にかけて行うJBJAのイベント「セカツタ」でのビア川柳・ビア短歌への作品募集のお声がけをさせて頂いたり、年に一度という少ない機会ですが、多くの方々と交流を持てる貴重なコンテンツとして、私たちも大変楽しんで取り組んでおります。

今回の募集は2021年12月22日の告知動画の公開の日から、たったの一週間、12月31日24時までという厳しい〆切を設けたのですが、大変多くの作品をお寄せ頂きました。

なんと167名のビア詠み人よりご応募いただき、その作品数はビア川柳が533句・ビア短歌は108首です。

しかも、お一人様5作品まで、と作品数に制限を設けたのですが、違反された方はいらっしゃいませんでした。全員、きちんと守って頂けたのも嬉しかったです。

全ての作品を発表することが難しく、厳選した作品を2日間にわたって詠みあげさせていただいております。

どなたが読まれるのか、それはすべて見るまでのシークレットになってしまいますが、作品の一つ一つが「ビールあるある」の愛に溢れているのを感じて頂けると思いますので、応募した方もそうでない方も、是非楽しんでみて頂けたら嬉しいです。

作品の中から、ジェーン賞・MJ賞・最優秀賞を選出し、それぞれビアグッズを副賞としてお送りすることにしております。賞の発表は2022年1月20日のビア川柳・ビア短歌2022<後編>の最後になります。どうぞお楽しみに!

是非とも、チャンネル登録と「いいね!」もお願い致します!いつもありがとうございます。

恒例!ビア川柳・ビア短歌2022<前編>はこちらからご覧いただけます!

恒例!ビア川柳・ビア短歌2022<後編>はこちらからご覧いただけます!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている内容は取材当時の最新情報です。情報は取材先の都合で、予告なしに変更される場合がありますのでくれぐれも最新情報をご確認いただきますようお願い申し上げます。

(一社)日本ビアジャーナリスト協会 発信メディア一覧

この記事を書いたひと

松原 順子(MJ)

ビアジャーナリスト/Youtube JBJA Channelプロデューサー

ビールと昆虫とリコーダーと天然石が大好きです。JBJAではイベントサポートやBJAチューターも楽しんで取り組んでおります。人に寄り添う記事作成を心がけ、JBJA公式動画サイトJBJAchannelではMCを担当しております。
JBJA公式動画サイト:YouTube JBJAチャンネル

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちらよりお問い合わせください。

ストップ!20歳未満者の飲酒・飲酒運転。お酒は楽しく適量で。
妊娠中・授乳期の飲酒はやめましょう。